zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる婦人科

カード 61枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/17)

  • 正常な月経周期のある女性では卵巣の大きさは鶏卵大である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる婦人科。
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    正常な月経周期のある女性では卵巣の大きさは鶏卵大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P2 卵巣は拇指頭大、子宮は鶏卵大である。

  • 2

    固有卵巣索は子宮と卵巣をつなぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P5 骨盤内臓器同士をつなぐ固有の靭帯。卵巣提索は卵巣と骨盤壁を結ぶ。

  • 3

    尿管は総腸骨動脈の腹側を通る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P10 

  • 4

    PRLは視床下部からのGnRH分泌を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P12 PRLは視床下部からのGnRHと下垂体からのゴナドトロピンの分泌を抑制する。

  • 5

    卵胞期ではLHは卵胞莢膜細胞に作用してコレステロールをプロゲステロンに変換する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P13 LHは卵胞期にはコレステロールからアンドロゲンを産生し、黄体期にはコレステロールからプロゲステロンを産生する。

  • 6

    インヒビンは顆粒膜細胞から分泌され、FSH分泌を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P13 インヒビンは卵胞期に顆粒膜細胞から分泌されFSHを抑制する。

  • 7

    エストロゲンは頸管粘液の粘調度を上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P14 エストロゲンにより頸管粘液は増え、粘調度は下がり、牽糸性は上がる。

  • 8

    黄体が白体化するとエストロゲンとプロゲステロンは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P16 急激なエストロゲン・プロゲステロンの低下が消退出血を引き起こす。

  • 9

    急激な体重減少に伴う無月経は視床下部性の無月経である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P25 急激な体重減少によりGnRHパルスの間隔が延長して無月経をおこす。

  • 10

    挙児希望のある第1度無月経の治療にはクロミフェンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P28 クロミフェンは経口投与可能。排卵を誘発させる。

  • 11

    挙児希望のある第2度無月経の治療にはKaufmannn療法を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P28 ゴナドトロピン療法で排卵を誘発する。Kaufmann療法は月経様出血をおこす治療法。Turner症候群などで用いる。

  • 12

    Chiari-Frommel症候群は分娩後から持続する長期の無月経をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P29 分娩・授乳期から高PRL状態が持続することで起こる。

  • 13

    神経性食思不振症ではコルチゾールが低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P30 GH、コルチゾールは上昇する。

  • 14

    神経性食思不振症では低血糖をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P30 徐脈、低血圧、低体温、低血糖、貧血が特徴的。

  • 15

    Sheehan症候群の患者で挙児希望が有る場合はクロミフェン療法を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P31 下垂体の機能低下症なので無効。hMG-hCG療法を行う。

  • 16

    PCOSではゲスターゲン試験にて消退出血をみとめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P33 第1度無月経である。クロミフェン療法は無効なことが多い。多くはゴナドトロピン療法を行う。

  • 17

    PCOSではLH低値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P32 LH高値、FSH低値~正常値であることが多い。

  • 18

    PCOSではE1/E2比が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P32 増加したアンドロステンジオンが末梢でE1に変換されるため。

  • 19

    Kallmann症候群は卵巣性の無月経をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P34 視床下部性である。嗅覚低下が特徴的。

  • 20

    卵巣はMuller管から発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P36 生殖隆起から発生する。Muller管から発生するのは卵管、子宮、膣上部。

  • 21

    尿管はWolff管から発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P36 女性・男性ともに尿管はWolff管から発生する。

  • 22

    精巣性女性化症候群は男性仮性半陰陽である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P40 性染色体は男性型である。

  • 23

    精巣性女性化症候群(アンドロゲン不応症)は伴性劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P40 家族性でありXR遺伝。

  • 24

    Turner症候群では大動脈縮窄症を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P42 大動脈縮窄症や大動脈閉鎖不全などの心奇形を合併しやすい。

  • 25

    膣内のDoderlein桿菌は乳酸を産生している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P51 エストロゲン作用により産生されたグリコーゲンを分解して乳酸をつくり、膣内pHを4前後に保つ。

  • 26

    膣トリコモナス症の治療としてエストロゲンの膣錠を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P51 膣トリコモナス症の治療にはメトロニダゾールの経口投与を行う。エストロゲン膣錠は萎縮性膣炎に用いる。

  • 27

    性器ヘルペスでは細胞診にて多核巨細胞を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P57 多核巨細胞、核内封入体を認める。

  • 28

    尖形コンジローマはHPV16、18型が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P58 HPV6型と11型である。

  • 29

    尖形コンジローマは新生児の喉頭乳頭腫の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P58 新生児に垂直感染すると幼児期に喉頭乳頭腫を来たす。

  • 30

    女性不妊の原因で最も多いのは卵管性不妊である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P62 

  • 31

    我が国において、200人に1人の児が体外受精-胚移植によって生まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P68 40人に1人

  • 32

    卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の治療として輸液とアルブミンの投与を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P70 輸液によって血液濃縮・電解質異常の補正を行い、アルブミンによって循環血液量の確保を行う。

  • 33

    卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状は妊娠によって軽快する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P70 妊卵由来のhCGが増えるため症状は悪化する。

  • 34

    ピルの服用により子宮頸癌のリスクは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P71 ピルにより子宮体癌、卵巣癌のリスクは減少するが、子宮頸癌のリスクは増大する。

  • 35

    早発卵巣不全の治療としてKaufmann療法を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P76 基本はKaufmann療法(エストロゲン+ゲスターゲン)。挙児希望がある場合はhMG-hCG療法を行う。

  • 36

    萎縮性膣炎の治療としてエストロゲンの膣内投与を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P79 エストリオール(E3)の膣内投与。

  • 37

    卵巣チョコレート嚢胞は卵巣癌の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P88 エストロゲンが減少する閉経期に軽快するが、その前後に卵巣癌への移行がおこる。

  • 38

    子宮内膜症ではCA125が高値となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P89 病変の大きさと相関関係があるが、重症度には相関しない。

  • 39

    チョコレート嚢腫はMRIのT1強調画像で低信号となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P88 T1、T2、脂肪抑制のいずれでも高信号となる。

  • 40

    子宮腺筋症の症状は妊娠により軽快することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P90 子宮内膜症性疾患は妊娠で症状が軽快する。子宮筋腫は増悪する。

  • 41

    子宮頸癌において水腎症がみられたらⅢB期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P102 子宮傍組織浸潤でⅡB、骨盤壁・水腎症はⅢB

  • 42

    PCOSは子宮体癌のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P105 PCOSやエストロゲン産生腫瘍はリスクである。

  • 43

    顆粒膜細胞腫の腫瘍マーカーとしてアンドロゲンが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P111 エストラジオール。Sertoli・間質細胞腫瘍がアンドロゲン。

  • 44

    粘液性腺癌の腫瘍マーカーとしてCA19-9が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P111 CA19-9、CEAなどが有用である。

  • 45

    正常ゲノム卵への2精子受精では全胞状奇胎となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P123 部分胞状奇胎となる。全胞状奇胎は雄性発生でおこる。

  • 46

    絨毛癌は肺転移しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P125 血行性転移が多く肺転移が最多。

  • 47

    子宮動脈は外腸骨動脈から分岐する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P7、104G25(94%) 内腸骨動脈から子宮動脈、上膀胱動脈、閉鎖動脈などが分岐する。

  • 48

    Wolff管のの発育はLeydig細胞より分泌されるテストステロンによって促される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P36

  • 49

    機能性子宮出血は思春期と更年期に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P22、103I64(86%) 様々な内分泌異状によって起こる子宮内膜からの不正出血。

  • 50

    器質性月経困難症は30歳以降に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P24 子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症などが原因で起こる。

  • 51

    Kallmann症候群は男性には見られない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P34 女性はKaufmann療法、男性はhCG投与で治療を行う。

  • 52

    クロミフェンはエストロゲン分泌を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P23、101B97 クロミフェンは視床下部のエストロゲン受容体に結合しネガティブFBを起こす。

  • 53

    OHSSでは血管透過性の亢進によりHtは上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P69、102G26 血液濃縮がおこる。

  • 54

    細菌性膣炎では膣内pHは低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P51、104D20(19%) 酸性化が障害されてpHは上昇する。

  • 55

    Kallmann症候群は薬物治療によって妊孕性が回復しうる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P34、106D5(65%) ゴナドトロピン投与により妊孕性は改善する。

  • 56

    脂質異常症はエストロゲン補充療法の禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P78 良い適応。エストロゲン依存性の癌、血栓症の既往、肝障害などが禁忌。

  • 57

    子宮内膜症は仙骨子宮靭帯に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P88、101F48

  • 58

    子宮頸癌は扁平上皮癌が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P94

  • 59

    卵巣奇形腫は若年に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P120 10代後半から30歳代に多い。

  • 60

    一度胎児が認められたのちに胞状奇胎となったものは全胞状奇胎である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P123、107D40(50%) 部分胞状奇胎。全胞状奇胎は胎児成分がない。

  • 61

    乳腺線維腺腫は経過観察でよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I164 20~30代に多い良性腫瘍。

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ