zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる泌尿器科

カード 55枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/11)

  • 精子細胞から精子への分化はFSHとテストステロンによって促進される。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる泌尿器科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    精子細胞から精子への分化はFSHとテストステロンによって促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W6 

  • 2

    尿管は後腹膜腔に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W2 腎、尿管は後腹膜腔に存在する腹膜後臓器。膀胱は腹膜下腔に存在する。

  • 3

    腎の血流量は心拍出量の約5%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W2 20~25%である。 腎臓 20% 脳 15% 心臓 5%

  • 4

    右腎静脈は上腸間膜動脈と大動脈の間を通る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W3 左腎動脈。

  • 5

    尿管は総腸骨動静脈の前面を通る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W3 精巣動静脈の後ろを通って総腸骨動静脈の前を通り膀胱三角に開口する。

  • 6

    尿管は蠕動運動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W3

  • 7

    膀胱の筋層は2層である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W4 3層。内縦、中輪、外縦。

  • 8

    Sertoli細胞は精細管の内腔に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W6 精細管の内腔にはSertoli細胞、精細胞(精祖細胞、精母細胞、精子細胞)、未熟な精子が存在する。

  • 9

    Sertoli細胞はLHの作用でテストステロンを分泌する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W6 それはLeydig細胞。Sertoli細胞はFSHの作用で精子形成に関わる。

  • 10

    Sertoli細胞は放射線に対する感受性が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W6 感受性は高い。よって容易に造精機能障害をおこす。一方Leydig細胞は放射線感受性が低い。

  • 11

    精液の大部分は精嚢液で構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W6 精液の80~90%は精嚢液である。精巣成分は1~3%。残りは前立腺液。

  • 12

    内尿道括約筋は不随意筋である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W7 外尿道括約筋は随意筋。

  • 13

    逆行性腎盂造影はヨードアレルギーの患者には禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W16 ヨードアレルギーでも可能。静脈性尿路造影はヨードアレルギー禁忌。

  • 14

    尿流測定では排尿量が測定できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W16 排尿量、排尿時間、排尿率、最大尿流率、排尿パターンが評価できる。残尿量は測定できない。

  • 15

    腎は吸気時に触知しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W17 患者は仰臥位、膝屈曲位で触診する。

  • 16

    停留精巣は新生児の1%未満でみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W31 3~4%でみられる。6ヶ月から1歳までは自然下降を期待する。

  • 17

    停留精巣は低体重出生児に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W31 原因として胎生期のテストステロン分泌低下などが言われている。

  • 18

    腎損傷の診断ではIVUを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W34 IVU(排泄性尿路造影)は診断に有用。逆行性腎盂造影は感染の危険があるため行わない。

  • 19

    腎細胞癌は近位尿細管由来である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W40 近位尿細管由来の上皮性悪性細胞。淡明細胞癌が多い。

  • 20

    腎細胞癌は脳転移が圧倒的に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W40 血行性転移が主で、肺転移が多い。

  • 21

    腎細胞癌の治療として分子標的薬が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W41 転移例などに用いる。IFN、IL-2、分子標的薬などの投与を行う。

  • 22

    Wilms腫瘍は高齢者に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W41 2~5歳に好発する。予後は比較的良好。

  • 23

    Wilms腫瘍はたいてい正中線を越えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W42 正中線をこえることは稀。神経芽腫は正中線を越える。

  • 24

    前立腺癌はエストロゲンで発育抑制される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W46 アンドロゲンで発育促進、エストロゲンで発育抑制される。

  • 25

    I-PSS(国際前立腺症状スコア)は点数が低いほど重症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W49 点数が高いほど重症。

  • 26

    前立腺肥大症の治療としてエストロゲン薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W49 エストロゲン薬は前立腺癌の治療に用いる。

  • 27

    停留精巣ではセミノーマの発生率が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W50 10倍程度上昇するといわれている。

  • 28

    セミノーマは非セミノーマより予後不良である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W51 セミノーマの方が予後良好とされる。

  • 29

    セミノーマは放射線感受性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W51 高位精巣摘徐術後、放射線療法・化学療法を行う。

  • 30

    尿酸結石の予防には尿のアルカリ化が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W55 尿酸結石、シスチン結石の予防には尿のアルカリ化が有効。クエン酸製剤、重炭酸ナトリウムなどを用いる。

  • 31

    クラミジアはLoffer染色で染まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W57 Loffer染色で染まるのは淋菌。

  • 32

    尿路結核では無菌性膿尿が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W59 一般染色標本で無菌、抗酸菌染色で赤く染まる桿菌がみられる。

  • 33

    精巣上体炎の疼痛は精巣を挙上すると軽減する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W61 精巣捻転症ではもっと痛くなる。

  • 34

    過活動膀胱の治療薬としてコリン作動薬がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W71 抗コリン薬を用いる。ただし前立腺肥大症がある場合は禁忌。

  • 35

    精巣静脈瘤は左側に発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W72

  • 36

    常染色体優性多発性嚢胞腎は40~50代で発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W21 ADPKDは成人、ARPKDは新生児。

  • 37

    停留精巣は3歳までは自然下降が期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W31,101H15 6ヶ月~1歳まで。自然下降しない場合は2歳までに精巣固定術。

  • 38

    停留精巣は片側性のものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W31、107D43(95%) 片側性が80%。

  • 39

    陰嚢水腫では穿刺を行っても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W32 精巣腫瘍では禁忌。

  • 40

    ベンゼンは膀胱癌の危険因子である、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W43 ベンゼンは白血病。膀胱癌はナフチルアミン、ベンジジン、オーラミンなど。

  • 41

    膀胱癌は多中心性に発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W42、104A37 多中心性とはひとつの臓器に腫瘍があちこち多発すること。

  • 42

    尿膜管癌は移行上皮癌が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W45 腺癌が多い。

  • 43

    前立腺癌は前立腺の辺縁域に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W46 前立腺癌は辺縁域、前立腺肥大症は移行域。

  • 44

    精巣腫瘍を疑った場合、速やかに高位精巣摘除術を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W51、101A39 治療と診断をかねている。

  • 45

    リンパ節転移のある精巣腫瘍では高位精巣摘除術は行わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W51 転移の有無に関わらず行う。

  • 46

    セミノーマは胚細胞腫瘍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W50 精巣腫瘍の分類ではセミノーマは胚細胞腫瘍に含まれる。

  • 47

    腎盂癌は移行上皮癌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    101F50

  • 48

    尿路結石では痛みが会陰部に放散する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103C23(97%)

  • 49

    妊婦の尿路結石の疼痛緩和にはインドメタシンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W55、103A55(32%) インドメタシンは禁忌。アセトアミノフェンを用いる。

  • 50

    尿路結石ではシスチン結石が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W53、104I9(66%) シュウ酸カルシウム結石が80%

  • 51

    糖尿病は尿路結石のリスクである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    W54、105D18(66%) 糖尿病は尿路結石発症のリスクにはならない。

  • 52

    クラミジア感染症は男性では精巣上体炎や前立腺炎を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W61、107I37(57%)

  • 53

    切迫性尿失禁の原因としてパーキンソン病や脳血管障害がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    W68、105I34(31%) 

  • 54

    シクロホスファミドは膀胱癌のリスクを増大させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    109D58

  • 55

    膀胱上皮内癌の治療第一選択はTUR-Btである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    膀胱内上皮内癌:BCG注入、Ta,T1膀胱癌:TUR-Bt

56894

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ