zuknow learn together

新しい教材を作成

栄養学2年後期試験

カード 50枚 作成者: アトム (作成日: 2016/01/22)

  • たんぱく質は、体の構成成分になる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    たんぱく質は、体の構成成分になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    食物エネルギーの内、脂質のアトウォーター係数は4である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    係数は9

  • 3

    体を構成する成分と、人が1日に摂取する食事の成分を比較すると、どちらも糖質が1番多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    体を構成する成分はたんぱく質が62%

  • 4

    食事バランスガイドは毎日の食事を6区分し、1単位をサービングの単位であらわす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    区分は5つに別れている

  • 5

    生活習慣病は食事や運動、休養のアンバランスにより引き起こされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    諸糖類は、ブドウ糖、果糖、ガラクトースなどである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    これは単糖類の説明

  • 7

    麦芽糖=ブドウ糖+果糖である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    諸糖類の説明

  • 8

    アミロースとアミロペクチンでは、枝分かれ構造をしているのがアミロペクチンであり、もち米はほぼ100%アミロペクチンからなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    グリコーゲンは、植物のエネルギー貯蔵形態である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    グリコーゲンは動物のエネルギー貯蔵庫

  • 10

    中性脂肪は、一つのグリセロールと二つの脂肪酸が結合したものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    二つの脂肪酸ではなく三つ

  • 11

    飽和脂肪酸は植物性油脂や魚油に多く含まれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    植物性油脂や魚油は不飽和脂肪酸

  • 12

    必須脂肪酸にはnー6、nー3系脂肪酸がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    nー6、nー3系脂肪酸の数字は、メチル基から数えて最初の二重結合の位置を示している

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    必須アミノ酸は9種類あり、体内で合成できるアミノ酸である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    体内で合成できないアミノ酸

  • 15

    人体を構成する元素は60種類あり、炭素と窒素を除いたものを、ミネラルと呼ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    炭素と窒素ではなく酸素と水素

  • 16

    リンは食品添加物として加工食品に多く含まれるため、過剰摂取の心配がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    カルシウムとリンの摂取比率は、1対1が望ましい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    カリウムは細胞外液に、ナトリウムは細胞内液に存在し体液の浸透圧の維持などを行っている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    カリウムは細胞内液、ナトリウムは細胞外液

  • 19

    カリウムは高血圧に対して重要因子であり、ナトリウムの吸収を促進させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    ナトリウムの吸収を抑制する

  • 20

    ビタミンは13種類あり、脂溶性ビタミンは毎日の食事から摂取する必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    脂溶性ビタミンは体内に貯蔵されるので、水溶性ビタミンを毎日摂取する必要がある

  • 21

    ビタミンB群に属するビタミンは植物性食品に多く含まれている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    植物性食品ではなく動物性食品

  • 22

    ビタミンB12の欠乏は、悪性貧血を招く

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    摂食行動は、大脳皮質と間脳で調節される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    味覚を感じるのは、味蕾の中の味細胞である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    胃でアルコールや薬物の吸収が行われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    受動輸送とは、エネルギーを必要とする輸送形態である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    受動なのでエネルギーを必要としない

  • 27

    小腸粘膜から吸収されたブドウ糖は、リンパ菅などを経て肝臓~心臓、血液中へと移動する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    ブドウ糖は毛細血管を経て肝臓~心臓、血液中へと移動する

  • 28

    消費されるエネルギーの測定方法は、直接測定法だけである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    間接測定法もある

  • 29

    離乳食の開始時期はおよそ3ヶ月ごろからであり、流動食~固形食へと移っていく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    5~6ヶ月頃から離乳食の開始時期

  • 30

    更年期障害は女性のみ起こる症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    男性でも起こる

  • 31

    栄養補給法は大きく分けると、経腸、経静脈栄養法がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    経腸栄養法は、口及び消化菅を経由した栄養法のことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    栄養状態を判定するための体格指数の中で、BMIは学童期に使用される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    学童期に用いられるのはローレル指数

  • 34

    BMIの基準値は、22である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    便秘とは、一般的に3日~4日以上便通が無い場合を言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    肝硬変の代償期は、肝臓の機能が低下し黄疸などの症状が現れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    非代償期に黄疸などの症状が出る

  • 37

    ネフローゼ症候群は大量のたんぱく尿、低蛋白欠症、全身のむくみの出た症状を言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    貧血の大部分は白血球の材料である鉄が不足した鉄欠乏性貧血である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    白血球ではなくヘモグロビン(赤血球)

  • 39

    腎臓病においては、十分のエネルギーとたんぱく質の摂取が重要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    一般にはたんぱく質の制限されている

  • 40

    狭心症は冠動脈に血栓ができて、血液がほとんど流れず、心筋細胞が壊死した状態を言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    狭心症ではなく心筋梗塞の説明

  • 41

    不溶性食物繊維は、糖尿病の発症予防や血圧上昇の抑制をする働きがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    不溶性ではなく水溶性

  • 42

    nー3系脂肪酸は、アレルギーやがんの発生を抑制する働きがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    たんぱく質の栄養価は、たんぱく質を構成するアミノ酸の種類と量により決まり、主にアミノ酸価によって表される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    銅の不足は、貧血を起こす

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    ビタミンKは、強い抗酸化作用を持ち、若返りビタミンと言われている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    抗酸化作用を持つのはビタミンE

  • 46

    空腹感は外気が暖かくなると、摂食中枢を刺激して食物摂取を促す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    外気が寒冷になると食物摂取を促す

  • 47

    味覚の閾値は味を感じる最高濃度であり、甘味が1番高い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    閾値は味の最低濃度

  • 48

    学童期は、孤食や偏食などの問題を抱えている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    高齢期は、肥満からくる生活習慣病が大きな問題となっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    低栄養が大きな問題となっている

  • 50

    日本人の糖尿病の多くを占めるのは、2型糖尿病である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56804

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ