zuknow learn together

新しい教材を作成

レベル3(12)実力問題(必修1問+一般10問)【柔道整復師国家試験対策:関係法規】

カード 11枚 作成者: Yuzuru Itoh (作成日: 2016/01/15)

  • 施術所の届出事項にないのはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

平成26年度第3回校内模試の問題です.

【柔道整復師国家試験対策:関係法規】はレベル1〜3まであります.
レベル1:過去問題で基本的な問題(全13回)
レベル2:過去問題で標準的な問題(全12回)
レベル3:模試問題で国家試験レベルの問題
※レベル1~2は,柔道整復師の国家試験過去問題を分野別に構成しています.
※レベル3は,株式会社ジャパン国試合格様の格別のご厚意により模擬試験の問題および解説を提供していただきました.
※ジャパン国試合格およびジャパン模試につきましては http://jkokushi.jp/ をご覧下さい.

免責事項
記載内容には十分注意して作製しておりますが,記載内容等により生じた結果や損害に対し,株式会社ジャパン国試合格および教材作成者のYuzuru Itohは一切責任を負いません.

※zuknowの機能上,「改行されず問題が読みにくい」,「選択枝の番号がおかしい」という現象があります.4択問題をzuknowで学修するためには現状の表示方法しかなく,X2問題(解答を二つ選ぶ)もX1問題(解答を一つ選ぶ)に変更しています.改善要望は出しております.

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    施術所の届出事項にないのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4. 開設者の生年月日
    • 誤答選択肢 1. 開設の年月日
    • 2. 業務に従事する柔道整復師の氏名
    • 3. 名 称

    解説

    生年月日や性別などは、免許登録事項にあるが、施術所開設には必要のない項目である。

  • 2

    説明と同意で誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2. 柔道整復師は該当しない。
    • 誤答選択肢 1. 医療法に規定される。
    • 3. 後遺症も説明する。
    • 4. 患者は同意をしても撤回できる。

    解説

    説明と同意は柔道整復師を含むすべての医療従事者の努力義務である。患者は、同意をいつでも撤回することができる。医療者と患者の関係は現代では契約モデルと言われる。

  • 3

    柔道整復師の行為で正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 施 術
    • 誤答選択肢 2. 診 察
    • 3. 診 断
    • 4. マッサージ

    解説

    柔道整復師の業務は施術であり、診察や診断は医師の行う行為である。マッサージは医師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士などの行為である。

  • 4

    成文法で上位の法令はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 法 律
    • 誤答選択肢 2. 条 例
    • 3. 規 則
    • 4. 省 令

    解説

    法の原則は前法(従前からある法令)と後法(新しく制定された法令)がある場合は、後法が優先され、上位法が優先される。 ①憲法、②条約、③法律、④命令(政令、府令、省令、規則等)、⑤地方自治体の条例・規制 の順である。

  • 5

    免許取消で免許証の返納期日で 正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2. 5日以内
    • 誤答選択肢 1. 3日以内
    • 3. 10日以内
    • 4. 30日以内

    解説

    免許が取り消された場合、5日以内に厚生労働大臣に免許証を返納しなくてはならない。

  • 6

    施術所の監督を行うのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4. 都道府県知事
    • 誤答選択肢 1. 保健所
    • 2. 厚生労働大臣
    • 3. 総務省

    解説

    施術所の監督は都道府県知事であり、柔道整復師免許に関することは厚生労働大臣である。よって、施術所に対する報告や検査なども、都道府県知事の権限である。

  • 7

    施術所の広告で正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 柔道整復師の氏名
    • 誤答選択肢 2. 治療機器の紹介
    • 3. 施術の費用
    • 4. 柔道整復師の経歴

    解説

    施術所の広告には制限があり、施術費用、施術方法や施術者の経歴などは広告することができない。

  • 8

    業務上知り得た秘密を漏らした 場合、親告罪の規定がないのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2. 指定登録機関の職員
    • 誤答選択肢 1. 柔道整復師
    • 3. 医 師
    • 4. 薬剤師

    解説

    指定登録機関及び指定試験機関の役員や職員が秘密を漏らした場合、親告罪の規定はない。そのため、被害者は告訴を必要としない。

  • 9

    医師の行政処分でないのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 罰 金
    • 誤答選択肢 2. 戒 告
    • 3. 3年以内の医業の停止
    • 4. 免許の取消し

    解説

    罰金は行政処分でなく、刑事処分である。戒告は行政上の義務履行を催告する通知行為であり、医師に対する行政処分の一つにある。

  • 10

    「医療に関する選択の支援等」の 記載がある法律と同一の法律に定義されるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3. 医療の安全の確保
    • 誤答選択肢 1. 医師の応召義務
    • 2. 施術所の構造設備
    • 4. 看護師の業務

    解説

    「医療に関する選択の支援等」は医療法に規定されており、選択肢の中では「医療の安全の確保」が医療法にある。医療法は多岐にわたる内容が規定されているので、全体像や大項目を把握する必要がある。

  • 11

    介護保険法の認定区分で介護の 度合いが最も重いのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3. 要介護5
    • 誤答選択肢 1. 要介護1
    • 2. 要支援2
    • 4. 要支援1

    解説

    認定区分は、要支援1~2、要介護1~5までの7段階あり、要介護5は介護なしには日常生活を送ることがほぼ不可能な状態とされる。

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ