zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる皮膚科

カード 66枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/21)

  • ケラトヒアリン顆粒は顆粒細胞に存在する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる皮膚科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ケラトヒアリン顆粒は顆粒細胞に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V2 

  • 2

    基底細胞が分化して皮膚表面から脱落するまでの期間は正常で約20日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V3 約45日

  • 3

    ケラチノサイト同士はヘミデスモソームで結合している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    × V3 デスモソームで結合する。

  • 4

    ヘミデスモソームはⅩⅦ型コラーゲンにより基底版と接着される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V3 ⅩⅦ型コラーゲン(BP180)

  • 5

    エクリン汗腺は毛包に開口する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V6 直接皮膚に開口する。毛包に開口するのはアポクリン汗腺。

  • 6

    Darier徴候は肥満細胞腫に特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V12 皮疹部を擦過すると、その部位に掻痒性の膨疹を生じる。

  • 7

    パッチテストでは発赤の大きさは判定に関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V13 発赤・水疱などの反応の有無を判定する。

  • 8

    Wood灯検査は頭部白癬などの診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V13 紫外線照射装置で病変部の菌を照射すると特異的な蛍光を発する。

  • 9

    PUVA療法では眼の保護が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V16 

  • 10

    貨幣状湿疹は四肢の屈側に生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V21 四肢伸側、腰、臀部に散在。

  • 11

    多形滲出性紅斑はStevens-Johnson症候群へ移行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V27 

  • 12

    Stevens-Johnson症候群において、びらん面が5%以上の場合はTENへの移行を考える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V28 10%以上。

  • 13

    結節性紅斑は真皮組織の炎症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V28 皮下脂肪組織の炎症である。

  • 14

    結節性紅斑は無痛性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V28 有痛性

  • 15

    Sweet病では末梢血での好酸球増加が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V29 好中球増加が特徴的。病変部への好中球浸潤も認める。

  • 16

    Sweet病は血液疾患に合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V29 MDSや白血病の探索が必要である。

  • 17

    Sweet病の治療はステロイドの外用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V29 安静、NSAIDs、コルヒチン内服。重症例ではステロイド内服。

  • 18

    硬結性紅斑(Bazin硬結性紅斑)は結核疹の一種である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V30 病理所見で乾酪壊死、類上皮細胞肉芽腫が見られる。非結核性の場合もある。

  • 19

    落葉状天疱瘡は基底層直上の水疱が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V32 角層下水疱が特徴的。

  • 20

    落葉状天疱瘡では粘膜病変はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V34 抗Dsg1抗体のみ陽性。

  • 21

    水疱性類天疱瘡は水疱内の好中球浸潤が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V35 好酸球浸潤。

  • 22

    水疱性類天疱瘡では蛍光抗体法にて表皮基底膜部にIgGとC3の沈着がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V36 

  • 23

    単純ヘルペスではTzanck試験陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V46 巨細胞がみられる。

  • 24

    痂皮性膿痂疹の合併症として腎炎がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V53 A群β溶連菌感染による。

  • 25

    丹毒の治療第一選択はマクロライド系抗菌薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V54 ペニシリン系、セフェム系。

  • 26

    SSSSは重度の粘膜炎症が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V57 粘膜の炎症は見られない。

  • 27

    Hansen病では病巣部の発汗亢進がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V59 汗腺はらい菌に侵され、発汗は低下する。

  • 28

    らい菌はZiehl-Neelsen染色で染まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V59 

  • 29

    TPHAは梅毒治癒後も陽性のままである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V60 STS抗体価は治療により陰性化する。

  • 30

    疥癬の原因はヒゼンダニである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V66 

  • 31

    太田母斑は三叉神経第3枝領域に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V70 三叉神経第1、2枝領域に好発する。

  • 32

    単純血管腫は自然消退する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V71 生下時より存在し、自然消退しない。

  • 33

    イチゴ状血管腫は自然消退する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V72 生後1~2週間頃に発生し、学童期までに自然消退する。

  • 34

    結節性硬化症は常染色体劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V73 常染色体優性遺伝である。

  • 35

    尋常性魚鱗癬は常染色体優性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V81 フィラグリン遺伝子異常により四肢伸側・体幹に乾燥・鱗屑がみられる。

  • 36

    尋常性乾癬でみられるMunro微小膿瘍は無菌性膿瘍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V84 角層直下の好中球浸潤による無菌性膿瘍。

  • 37

    尋常性乾癬の治療法としてステロイド内服がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V84 膿疱性乾癬を引き起こすので禁忌。

  • 38

    扁平苔癬では口腔粘膜疹がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V87 白色の網目状線状がみられる。

  • 39

    乳房外Paget病はエクリン汗腺由来の表皮内癌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V99 アポクリン汗腺由来。

  • 40

    Merker細胞癌は顔面に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V103 高齢者の顔面に好発する。NSE陽性。

  • 41

    菌状息肉症は皮膚に原発するCD8陽性T細胞の悪性リンパ腫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V107 CD4陽性。

  • 42

    菌状息肉腫ではMunro微小膿瘍がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V108 Pautrier微小膿瘍

  • 43

    急性GVHDでは下痢を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V115 皮疹、黄疸、下痢を3徴とする。

  • 44

    薬剤過敏性症候群は薬剤服用後数日で発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V117 2~6週間後に生じる。遅発性。

  • 45

    Ⅶ型コラーゲンは細胞同士の接着を担う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V3 細胞間はデスモソーム、細胞と基底膜はヘミデスモソーム、基底膜と真皮はⅦ型コラーゲン

  • 46

    接触性皮膚炎はⅣ型アレルギーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V13、104B42(98%) パッチテストで判定する。

  • 47

    アトピー性皮膚炎の皮疹は左右対称性に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V19、100E30

  • 48

    アトピー性皮膚炎の患者では血清IgEが増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V19、100E30

  • 49

    アトピー性皮膚炎は夏に軽快する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V19 汗をかきやすい夏に増悪する。

  • 50

    湿疹は非伝染性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V18、100E29 湿疹は外的刺激によって起こる表皮の炎症であり非伝染性。

  • 51

    膨疹は湿疹ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V18 膨疹は蕁麻疹の皮疹であり、真皮の浮腫。表皮の炎症ではない。

  • 52

    Stevens-Johnson症候群の治療にはステロイドを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V28、103C29(98%) 速やかに原因薬剤を中止し、ステロイド投与

  • 53

    SLEは結節性紅斑の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V28 結構白くてSweetな牛来る!早くさけべ!!

  • 54

    壊疽性膿皮症はMDSに合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V40、107E47(97%) 蝦夷の黒牛、まだ早い。吐け!!

  • 55

    Kaposi水痘様発疹症はHHV8が原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V47、107I45(80%)他3問 HSV1が原因

  • 56

    疥癬はSTDとして感染することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V67 保育園、老人ホーム、病院、STD

  • 57

    風疹の皮疹は色素沈着を残す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V45、100G83 色素沈着を残すのは麻疹。

  • 58

    乾癬性関節炎はリウマトイド因子陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V85、105A25(85%) リウマトイド因子陰性。

  • 59

    黒色表皮腫が数ヶ月のうちに多発することをLeser-Trelat徴候という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V91、103B46(85%) 脂漏性角化症が多発すること。

  • 60

    肥厚性瘢痕は自然消退が期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V95、105E21(52%) 1~数年で消退し萎縮性瘢痕となる。ケロイドは消退せず増大する。

  • 61

    Bowen病の治療第一選択は切除術である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V98

  • 62

    光線角化症には凍結療法の適応はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V102 光線角化症の治療は外科的切除、凍結療法、イミキモド、抗腫瘍薬軟膏など。

  • 63

    日光皮膚炎は日焼けと同義である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V113、100B12

  • 64

    TENではNikolsky現象が陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V117

  • 65

    Stevens-Johnson症候群では結節性紅斑をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    V28、96D6 結節性紅斑ではなく滲出性紅斑。

  • 66

    乳房外Paget病は膀胱癌を合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    10%くらいで合併するらしい。

56919

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ