zuknow learn together

新しい教材を作成

地学基礎(前半)

カード 153枚 作成者: mayo_ti (作成日: 2016/01/19)

  • 地球の半径

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

プレート、地層、火山、地球史など…(啓林館 地学基礎 第1部~第2部)
後半も随時追加します!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    地球の半径

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約6400km

    解説

    赤道半径:6378km 極半径:6357km

  • 2

    地球の円周

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約40000km

    解説

  • 3

    地球の面積 陸と海の割合は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3:7

    解説

  • 4

    陸地の平均高度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約840m

    解説

  • 5

    海洋の平均高度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約ー3800㎞

    解説

  • 6

    固体地球の表層部。厚さ5~60km。花こう岩質岩石や、玄武岩質岩石でできている。固体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地殻

    解説

  • 7

    固体地球の内部。深さ2900㎞まで。上部は主にかんらん岩質岩石でできている。固体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マントル

    解説

  • 8

    地球の中心部を占める部分。深さ5100㎞まで。主に鉄でできている。液体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外核

    解説

  • 9

    地球の中心部を占める部分。主に鉄でできている。固体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内核

    解説

  • 10

    地殻とマントルの境界面。この面を境にして地震波の速度が変わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モホロビチッチ不連続面(モホ面)

    解説

    マントルのほうが地震波の伝わり方が早い。

  • 11

    主に花こう岩と玄武岩からなる地殻。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大陸地殻

    解説

  • 12

    主に玄武岩からなる地殻。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海洋地殻

    解説

  • 13

    地殻均衡説。地殻はこの理論によって大陸部で厚く(30~60㎞)、海洋部で薄く(5~10㎞)なっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイソスタシー

    解説

  • 14

    マントル上部の、低速度層を含むやわらかい層。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセノスフェア

    解説

  • 15

    地殻を含む、岩石の硬い層。 この層を一般に何と呼ぶ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リソスフェア、プレート

    解説

    平均の深さは70㎞(海洋)~140㎞(大陸)

  • 16

    地球上の地学現象を、プレートの運動によるものとする考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレート・テクトニクス

    解説

  • 17

    大陸プレートと海洋プレート、密度が小さいのはどっち?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大陸プレート

    解説

  • 18

    日本を形成するプレート4つ、北から時計回りに?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北アメリカプレート(陸) 太平洋プレート(海) フィリピン海プレート(海) ユーラシアプレート(陸)

    解説

  • 19

    東北日本に位置する、太平洋プレートが北アメリカプレートの下にもぐりこんでできた海溝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本海溝

    解説

  • 20

    西南日本に位置する、フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下にもぐりこんでできたトラフ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南海トラフ

    解説

  • 21

    海底の山脈。プレートの拡大する境界にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海嶺

    解説

  • 22

    深海底の中の深い溝。プレートの沈み込む境界にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海溝

    解説

    海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む。

  • 23

    大陸と大洋との境に、大洋に向かって弓の弧のように突き出た形に配列する島々。日本列島など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 島弧(弧状列島)

    解説

  • 24

    大陸縁の山脈。アンデス山脈など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陸弧

    解説

  • 25

    海溝と島弧をもつ地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 島弧ー海溝系

    解説

  • 26

    造山運動がおこった地帯。大陸プレート同士がぶつかり合ってできる。ヒマラヤ山脈など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 造山帯

    解説

  • 27

    海溝を横切りずらせている断層。プレート同士がすれ違う場所でできる。サンアンドレアス断層など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランスフォーム断層

    解説

  • 28

    プレートの運動や地震、火山活動の要因。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マントル対流

    解説

  • 29

    マントルが円筒状に上昇・下降している場所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プルーム

    解説

  • 30

    マントルが溶けて、高温になったもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグマ

    解説

  • 31

    マグマが多く噴出する場所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホットスポット

    解説

  • 32

    プレート境界で発生する地震。周期性があり、規模が大きく、津波を伴う場合もある。関東大震災、東日本大震災など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海溝型地震

    解説

  • 33

    海洋プレート内部で起こる地震。地震帯は深さ700㎞まで続く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深発地震

    解説

  • 34

    大陸プレート内部にたまったひずみによって活断層が動いておこる地震。 規模は比較的小さいが、震源が浅く、都市直下型の場合は被害が大きい。 阪神淡路大震災など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレート内地震(内陸型地震)

    解説

  • 35

    地震の規模(エネルギーの大きさ)を表す数値。2,0増えるとエネルギーは1000倍になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグニチュード

    解説

  • 36

    実際の揺れの大きさを表す数値。0~7まで(5,6には強弱アリ)の10段階ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 震度

    解説

  • 37

    震源が深い時、距離が遠いのに震度が大きくなる場所。海洋プレートのほうが地震波をよく伝えるために起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異常震域

    解説

  • 38

    地震の発生地点。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 震源

    解説

  • 39

    震源の真上の地表。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 震央

    解説

  • 40

    余震のおこった地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 余震域

    解説

  • 41

    大きな地震の後に引き続いておこる多くの地震。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 余震

    解説

  • 42

    最初に到達する地震波。速い(5~7㎞/秒)。固体だけでなく液体や気体にも伝わる。縦波。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • P波

    解説

  • 43

    P波の後にやや遅れて到着する地震波。遅い(3~4㎞/秒)。固体しか伝わらない。横波。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • S波

    解説

  • 44

    P波だけの震動。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初期微動

    解説

  • 45

    S波が合わさってからの震動。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主要動

    解説

  • 46

    P波とS波の到着時刻の差。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初期微動継続時間(P-S時間)

    解説

  • 47

    大森公式と呼ばれる、震源までの距離を求める公式。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • D=KT

    解説

    D:震源までの距離〔㎞〕 T:初期微動継続時間(P-S時間) K:比例定数 6~8〔㎞/秒〕 三点からの震源距離を計算して作図する。

  • 48

    岩盤に強い力が働き、変形、破壊されて生じるずれ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 断層

    解説

  • 49

    将来にわたって動く可能性が高い断層。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活断層

    解説

  • 50

    引っ張りの力が加わってできる断層。上盤がずり落ちる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正断層

    解説

  • 51

    圧迫の力が加わってできる断層。上盤がのし上がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逆断層

    解説

  • 52

    断層を挟んで向こう側の地面が動いている断層。右に移動しているときは右〇〇、左に移動しているときは左〇〇という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横ずれ断層

    解説

  • 53

    上昇してきたマグマが一時蓄えられる、地下数㎞の地点。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグマだまり

    解説

  • 54

    マグマだまりの中で圧力が一定以上に高まったときに起こる爆発。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 噴火

    解説

  • 55

    火山が多く形成される、火山の分布の海溝側の限界線。プレートが沈み込む境界に並行している。海嶺やホットスポットにも多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火山前線(火山フロント)

    解説

  • 56

    火山の噴火によって地表に運び出された物質。溶岩・火山ガス・火山砕屑物など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火山噴出物

    解説

  • 57

    マグマが地表に噴出して冷やされたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 溶岩

    解説

  • 58

    火山噴出物の中で、H2O(水蒸気)、CO2、SO4、H2Sなどを含む気体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火山ガス

    解説

  • 59

    火山灰、火山礫、火山岩塊などの総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火山砕屑物

    解説

  • 60

    主に玄武岩でできている火山。粘性は小さく流れやすい。温度は高く、SiO2量が少ない。おだやかな噴火をする。(2種類)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盾状火山、溶岩台地

    解説

    盾状火山の例:マウナロア 溶岩台地の例:デカン高原

  • 61

    溶岩と火山砕屑物が交互に積み重なってできた火山。主に安山岩でできている。富士山、浅間山など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成層火山

    解説

  • 62

    主に流紋岩でできている火山。粘性は大きく、流れにくい。温度は低く、SiO2量は多い。激しい噴火をする。昭和新山など。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 溶岩ドーム(溶岩円頂丘)

    解説

  • 63

    大規模な花こう岩の貫入岩体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 底盤(バソリス)

    解説

  • 64

    マグマが地層面にほぼ平行に貫入した火成岩体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩床

    解説

  • 65

    地層の割れ目に沿ってマグマが地層面を切るように貫入した火成岩体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩脈

    解説

  • 66

    マグマが冷えて固まった岩石。火山岩と深成岩がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火成岩

    解説

  • 67

    地表付近で急速に固まった火成岩。玄武岩、安山岩、流紋岩がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火山岩

    解説

  • 68

    火山岩にみられる、大小の結晶(石基、斑晶)が混じった組織。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斑状組織

    解説

  • 69

    地下深くでゆっくり固まった火成岩。かんらん岩、斑れい岩、せん緑岩、花こう岩がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深成岩

    解説

  • 70

    すべて大きな結晶がそろう組織。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等粒状組織

    解説

  • 71

    火成岩内で、十分に成長した結晶。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自形

    解説

  • 72

    火成岩内で、成長しきらない結晶。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他形

    解説

  • 73

    これは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流紋岩

    解説

  • 74

    これは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安山岩

    解説

  • 75

    これは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄武岩

    解説

  • 76

    これは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 花こう岩

    解説

  • 77

    これは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せん緑岩

    解説

  • 78

    これは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 班れい岩

    解説

  • 79

    かんらん石を多く含む深成岩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんらん岩

    解説

  • 80

    岩石が長い年月を経てボロボロに崩れていくこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風化

    解説

  • 81

    岩石が河川や氷河によって削り取られること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 侵食

    解説

  • 82

    風化作用や浸食作用を受け、岩石が変化したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 砕屑物

    解説

  • 83

    砕屑物は水流によって〇〇しされ、海底などに△△する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運搬、堆積

    解説

  • 84

    温度の変化や凍結、植物の根によってしだいにおこる風化。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理的風化(機械的風化)

    解説

  • 85

    酸性雨や地下水と反応して、鉱物の一部が溶けだしたり、ほかの鉱物に変化したりすることで進む風化。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化学的風化

    解説

  • 86

    化学的風化によって形成される地形(2種類)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鍾乳洞、カルスト地形

    解説

  • 87

    直径2㎜以上の砕屑物。削られにくく、積もりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    直径1/16~2㎜の砕屑物。削られやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    直径1/16㎜以下の砕屑物。削られにくく、積もりにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    堆積物が圧縮、脱水、互いに団結し、岩石化すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 続成作用

    解説

  • 91

    続成作用によって堆積物からできた岩石。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 堆積岩

    解説

  • 92

    砕屑物からできた岩石。泥岩、砂岩、礫岩がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 砕屑岩

    解説

  • 93

    CaCO3を主成分とする化学岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石灰岩

    解説

  • 94

    SiO2を主成分とする化学岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャート

    解説

  • 95

    NaClを主成分とする化学岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩塩

    解説

  • 96

    CaSO4を主成分とする化学岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石こう

    解説

  • 97

    サンゴ、フズリナ、貝殻(CaCO3)を含む生物岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石灰岩

    解説

  • 98

    放散虫の殻(SiO2)を含む生物岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャート

    解説

  • 99

    植物遺体からなる生物岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石炭

    解説

  • 100

    火山礫と火山灰からなる火山砕屑岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝灰角礫岩

    解説

  • 101

    火山灰からなる火山砕屑岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凝灰岩

    解説

  • 102

    堆積岩や火成岩が高い圧力や温度を受けることで組織が変化すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変成作用

    解説

  • 103

    変成によってできた岩石。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変成岩

    解説

  • 104

    高温のマグマが貫入した周辺にできる変成岩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接触変成岩

    解説

  • 105

    泥岩や砂岩が変化してできた接触変成岩。固く緻密。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルンフェルス

    解説

  • 106

    石灰岩が変化してできた接触変成岩。大きな方解石の結晶。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大理石

    解説

  • 107

    プレートが沈み込む周辺にできる変成岩。帯状に高温・高圧になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広域変成岩

    解説

  • 108

    マグマだまり周辺にできる、高温・低圧型の広域変成岩。黒雲母と斜長石の縞模様になっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片麻岩

    解説

  • 109

    プレートの沈み込む周辺にできる、低温・高圧型の広域変成岩。片理構造になっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結晶片岩

    解説

  • 110

    鉱物が一方向に並ぶこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片理

    解説

  • 111

    砕屑物が水流で運ばれ、海底などに層状に積み重なった構造。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地層

    解説

  • 112

    下位の地層ほど年代が古くなること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地層累重の法則

    解説

  • 113

    地層と地層の境界。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 層理面

    解説

  • 114

    地層が積み重なる順番。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 層序

    解説

  • 115

    水中で連続的に堆積が起こった地層の接し方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 整合

    解説

  • 116

    いったん地層が隆起し、陸上で侵食を受けた後、再び沈降、不連続的に堆積が起こった地層の接し方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不整合

    解説

  • 117

    地層が圧迫の力を受けて曲がったもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 褶曲

    解説

  • 118

    褶曲の中で山上に盛り上がった部分。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 背斜

    解説

  • 119

    褶曲の中で、谷状にくぼんだ部分。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 向斜

    解説

  • 120

    堆積途中で水流の向きや強さが変わり、一つの地層の中で斜交する細かい縞模様が作られること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスラミナ(斜交葉理)

    解説

  • 121

    一つの地層の中で、礫、砂、泥が粒子の大きい順に堆積しているもの。タ―ビダイトによく見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 級化層理

    解説

  • 122

    大陸棚が崩れたときに起こる密度の高い流れ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乱泥流

    解説

  • 123

    乱泥流によってできる地層。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タ―ビダイト

    解説

  • 124

    地層上面に刻まれた痕跡。砂岩上面にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リプルマーク(蓮根)

    解説

  • 125

    地層下面に刻まれた痕跡。砂岩下面(泥岩上面)にできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソールマーク(底痕)

    解説

  • 126

    過去の生物の遺体や生活の痕跡が岩石化して地中に残ったもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 化石

    解説

  • 127

    生活の痕跡を示す化石。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生痕化石

    解説

  • 128

    過去の同時堆積面を示す対比に役立つ地層。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鍵層

    解説

  • 129

    地層の環境を示す化石。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 示相化石

    解説

  • 130

    サンゴの化石が示す環境は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温暖な海

    解説

  • 131

    シジミ、カキの化石が示す環境は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 汽水域

    解説

  • 132

    地層の時代を示す化石。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 示準化石

    解説

  • 133

    古生代を示す示準化石の例は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三葉虫、フズリナ、リンボク

    解説

  • 134

    中生代を示す化石の例は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンモナイト、イノセラムス、トリゴニア

    解説

  • 135

    新生代を示す示準化石は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カヘイ石、ビカリア

    解説

  • 136

    示準化石の条件は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1、繁栄期間が短い 2、広く分布 3、数が多い

    解説

  • 137

    地質時代の、約46億~5.4億年の期間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先カンブリア代

    解説

  • 138

    地球誕生(46億年前)から40億年前の期間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冥王代

    解説

  • 139

    約40億~25億年前までの期間。生命の誕生や最初の光合成生物(シアノバクテリア)が発生した。無脊椎動物時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太古代(始生代)

    解説

  • 140

    約25億~5.4億年前までの期間。全球凍結(アイスボール)やエディアカラ動物群が発生した。藻類時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原生代

    解説

  • 141

    約5.4億年前~現在までを指す期間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顕生代

    解説

  • 142

    約5.4億~2.5億年前までの期間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古生代

    解説

  • 143

    約5.4億~4.9億年前までの期間。バージェス動物群が発生した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カンブリア紀

    解説

  • 144

    約4.9億~4.4億年前までの期間。三葉虫が全盛。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オルドビス期

    解説

  • 145

    約4.4億~4.2億年前までの期間。植物(クックソニア)が上陸する。魚類時代、シダ植物時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シルル紀

    解説

  • 146

    約4.2億~3.6億年前までの期間。脊椎動物(イクチオステガ)が上陸した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デボン紀

    解説

  • 147

    約3.6億~3.0億年前までの期間。シダの大森林(リンボク・ロボク)が発生、最古の爬虫類が発生する。両生類時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石炭紀

    解説

  • 148

    約3.0億~2.5億年前までの期間。三葉虫、フズリナ類が大量絶滅した。裸子植物時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペルム紀(二畳紀)

    解説

  • 149

    約2.5億~6600万年前までの期間。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中生代

    解説

  • 150

    約2.5億~2.0億年前までの期間。原始的哺乳類が出現した。爬虫類時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三畳紀(トリアス紀)

    解説

  • 151

    約2.0億~1.5億年前までの期間。鳥類が出現し、爬虫類(恐竜)・アンモナイトが全盛を迎えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジュラ紀

    解説

  • 152

    約1.5億~6600万年前までの期間。被子植物が出現し、恐竜・アンモナイトなどが絶滅した。被子植物時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白亜紀

    解説

  • 153

    約6600万年前~現在までの期間。古第三紀、新第三紀、第四紀に分けられる。人類が出現し、哺乳類時代が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新生代

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ