zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる眼科

カード 72枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/17)

  • 水晶体は無血管組織である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる眼科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    水晶体は無血管組織である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R2 角膜、水晶体、硝子体は無血管組織である。

  • 2

    角膜の知覚は顔面神経支配である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R3 三叉神経第1枝支配である。VZVにて角膜炎がおこる。

  • 3

    毛様体はぶどう膜を構成している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R3 ぶどう膜は虹彩、毛様体、脈絡膜から成る。

  • 4

    瞳孔散大筋は副交感神経支配である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R4 瞳孔括約筋は副交感神経(動眼神経)支配、瞳孔散大筋は交感神経支配である。

  • 5

    視細胞は脈絡膜動脈により栄養されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R4 網膜のうち、外顆粒層・外境界膜・視細胞層・色素上皮層は脈絡膜動脈により栄養されている。

  • 6

    黄斑部はMariotte盲点となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R5 視神経乳頭がMariotte盲点となる。

  • 7

    房水は水晶体で産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R5 房水は毛様体上皮で産生され、角膜・硝子体・水晶体などの無血管組織を栄養する。

  • 8

    顔面神経麻痺では兎眼が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R6 閉眼不全により角膜の疼痛・充血・視力低下がおこる。

  • 9

    眼動脈は外頸動脈の枝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R8 内頸動脈の枝である。

  • 10

    上眼窩裂は蝶形骨に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R9 蝶形骨には上眼窩裂、視神経管が存在する。

  • 11

    近見反応とは輻輳と同時に散瞳が起こることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R14 輻輳と同時に縮瞳が起こる。

  • 12

    間接対光反射とは光を照射してない方の瞳孔が収縮することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R15 

  • 13

    色覚検査のスクリーニングは仮性同色表を用いて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R23 診断はアロマノスコープ。

  • 14

    視覚誘発電位は多発性硬化症、視神経・網膜疾患の診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R29 網膜への光刺激によって誘発された後頭葉の電位を記録する。

  • 15

    結膜下出血は自然治癒することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R39 1~2週間で徐々に吸収される。経過観察でよい。

  • 16

    Adie症候群では患側の縮瞳がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R41 患側は散瞳する。Argyll-Robertson瞳孔では患側は縮瞳する。

  • 17

    Hoener症候群では下眼瞼の挙上が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R42 眼瞼下垂と下眼瞼の挙上がみられるため眼瞼裂狭小と呼ばれる。

  • 18

    ホモシスチン尿症では水晶体の下方脱臼が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R42 Marfanでは上方脱臼する。

  • 19

    調節性内斜視は近視が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R46 遠視が原因で過度の調節・輻輳が生じる。

  • 20

    麦粒腫の主な起炎菌は黄色ブドウ球菌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P48 Moll腺、Zeis腺、Meibom腺の化膿性炎症。

  • 21

    霰粒腫はMeibom腺への細菌感染によっておこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R49 Meibom腺の慢性炎症性肉芽腫。細菌感染ではない。

  • 22

    ウイルス性の結膜炎では顎下リンパ節の腫脹をきたしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R52 耳前リンパ節の腫脹を来たす。

  • 23

    産道におけるChlamydia trachomatisの感染は新生児封入体結膜炎を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R52 

  • 24

    アレルギー性結膜炎では眼分泌物中に好酸球が検出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R53 確定診断

  • 25

    Wilson病の治療としてD-ペニシラミンがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R61 キレート剤。銅の排泄を促進する。

  • 26

    Behcet病でみられる前房蓄膿は無菌性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R69 

  • 27

    サルコイドーシスの眼症状は片側性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R70 両側性。霧視、眼痛、飛蚊症、視力障害、肉芽腫性虹彩炎、網膜静脈周囲炎などを起こす。

  • 28

    虹彩毛様体炎にはアトロピン禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R71 治療として用いる。

  • 29

    網膜中心動脈閉塞症では強い眼痛が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R76 無痛性の高度な視力障害が突然起こる。

  • 30

    網膜色素変性症では桿体細胞の変性が原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R83 遺伝性に桿体細胞が変性し進行性の夜盲と視力低下をおこす。

  • 31

    中心性漿液性脈絡網膜症では遠視傾向となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R84 黄斑部網膜の限局性剥離のために眼軸が短くなる。

  • 32

    黄斑円孔の治療として網膜光凝固を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R87 中心窩への光凝固は禁忌。硝子体手術を行う。

  • 33

    網膜前膜はOCTにより診断できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R88 網膜表面の前膜が観察される。

  • 34

    未熟児網膜症は白色瞳孔を来たすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R91 

  • 35

    網膜芽細胞腫は伴性劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R92 常染色体優性遺伝。

  • 36

    Rb遺伝子は癌抑制遺伝子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R92 これの変異により網膜芽細胞腫がおこる。

  • 37

    副甲状腺機能低下症は白内障の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R98 その他の糖尿病、アトピー性皮膚炎、Wilson病、Fabry病、ガラクトース血症なども白内障の原因となる。

  • 38

    角膜曲率半径は超音波にて計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R99 ケラトメーターにて計測する。眼軸長は超音波にて計測する。

  • 39

    緑内障の治療としてコリン作動薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R101 PG製剤、コリン作動薬(ピロカルピン)は房水流出を促進する。

  • 40

    視神経管骨折では眼球運動障害がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R101 複視や眼球運動障害は起こさない。急激な視力障害を呈する。

  • 41

    鼻涙管は中鼻道に開口する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R7 下鼻道に開口する。

  • 42

    コンタクトレンズ装用者の角膜炎の原因として最も多い菌は黄色ブドウ球菌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R60、102I69 緑膿菌

  • 43

    瞳孔径は加齢と共に大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    102B35 小さくなる。

  • 44

    近視は凸レンズで矯正する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R44、102G20 近視は凹レンズ、遠視は凸レンズで矯正する。乱視は円柱レンズ。

  • 45

    ドライアイでは眼痛を訴える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R56、102A37 眼精疲労、異物・乾燥感、眼痛、羞明

  • 46

    老眼には近用眼鏡を処方する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R44、104A56(19%) 近くが見えにくいため。

  • 47

    近視は弱視の原因とはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R47、103D12(89%) 弱視の原因は遠視、不同視、先天性白内障など。

  • 48

    春季カタルは思春期の女子に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R53 学童~思春期の男子に多い。

  • 49

    春季カタルの患者の眼脂には好中球が多く含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R53 好酸球が多数みられる。ⅠおよびⅣ型アレルギーと言われている。

  • 50

    ウイルス性結膜炎では眼脂は漿液性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R54 

  • 51

    流行性角結膜炎では虹彩網様体炎を併発しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R65 虹彩網様体炎は前部ぶどう膜炎である。

  • 52

    流行性角結膜炎の潜伏期間は1~2日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R54 一週間ほど。急性出血性結膜炎は1日。

  • 53

    流行性角結膜炎の患者には抗ウイルス薬の点眼を処方する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R54、105B30(89%) 有効な抗ウイルス薬はない。保存的に治療する。

  • 54

    最近、クラミジア結膜炎が増加しており、患者は高齢者に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R55、100B71 最近はSTDとして若者に発症し、封入体結膜炎となる。

  • 55

    Vogt-小柳-原田病はHLA-DR4陽性例に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R67 

  • 56

    Vogt-小柳-原田病で皮膚白斑は初期に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R67 色素脱出系の症状(皮膚白斑、夕焼け状眼底)は回復期に生じる。

  • 57

    Vogt-小柳-原田病では眼底出血を来たさない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R67、107I48(64%) 超大事!!!血管のバリアの障害で水が漏れ出すが、出血はしない!!!

  • 58

    Behcet病の眼炎症発作の抑制にコルヒチンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R69 トピック

  • 59

    動脈硬化は網膜中心静脈閉塞症の危険因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R75 動脈硬化による静脈の圧迫が原因である。

  • 60

    軟性白斑より硬性白斑の方が出現時期が早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R80 硬性白斑:単純DM網膜症  軟性白斑:増殖前DM網膜症

  • 61

    網膜色素変性症では輪状暗点をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R83 輪状暗転、視野狭窄、視神経乳頭の萎縮が特徴的。

  • 62

    硬性白斑の病態はフィブリンや脂質の沈着である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R18 軟性白斑の病態は網膜細胞の虚血性変化。

  • 63

    視神経炎では眼球運動痛が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R95 急激な視力低下、眼球運動痛、色覚異常が特徴的。

  • 64

    原発性開放隅角緑内障ではβ遮断薬の経口投与を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R101 β遮断薬、炭酸脱水素阻害薬、PG製剤、コリン作動薬の点眼を行う。

  • 65

    Sturge-Weber症候群では発達緑内障が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R104、101H13 乳児から眼圧の上昇がみられ、牛眼(角膜径が12mmを超える)を呈する。

  • 66

    緑内障は40歳以上の200人に1人に見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    20人に1人。

  • 67

    眼内異物の確認には網膜電図が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    101G12 CTが最も有効。MRIは禁忌

  • 68

    Goldmann三面鏡では眼底が観察できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R21、107E8(92%) 前房隅角と眼底の観察ができる。

  • 69

    Hess赤緑試験は色覚異常の検査に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    R26、107G49(40%) 眼球運動検査に用いる。

  • 70

    急性緑内障発作の治療にはピロカルピンとマンニトールを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R102 アトロピンは絶対に選ばない!!!!!

  • 71

    急性緑内障発作の診断補助として眼球の触診が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    眼圧がめっちゃあがると、石のように硬くなる。

  • 72

    急性緑内障発作では角膜浮腫が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    R103 角膜内皮の障害による。

56662

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ