zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる精神科

カード 61枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/18)

  • 振戦せん妄の治療としてジアゼパムを投与する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる精神科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    振戦せん妄の治療としてジアゼパムを投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U3 アルコール多飲者の入院などでおこりやすい。

  • 2

    短期記憶には大脳新皮質が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U4 短期記憶は海馬・乳頭体を中心とする大脳辺縁系、長期記憶は大脳新皮質。

  • 3

    一次妄想とは、その生じ方が心理的に了解できないものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U7 妄想気分、妄想知覚、妄想着想など。統合失調症の主症状のひとつ。

  • 4

    被害妄想は二次妄想である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U8 微小妄想、誇大妄想、被害妄想などが二次妄想である。妄想の形成機序がそれなりに了解できるもの。

  • 5

    昏迷とは意識消失の状態である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U10 昏迷とは意識は清明であるが意志の発動が全く見られない状態。

  • 6

    空の巣症候群は青年期に起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U12 成人期~壮年期に起こる。

  • 7

    分離不安は乳幼児期に起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U12 乳幼児期(~6歳)に人見知り、分離不安、第一次反抗期、罪悪感などを生じる。

  • 8

    自我同一性の形成は児童期におこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U12 自我同一性の形成は青年期(12~30歳)でおこる。

  • 9

    Gerstmann症候群は優位半球頭頂葉の障害でおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U14 手指失認、左右失認、失算、失書

  • 10

    Balint症候群は後頭葉の障害で起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U14 頭頂葉の広範な障害で起こる。精神性注視麻痺、視覚性運動障害、視覚性注意障害。

  • 11

    Kluver-Bucy症候群は側頭葉の障害で見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U14 視覚失認(危険物にも近づく)、何でも口に入れる、性行動亢進。

  • 12

    簡易精神症状評価尺度(BPRS)は全ての精神病を対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U17 医師が評価を行う。

  • 13

    Wechsler児童用知能検査(WISC-Ⅳ)の対象年齢は2歳~6歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U19 5~16歳である。

  • 14

    津守・稲毛発達検査では質問に対しての回答は養育者が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U21 1ヶ月~6歳の乳幼児が対象の発達テスト。簡便なので発達スクリーニングに適している。

  • 15

    抗精神病薬の副作用として乳汁分泌がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U23 高プロラクチン血症による。

  • 16

    前立腺肥大症のある、うつ患者に対しては3環系抗うつ薬が良い適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U24 3環系抗うつ薬は抗コリン作用があるので緑内障や前立腺肥大症には禁忌である。

  • 17

    悪性症候群ではCKが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U25 抗精神病薬やL-dopaの突然の中止によっておこる。CKの著増が特徴的。

  • 18

    全般性不安障害では振戦がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U29 集中困難、易刺激性、筋緊張、睡眠障害などが6ヶ月以上続く。

  • 19

    Ganser症候群は真性の認知症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U30 拘禁状態でみられる解離性のもうろう状態。偽認知症のひとつ。

  • 20

    急性ストレス障害は原因となった出来事から4週間以降に発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U32 4週間以内に発症し数日~4週間持続する。それ以降はPTSDとなる。

  • 21

    高齢発症の統合失調症は予後良好である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U38 高齢発症、急性発症、誘引のあるものは予後良好である。

  • 22

    カタプレキシーとは緊張型症候群にみられる症状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U39 緊張型症候群に見られるのはカタレプシーである。カタプレキシーはナルコレプシーにみられる情動脱力発作。

  • 23

    急性一過性精神病性障害は急性ストレスが原因でおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U39 妄想や統合失調症様の症状を呈することもある。

  • 24

    MMSEは認知症の確定診断に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U41 スクリーニングに用いられる。

  • 25

    West症候群の治療としてビタミンCを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U44 ビタミンB6、ACTH、バルプロ酸を用いる。

  • 26

    Lennox-Gastaut症候群は3~5歳の乳児期に発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U44 West症候群からの移行がある。予後不良。

  • 27

    側頭葉てんかんの第一選択はカンバマゼピンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U45 単純部分発作や複雑部分発作を示す。難治例では手術。

  • 28

    アルコール依存症のスクリーニングテストとしてCAGE質問表がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U47 減酒の必要性の自覚、批判へのいらだち、罪悪感、迎え酒

  • 29

    覚醒剤の離脱症状として疲労感がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U50 疲労感、抑うつ、睡眠障害、焦燥、脱力感などがある。

  • 30

    覚醒剤精神病では逆耐性現象がおこることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U52 少量の覚醒剤で症状が再現される。

  • 31

    神経性食思不振症では低コレステロール血症となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U55 高コレステロール血症となる。

  • 32

    REM睡眠では筋トーヌスは亢進している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U56 低下している。

  • 33

    むずむず脚症候群の治療として中枢ドパミン作動薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U58 ドパミン作動薬、GABA誘導体、抗けいれん薬など。

  • 34

    閉塞性睡眠時無呼吸症候群は肺性心の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U58 多血症、全身性高血圧賞、肺高血圧症、肺性心の原因となる。

  • 35

    本邦のナルコレプシー患者のほとんどはHLA-DR4陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U59 HLA-DR2陽性

  • 36

    自閉症では反響言語がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U63 言語発達障害として発語の遅れ、反響言語、人称の逆転などがある。

  • 37

    Rett症候群は男児にのみ発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U64 女児にのみ発症するXD遺伝疾患。自閉症に類似する。

  • 38

    精神障害者の地域生活支援としてグループホームがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U72 

  • 39

    パニック障害の治療には抗うつ薬と抗不安薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U28 SSRIとベンゾジアゼピン系を用いる。

  • 40

    パニック障害には認知行動療法が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U28

  • 41

    社交不安障害の発症には男女差がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U28 青年期の男女に多い。

  • 42

    社交不安障害がパニック発作に発展することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U28、106I32(67%) パニック発作に発展することもまれではない。

  • 43

    全般性不安障害は女性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U29

  • 44

    全般性不安障害では自律神経症状はみられにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U29、103A39(94%) めまい、動悸などがみられる。

  • 45

    強迫性障害には抗うつ薬やSSRIを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U29

  • 46

    解離性障害ではパニック発作がみられることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U30、104A15(32%) 王道ひっかけ。パニック発作と解離性障害は絶対に共存しない!!!

  • 47

    SSRIの副作用としてSIADHに注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U23 低Na血症による意識障害がみられる。

  • 48

    脊髄ろうではうつ症状をきたしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104B19(66%) むしろ躁状態となる。

  • 49

    躁病では滅裂思考がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U34、106D19(86%) 滅裂思考は統合失調症。躁病では観念奔走。

  • 50

    妄想性障害では疎通性は良好である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U39、104E59(80%) 統合失調症では疎通性は不良。

  • 51

    アルコール依存症では脂質異常症を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U47、101D19

  • 52

    アルコール離脱症状のひとつに過眠がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U48 不眠

  • 53

    Korsakoff症候群では側頭葉の萎縮が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U49、101F77

  • 54

    覚醒剤依存症には抗精神病薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U52、101G59

  • 55

    抗精神病薬には依存性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    102I38

  • 56

    モルヒネ中毒では散瞳する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U50 副交感神経刺激性なので縮瞳する。離脱症状では散瞳する。

  • 57

    摂食障害では低血圧、徐脈、低体温をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U55、103I10(83%) 

  • 58

    神経性食思不振症は神経性大食症より多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    U54 BNの方が多い。またANからBNへの移行も多い。

  • 59

    REM睡眠は朝方に多くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U56

  • 60

    チックの治療にはハロペリドールを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U67 リスペリドン、ハロペリドールを用いる。

  • 61

    応急入院は72時間以内である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    U71

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ