zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる耳鼻科

カード 59枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/20)

  • アブミ骨は卵円窓に付着している。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる耳鼻科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アブミ骨は卵円窓に付着している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S2 アブミ骨は卵円窓(前庭窓)に付着する。

  • 2

    アブミ骨筋は三叉神経支配である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S3 アブミ骨筋は顔面神経支配、鼓膜張筋は三叉神経支配。

  • 3

    低い音ほど前庭窓に近い部分のCorti器が興奮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S5 低い音ほど蝸牛頂付近のCorti器が興奮する。

  • 4

    咽頭は喉頭の腹側に位置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S7 咽頭は喉頭の背側に位置する。

  • 5

    風疹では耳介後部リンパ節が腫脹しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S9 

  • 6

    伝音難聴ではWeber法で健側に偏位する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S12 患側に変異する。感音難聴では健側に変異する。

  • 7

    伝音難聴ではRinne法で陰性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S12 伝音難聴では気道<骨導となり陰性。

  • 8

    後迷路性難聴では聴覚補充現象陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S12 陰性。内耳性難聴で陽性となる。

  • 9

    健常な人の場合、Rinne陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S14 健常耳の気導聴取時間は骨導聴取時間の約2倍である。

  • 10

    耳管狭窄症ではティンパノグラムC型となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S17 中耳内腔が陰圧となりグラフのピークが左に移動する。

  • 11

    伝音難聴ではアブミ骨筋反射が陰性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S17 顔面神経麻痺、伝音難聴、後迷路性難聴では陰性となる。

  • 12

    遊戯聴力検査は0~1歳児に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S19 0~1歳児は聴性行動反応検査、1~3歳児は条件探索反射検査、3~5歳児は遊戯聴力検査。

  • 13

    Mann検査は体平衡機能検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S19 一方の踵を他方のつま先に触れるようにして直線状に立ち、正中を向き閉眼して立位可能をみる。

  • 14

    小脳障害ではRomberg試験陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S19 閉眼時も開眼時も動揺がみられるため陰性となる。

  • 15

    眼振は急速相の方向で示される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S20 

  • 16

    顎動脈は内頸動脈の枝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S27 顎動脈は外頸動脈の枝である。

  • 17

    眼動脈は内頸動脈の枝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S27 

  • 18

    両側性の伝音難聴は補聴器の良い適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S34 両側性伝音難聴、老人性難聴、乳幼児の難聴などに適応。

  • 19

    言語機能獲得後の内耳性失聴では人工内耳が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S34 先天的、言語獲得前の高度難聴では2~3歳までの手術が望ましい。

  • 20

    一歳未満でも人工内耳の埋め込み術は可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S34 活動性中耳炎、重度精神発達遅滞、1歳未満などでは人工内耳は禁忌となる。

  • 21

    前庭神経炎では耳鳴り・難聴は伴わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S40 蝸牛神経症状はない。

  • 22

    突発性難聴では片側性の伝音難聴がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S41 片側性の感音難聴。

  • 23

    突発性難聴の治療として高圧酸素療法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S41 内耳に酸素を供給する。

  • 24

    騒音性難聴は補充現象陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S42 内耳性の感音難聴である。

  • 25

    ムンプス難聴では両側性の感音難聴がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S43 片側性の感音難聴。

  • 26

    急性中耳炎の起炎菌として最も多いのは黄色ブドウ球菌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S46 肺炎球菌。次にインフルエンザ桿菌、モラクセラが続く。

  • 27

    小児の耳管は成人に比べて太い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S46 太くて短いので中耳炎になりやすい。

  • 28

    滲出性中耳炎では伝音難聴がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S48 伝音難聴、耳閉塞感、自声増強などがみられる。

  • 29

    滲出性中耳炎では耳痛がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S48 耳痛や耳漏はみられない。急性中耳炎との鑑別点となる。

  • 30

    耳硬化症は妊娠で増悪する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S52 女性、白人に多い。妊娠で増悪する。

  • 31

    Bell麻痺は末梢性の顔面神経麻痺である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S56 突然に片側性の末梢性顔面神経麻痺がみられる。単純ヘルペスウイルスの再活性化説が有力。

  • 32

    反回神経麻痺ではカーテン徴候陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S58 反回神経麻痺では陰性。頸静脈孔症候群では陽性となる。

  • 33

    側頭骨骨折のうち横骨折では感音難聴がみられやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S68 横骨折では内耳損傷、縦骨折では中耳損傷がみられやすい。

  • 34

    慢性扁桃炎の病巣感染症として胸肋鎖骨過形成症がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S71 そのほかにIgA腎症、関節リウマチ、掌蹠膿疱症、心筋炎などがある。

  • 35

    Warthin腫瘍は良性腫瘍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S75 多形腺腫に次いでよく見られる良性腫瘍。多形腺腫と違い悪性化はしない。

  • 36

    舌癌は顎下リンパ節に転移しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S77 舌はリンパ管網が豊富なので早期にリンパ節転移をきたしやすい。

  • 37

    上咽頭癌は滲出性中耳炎の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S84 

  • 38

    上咽頭癌の治療の第一選択は手術である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S84 放射線療法。手術は解剖学的に困難なため行われない。

  • 39

    下咽頭癌のうち輪状後部癌はPlummer-Vinson症候群に続発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S86 女性に多い。

  • 40

    喉頭癌の大部分は扁平上皮癌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S88 喫煙が誘引となることが多い。

  • 41

    急性喉頭蓋炎の原因としてインフルエンザ菌が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S93 急性声門下喉頭炎はパラインフルエンザイウルス。

  • 42

    日本では急性喉頭蓋炎は乳幼児に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S93 成人に多い。

  • 43

    良性発作性頭位眩暈症(BPPV)の発作にはステロイドを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S39、104E55(94%) 理学療法で軽快する。

  • 44

    前庭神経炎では一方向性の水平回旋眼振がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S40、103I73(55%) 

  • 45

    老人性難聴は伝音性難聴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S41 高音障害型の感音性難聴。

  • 46

    人の会話域は2000~8000Hzである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    100I4 500~2000Hz

  • 47

    滲出性中耳炎では鼓膜は膨隆している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S48 鼓膜は陥凹する。

  • 48

    耳硬化症は両側性の難聴を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S52 両側性の伝音難聴が徐々に進行する。

  • 49

    耳硬化症ではオージオグラムにて8000Hz付近での骨導低下がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S53 2000Hz付近での低下が特徴的(Carhart's notch)

  • 50

    真珠腫性中耳炎は顔面神経麻痺を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S51、106A10(96%) 顔面神経は中耳腔内を走行するため。

  • 51

    鼻アレルギーの治療にロイコトリエン受容体拮抗薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S64 抗ヒスタミン薬、抗PGD2薬、抗TXA2薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、ステロイドなど

  • 52

    扁桃周囲膿瘍は急性扁桃炎に続発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S72 急性扁桃炎が悪化して開口障害や口蓋垂の健側偏移がみられる。

  • 53

    耳下腺の排泄管はWharton管である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S74 耳下腺はStenon管、顎下腺はWharton管。

  • 54

    梨状陥凹癌は中咽頭癌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    S86、107D26(67%) 下咽頭癌である。

  • 55

    下咽頭癌はしばしば食道癌を合併する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103A8(93%) 10~20%で重複する。

  • 56

    ポリープ様声帯は喫煙者に見られやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104A55(31%) 喫煙者や多弁な中年女性に多い。

  • 57

    耳管咽頭口はペンライトと舌圧子で確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    106H15(66%) 上咽頭に開口しているので見えない。

  • 58

    機能性難聴は補聴器の絶対適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    101B114 補聴器は伝音難聴で一番効果が高い。機能性難聴は心因性なので意味がない。

  • 59

    真珠腫性中耳炎では圧迫眼振がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    S51、109A27(90%) 外耳道を指で圧迫するとめまいが出現する。

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ