zuknow learn together

新しい教材を作成

開発経済

カード 45枚 作成者: Miho Honma (作成日: 2016/01/19)

  • 市場の浸透力

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    市場の浸透力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 起業家は自主的判断で労働力を利用する産業が育ち、労働者も就業機会を得る

    解説

  • 2

    最低限の権限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所得の低い人は栄養水準、教育水準も低くいことから労働の効率も悪く、雇用されない

    解説

  • 3

    非自発的失業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貧困層は、就業機会を利用しえなくて残ってしまう

    解説

  • 4

    非市場的行動の影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世論やジャーナリズムといった社会的な力の影響

    解説

  • 5

    一時間以内に生まれる子供 その何パーセントが途上国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 16000人 90%

    解説

  • 6

    途上国で5歳以下で死ぬ子供

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1400万人

    解説

  • 7

    女子は男子の何分の何の識字率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2/3

    解説

  • 8

    初等教育受けられない子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1億3000万

    解説

  • 9

    絶対的貧困

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気、文盲、栄養不良のために人間にとって基本的条件を否定するほど悪化した生活条件

    解説

  • 10

    一国の一人当たりの実質所得が長期にわたって増大。ただし絶対的貧困層以下の人口は増えず、所得分配が不平等化しないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイヤー

    解説

  • 11

    社会システム全体の上方移行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミュルダール

    解説

  • 12

    人々が受ける自由が拡大する過程 人々が価値のある方法で生きる権利と能力を拡張する過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アマルティア・セン

    解説

  • 13

    経済発展の副次的目標①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近代的貨幣経済と伝統的な慣習経済の区分がある二重経済の所得分配

    解説

  • 14

    経済発展の副次的目標②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持続可能な開発 (将来世代の必要を満たす能力を損なわず、現世代の必要を満たし、生産減らさず、内容を変える開発)

    解説

  • 15

    人間開発指数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実質所得だけでなく、平均余命、成人識字率、就学年数おいった社会指数にも基づき、GDPと合わせて出したもの

    解説

  • 16

    購買力平価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある国である価値で買える商品が他国ならいくらで買えるか示す交換レート

    解説

  • 17

    貧困の計測①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭数指標 総人口の中の貧困層の比率。消費水準が貧困線より低い人口の比率によって貧困の大きさを示す

    解説

  • 18

    貧困の計測②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貧困ギャップ 全ての貧困層を貧困線に引き上げるために必要な所得移転の大きさを測定するもの

    解説

  • 19

    人的貧困指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所得ではなく、実際の変数(平均余命、文盲率ら水へのプロセス)に焦点当てたもの

    解説

  • 20

    個人の貧困からの脱出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所得だけでなく、様々な権利や機会に対する個人の権利にらよってもたらされた個人能力の拡大

    解説

  • 21

    厚生経済学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人や社会の厚生又は福祉がどのように定義・計測され、それにより経済上の変化が望ましいかどうかがいかに判定されるかという問題

    解説

  • 22

    貧困ライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世銀の購買力平価換算で、1日1.25ドルを国際貧困ラインとした

    解説

  • 23

    潜在能力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福祉の評価方法。生き方の良さのこと。 財と、財の特性と、それにより人が成就可能な機能によって福祉の評価される。

    解説

  • 24

    合理的な愚か者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間は価値あることをする、社会的な評価によっても行動する、倫理的で心理的な行動をする生き物

    解説

  • 25

    二重経済構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 途上国で近代的な商業化された工業部門と、伝統的な生存維持的農業部門とが並存して発展する経済構造

    解説

  • 26

    余剰労働

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働の限界生産性は広い範囲に渡り0

    解説

  • 27

    限界生産性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産要素の投入を1増加させた時、生産量がどれだけ増えるか表したもの

    解説

  • 28

    偽装失業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ②人で十分なところにら5人。 3人は偽装失業 広い範囲にわたってゼロなのは労働者の限界生産性であり、労働の生産性は限界点でちょうど0に等しい

    解説

  • 29

    二重部門モデル① 資本家部門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利潤獲得目的。再生可能な資本を利用し、その使用量を資本家に支払い、賃金労働を用いる経済部門。

    解説

  • 30

    非資本家部門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再生可能な資本を利用せず、利潤のために雇用しない部門

    解説

  • 31

    金融の二重性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織された資本市場と未組織の資本市場との間に大きな金利格差があること。

    解説

  • 32

    ベトナム 南 北

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南 プランテーション、その後は軽工業 北 鉱物開発 重工業 農地国有化

    解説

  • 33

    ドイモイ 1986とは 農業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の請負性に 米生産急拡大

    解説

  • 34

    ドイモイ 工業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国営企業の経営自主研拡大 有限会社、株式会社認める

    解説

  • 35

    金融

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフレ抑制、IMFや世銀の勧告でタイトな金融政策

    解説

  • 36

    ドイモイ 財政

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紙幣発行で財政赤字補填。貸出金利は10%に引き上げ。複数の為替レートを一本化し闇レートと5%以内に調節する変動相場制に。

    解説

  • 37

    IMFや世銀の要請→ベトナム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民営企業の育成

    解説

  • 38

    慣習経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場経済が生まれ育ってくる前の段階 例、農村経済

    解説

  • 39

    インドネシアのジャワ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貧困の共有 土地なし層が分け合う

    解説

  • 40

    農業多角化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 例、タイ 開かれた農村経済 都市の商人との契約農業 →大衆消費の高度化(農業開発は食糧供給確保だけでなく、農民所得増大させて国内では製造業に拡大する市場を提供する役割

    解説

  • 41

    分益小作人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地主と小作人との間の分益契約 小作人にとっては天候などのリスクを全部負担する必要がなく、地主にとっては、小作人が働くようになるので監視費用を削減できる。

    解説

  • 42

    市場取引の相互連結

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地主、小作人、金貸し

    解説

  • 43

    効率賃金仮説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金がそれを受ける労働者の労働効率に影響する。支払いによって彼らの効率を引き上げて、自らの期待所得を増加させられる

    解説

  • 44

    非自発的失業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済内に労働に対する需要存在しないため発生する失業

    解説

  • 45

    留保賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最低限の労働効率を発揮するため、それに必要な食糧購入が可能となる賃金

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ