zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる整形外科

カード 68枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/22)

  • 皮質骨は海綿骨に比べて密度が高い。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる整形外科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    皮質骨は海綿骨に比べて密度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T2 皮質骨は多孔度は低く、密度は高い。

  • 2

    海綿骨の間腔は骨髄で占められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T3

  • 3

    頭蓋骨は軟骨内骨化により成長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T3 頭蓋骨、肩甲骨、腸骨などの扁平骨は膜性骨化により成長する。

  • 4

    血中オステオカルシンは骨形成マーカーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T4 

  • 5

    くる病では血中骨型ALPが低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T4 上昇する。

  • 6

    椎間板内部には血管組織はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T5 椎間板は髄核と線維輪からなる。

  • 7

    黄色靭帯は脊柱管前方の内壁に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T5 脊柱管後方の内壁。

  • 8

    関節可動域は自動運動より他動運動のほうが大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T6 

  • 9

    膝の関節液検査の際には、膝関節の外側上部を穿刺するのがよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T11 太い血管、神経、筋のない所を選ぶ。

  • 10

    関節リウマチでは関節液の粘調度が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T12 低下する。曳糸性も低下。

  • 11

    胸部X線での両肺野の吹雪状陰影は脂肪塞栓に特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T22 前胸部の点状出血や意識障害、低酸素血症などを認める。

  • 12

    コンパートメント症候群では皮膚の発赤が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T23 皮膚は蒼白である。

  • 13

    上腕骨骨幹部骨折では尺骨神経麻痺を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T25 橈骨神経麻痺による下垂手を合併しやすい。

  • 14

    転位のある上腕骨顆上骨折では、肘頭が前方に突出して見える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T26 後方に突出する。

  • 15

    大腿骨転子部骨折は関節包内の骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T31 関節包外骨折である。大腿骨頸部骨折は関節包内骨折。

  • 16

    内側側副靭帯損傷では内反ストレステストが陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T39 外反ストレステストが陽性となる。

  • 17

    肩関節は後方脱臼が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T41 肩関節は前方、肘関節・股関節は後方脱臼が多い。

  • 18

    肩鎖関節脱臼ではpiano key signが見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T44 鎖骨遠位端が浮き上がり、押すと整復されるが離すとまた浮き上がる。

  • 19

    Monteggia脱臼骨折では尺骨骨幹部が骨折し、橈骨骨頭部が脱臼する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T45 Monteggia脱臼骨折とGaleazzi脱臼骨折を比較して覚える。

  • 20

    Trendelenburg signでは患側の骨盤が下降する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T47 健側の骨盤が下降する。

  • 21

    脊髄ショックでは完全尿閉となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T51 脊髄ショックでは損傷レベル以下の運動・知覚・自律神経・反射機能が完全に脱落する。

  • 22

    von Recklinghausen病では側彎症を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T62 その他、Duchenne型筋ジストロフィー、Marfan症候群、Ehiers-Danlos症候群などで合併しやすい。

  • 23

    ドケルバン病は女性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T67 狭窄性の腱鞘炎。

  • 24

    Perthes病は発症年齢が低いほど予後良好である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T72 発症年齢が低いほど、壊死範囲が狭いほど予後良好である。

  • 25

    変形性膝関節症では関節液は透明である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T79 透明・粘調。関節リウマチでは混濁し、粘調度が低下する。

  • 26

    急性化膿性骨髄炎の原因菌として最も多いのは大腸菌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T83 黄色ブドウ球菌。

  • 27

    化膿性関節炎では関節液の曳糸性は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T89 関節液は混濁、細胞数増加、曳糸性低下。

  • 28

    橈骨神経麻痺では手関節の伸展が不能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T95 そのため下垂手をきたす。

  • 29

    尺骨神経麻痺では小指の伸展が不能になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T96 よって鷲手になる。

  • 30

    軟骨無形成症は伴性劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T97 常染色体優性遺伝。

  • 31

    骨形成不全症では膜性骨化は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T97 膜性骨化は障害され、軟骨内骨化は正常なので骨は細い。

  • 32

    強直性脊椎炎は高齢者に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T100 10~20代に好発する。

  • 33

    強直性脊椎炎ではリウマトイド因子陰性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T101 HLA-B27(+)、リウマトイド因子(-)

  • 34

    骨軟骨腫では軟骨帽がみられることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T104 

  • 35

    骨巨細胞腫は良性腫瘍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T106 20~30代に好発する、病理で多数の多核巨細胞がみられる。

  • 36

    類骨骨腫では夜間痛が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T107 アスピリンが良く効く。

  • 37

    Ewing肉腫は骨幹端部に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T110 骨幹部に好発する。

  • 38

    胸郭出口症候群ではWrightテストで橈骨動脈の脈拍が減弱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T115 Adsonテスト、Edenテストでも患側の橈骨動脈の拍動が減弱する。

  • 39

    関節軟骨はⅡ型コラーゲンとプロテオグリカンからなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T3、101B43 ヒアルロン酸はプロテオグリカンと結合している。

  • 40

    若年では関節軟骨は損傷を生じても自然修復する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T6、106B4(43%) 神経、血管、リンパがないので自然修復しない。

  • 41

    屈曲・伸展は矢状面の運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T6 外転・内転は前額面。

  • 42

    上腕骨顆上骨折の後遺症として外反肘に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T26 顆上骨折では内反肘とVolkmann拘縮に注意する。

  • 43

    大腿骨頸部骨折では早期手術が推奨される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T32 早期手術・早期離床が推奨される。

  • 44

    小児の骨折は靭帯損傷を合併することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104I11(除外) 小児骨折で靭帯損傷合併はまれである。

  • 45

    発育性股関節形成不全では開排したときに患側大腿部のしわが多く深い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T46、105A40(65%) 患側股関節は脱臼して患側肢は短縮しているため。

  • 46

    L4/5、L5/S1ヘルニアでは大腿神経伸展テストにて疼痛を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T56 L4/5、L5/S1では下肢伸展挙上テスト、L2/3、L3/4では大腿神経伸展テスト

  • 47

    L3/4ヘルニアでは膝蓋腱反射は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T56、100F46 

  • 48

    L5神経根が傷害されると足関節底屈が傷害される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T55、106I18(85%) 足関節背屈が傷害される。底屈はS1。

  • 49

    後縦靭帯骨化症は腰椎に起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T58、107H25(85%) C6~C7に好発する。

  • 50

    黄色靭帯骨化症は腰椎に起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T58 T10~T12に好発する。

  • 51

    腰部脊柱管狭窄症患者の歩行時の痛みは座位で軽快する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T60、106A5 血管性の間欠性跛行は姿勢の変化では軽快しない。

  • 52

    大腿骨頭壊死症は両側性が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T70

  • 53

    Perthes病は原則保存的治療である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T73 安静・免荷装具の着用。

  • 54

    大腿骨頭すべり症では骨頭は前方にすべる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T74 後内方にすべる。

  • 55

    変形性関節症では骨びらんを生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T75 骨硬化、骨嚢胞、骨棘などが生じる。骨びらんはRA。

  • 56

    変形性膝関節症の病変部位は滑膜である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T75、104E57(84%) 軟骨である。

  • 57

    脊椎カリエスの治療には抗真菌薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T87、106D29(92%) 結核菌の椎体感染なので抗結核薬を用いる。

  • 58

    手根管症候群の初期治療は手関節固定装具とステロイド注射である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T94、105I71(43%) 重症例では屈筋支帯切開。

  • 59

    炎症所見の強い関節リウマチ患者には他動的手関節可動域訓練が適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    105E27(75%) 安静・免荷を基本とする。

  • 60

    骨肉腫では病巣掻爬術が第一選択となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T109、103I69(66%) 病巣掻爬は良性腫瘍に対して行う。悪性腫瘍は広範囲切除。

  • 61

    Volkmann拘縮では指を他動的に伸展したときに疼痛を訴える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T27 一生忘れられない激痛だった

  • 62

    高齢者の転倒で最も骨折が起こりやすいのは鼻骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    102H19 大腿骨

  • 63

    腰椎椎間板ヘルニアの患者が排尿障害を来たしていたら緊急手術を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    99G45 

  • 64

    汚染された開放骨折には創外固定術が適応となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    脱臼は腫脹がとれてから整復する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T41 麻酔を使うことも

  • 66

    手に発生する腫瘤としてもっとも頻度が高いのはガングリオンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T68

  • 67

    ガングリオンは高齢女性に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    T68 20~40歳代の女性。手を良く使う人。

  • 68

    Dupuytren拘縮は男性に発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    T68、95B57 中年以降の男性に多い。

56962

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ