zuknow learn together

新しい教材を作成

薬理〜中枢神経〜

カード 47枚 作成者: daigakunotame (作成日: 2016/01/19)

  • ベンゾジアゼピン系催眠薬

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ベンゾジアゼピン系催眠薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリアゾラム=超短時間型 ニトラゼパム=中時間型

    解説

  • 2

    非ベンゾジアゼピン系催眠薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゾルピデム ゾピクロン 両方超短時間型

    解説

  • 3

    ベンゾジアゼピン系催眠薬で呼吸抑制が起きたとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フルマゼニル

    解説

  • 4

    バルビツール酸系催眠薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェノバルビタール セコバルビタール ペントバルビタール

    解説

  • 5

    バルビツール酸系催眠薬で呼吸抑制が起きたとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジモルホラミン

    解説

  • 6

    ラメルテオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 催眠薬 メラトニンMT1、MT2受容体作動薬

    解説

  • 7

    統合失調症とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドパミンD2過剰活動 ドパミンD1活動抑制 の状態

    解説

  • 8

    統合失調症治療薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロルプロマジン、ハロペリドール、リスペリドン、オランザピン、クエチアピン、アリピプラゾール

    解説

  • 9

    クロルプロマジン ハロペリドール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統合失調症治療薬 中脳-大脳辺縁系のドパミンD2受容体遮断 陽性症状

    解説

  • 10

    リスペリドン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統合失調症治療薬 セロトニン5-HT2A遮断 ドパミンD2遮断 陽性、陰性症状

    解説

  • 11

    オランザピン クエチアピン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統合失調症治療薬 D2、D4、5-HT2A、α1、H1、ムスカリン受容体遮断 陽性症状

    解説

  • 12

    アリピブラゾール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統合失調症治療薬 ドパミンD2受容体部分作動薬 亢進しているところでは拮抗 5-HT2A受容体拮抗 陽性、陰性症状

    解説

  • 13

    抗不安薬と作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダンドスピロン 5-HT1A受容体作動薬、

    解説

  • 14

    抗うつ薬の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三環系、非三環系、SSRI、SNRI、NaSSA

    解説

  • 15

    三環系抗うつ薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イミプラミン、アミトリプチリン セロトニン>ノルアドの再取り込み阻害

    解説

  • 16

    非三環系抗うつ薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミアンセリン ノルアドシナプス前α2受容体遮断

    解説

  • 17

    SSRI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗うつ薬 フルボキサミン 選択的セロトニン再取り込み阻害薬

    解説

  • 18

    SNRI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗うつ薬 ミルナシプラン セロトニン、ノルアド再取り込み阻害薬

    解説

  • 19

    NaSSA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗うつ薬 ミルタザピン α2とヘテロα2遮断 5-HT2,3遮断

    解説

  • 20

    抗躁薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭酸リチウム

    解説

  • 21

    てんかんとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異常な興奮の広がりで発作が起こること グルタミン酸神経とGABA神経のバランスが崩れる

    解説

  • 22

    てんかんの症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神運動発作 大発作 小発作

    解説

  • 23

    抗てんかん薬の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電位依存性Na+チャネル遮断 バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、GABAトランスアミナーゼ阻害、T型Ca2+チャネル拮抗、抗てんかん補助薬

    解説

  • 24

    電位依存性Na+チャネル遮断

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェニトイン、カルバマゼピン てんかん部分発作、大発作

    解説

  • 25

    バルビツール酸系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェノバルビタール 抗けいれん てんかん部分発作、大発作

    解説

  • 26

    ベンゾジアゼピン系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジアゼパム てんかん重積症

    解説

  • 27

    GABAトランスアミナーゼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バロプロ酸 GABA分解酵素阻害 てんかん全ての発作に使える

    解説

  • 28

    T型Ca2+チャネル拮抗

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリメタジオン、エトスクシミド 興奮性T型Ca2+チャネル抑制 てんかん小発作のみ

    解説

  • 29

    抗てんかん補助薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガバペンチン 前シナプス電位依存性Ca2+チャネル抑制 グルタミン酸放出抑制 部分発作の併用

    解説

  • 30

    パーキンソン病とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドパミン神経が変性脱落してドパミン欠乏した状態 相対的にアセチルコリン神経が亢進している

    解説

  • 31

    パーキンソン病治療薬の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドパミン前駆物質、ドパ脱炭酸酵素阻害、COMT阻害、ドパミンD2作動薬、ドパミン遊離促進MAO-B阻害、抗コリン薬、ノルアド前駆物質

    解説

  • 32

    ドパミン前駆物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レボドパ

    解説

  • 33

    ドパ脱炭酸酵素阻害薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルビドパ、ベンセラジド

    解説

  • 34

    COMT阻害薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーキンソン病治療薬 エンタカポン

    解説

  • 35

    ドパミンD2作動薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーキンソン病治療薬 ブロモクリプチン

    解説

  • 36

    ドパミン遊離促進薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アマンタジン パーキンソン病治療薬 A型インフルエンザ治療薬

    解説

  • 37

    MAO-B阻害薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セレギニン パーキンソン病治療薬 ドパミン分解酵素阻害

    解説

  • 38

    抗コリン薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリヘキシフェニジル 薬物性パーキンソン症候群に効 パーキンソン病治療薬 線条体のムスカリン受容体遮断 相対的に亢進しているアセチルコリン神経の機能を抑制する

    解説

  • 39

    ノルアド前駆物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドロキシドパ パーキンソン病 すくみ足 L-アミノ脱炭酸酵素によってノルアドになる

    解説

  • 40

    麻薬性鎮痛薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モルヒネ、コデイン、フェンタニル

    解説

  • 41

    非麻薬性鎮痛薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペンタゾシン ブプレノルフィン トラマドール ナロキノン

    解説

  • 42

    解熱性鎮痛薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセトアミノフェン

    解説

  • 43

    がん性疼痛治療薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレガバリン

    解説

  • 44

    アルツハイマー病とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルコリンが足りない グルタミン酸神経が亢進していて学習刺激が来てもわからない

    解説

  • 45

    アルツハイマー治療薬の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリンエステラーゼ阻害 NMDA受容体拮抗

    解説

  • 46

    コリンエステラーゼ阻害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドネペジル ガランタミン リバスチグミン アルツハイマー病治療薬

    解説

  • 47

    NMDA受容体拮抗薬 (アルツハイマー病治療薬)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メマンチン グルタミン酸NMDA受容体を遮断して生理的な興奮時のCa2+流入を防いで、学習刺激が来たときに外れる

    解説

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ