zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる産科

カード 107枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/11)

  • 絨毛膜羊膜炎は早産の原因となる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる産科。
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    絨毛膜羊膜炎は早産の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P197 不顕性CAMの場合、抗菌薬や子宮収縮抑制薬によって早産を予防する。顕性CAMの場合、多くはターミネーションとなる。

  • 2

    妊娠22週における推定胎児体重は約500gである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P157 児の子宮外での生育下限である。

  • 3

    一次卵母細胞は排卵直前に二次卵母細胞となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P137 胎生期に一次卵母細胞は第一減数分裂前期まで進む。そのまま休止期に入り思春期に分裂再開し、排卵直前に二次卵母細胞となる。

  • 4

    絨毛からのhCGの働きにより黄体は退縮せず、妊娠黄体となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P140 妊娠黄体は胎盤が発達するまでの間、ホルモンを産生して妊娠を維持する。

  • 5

    受精卵が着床する時期の子宮内膜は増殖期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P141 分泌期

  • 6

    胎児の肺の機能的な成熟は妊娠28週ごろに完了する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P144 肺は妊娠26週頃に構造が完成し、妊娠34週頃に機能的に成熟する。

  • 7

    胎児のHb濃度は成人よりも高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P146 胎児Hbは酸素との親和性が高く、血中濃度も高いため単位面積当たりの酸素結合量が多い。

  • 8

    絨毛膜は母体由来の構造物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P148 胎児由来。絨毛細胞層と絨毛間質からなる。

  • 9

    羊膜は羊水を産生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P149 羊水は羊膜、胎児皮膚、肺、腎臓で産生される。

  • 10

    妊娠7週頃には妊娠黄体は白体となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P150 妊娠7週ごろにはエストロゲン・プロゲステロンの産生場所は妊娠黄体から胎盤へと移る。

  • 11

    hCGはSyncytium細胞で産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P150 Stncytium細胞(合胞体栄養膜細胞)で産生されたhCGは黄体や甲状腺を刺激する。

  • 12

    血中hCG濃度のピークは分娩直前期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P150 妊娠8~10週頃にピークとなる。

  • 13

    hPLは胎児への糖供給を促す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P151 母体のグルコース取り込みを抑える。

  • 14

    妊娠時は線溶系が活性化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P155 凝固系が活性化する。線溶系の活性は低下。

  • 15

    胎児心拍は妊娠6~7週頃からエコーで観察される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P158 

  • 16

    胎児心拍数陣痛図(CTG)における胎児心拍数の正常値は110~160bpmである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P162 正常胎児では6~25bpm程度の細変動がみられる。

  • 17

    CTG上でサイナソイダルパターンが見られた場合、胎児貧血や低酸素状態を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P163 基線そのものが規則正しい正弦波を示す。

  • 18

    多胎妊娠の場合、胎児状態の把握のためCSTが良い適応となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P164 CST[は前期破水、帝切既往、前置胎盤、多胎妊娠、切迫早産、頸管無力症などで禁忌となる。

  • 19

    羊水検査は妊娠15週以降に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P165 流産の危険性もある。

  • 20

    妊娠悪阻では代謝性アシドーシスを来たすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P170 摂食障害によるケトン体、窒素代謝物の産生で代謝性アシドーシスをきたす。頻回の嘔吐では代謝性アルカローシスも来たす。

  • 21

    切迫流産では子宮口は開大していない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P172 妊娠の継続が可能である。進行流産では子宮口は開大しており妊娠の継続は不可能。

  • 22

    異所性妊娠では子宮内膜生検で脱落膜様変化がみとめられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P173 ただし頸管妊娠では子宮内膜組織診は出血するため禁忌。

  • 23

    常位胎盤早期剥離は新生児の脳性麻痺の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P180 周産期低酸素による脳性麻痺児のうち4人に1人が早剥が原因。

  • 24

    前置胎盤による出血は激痛を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P182 無痛性性器出血をきたす。これを警告出血という。

  • 25

    二分脊椎では羊水過少症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P186 羊水過多症をきたす。

  • 26

    過期妊娠では羊水過多症となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P187 胎盤機能不全により羊水過少症となる。

  • 27

    母体の不規則抗体を調べるために直接Coombs試験を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P193 間接Coombs試験を行う。直接Coombs試験は胎児の抗Rh抗体を測定する場合に行う。

  • 28

    Rh血液型不適合妊娠における子宮内胎児輸血では、胎児と同じRh(+)の血液を輸血する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P193 O型Rh(-)の血液を用いる。

  • 29

    陣痛発来以前に破水したものを前期破水という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P199 生化学的検査にてAFP、IGFBP-1、癌性胎児フィブロネクチンが陽性となる。

  • 30

    過期産は胎便吸引症候群の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P200 羊水が混濁している。

  • 31

    妊娠高血圧症では循環血液量が増加している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P177 血漿成分が血管外に漏出するため減少している。

  • 32

    SLE合併妊娠は妊娠高血圧症候群を発症しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P203 

  • 33

    1型糖尿病妊婦では低出生体重児になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P207 

  • 34

    妊娠18週以降の風疹感染では、高確率で胎児は先天性風疹症候群を発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P209 妊娠12週未満では90%以上で発症する。妊娠18週以降では胎児がCRSを発症する確立はほぼ0%となる。

  • 35

    巨細胞封入体症では感音性難聴がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P211 小頭症、頭蓋内石灰化、網脈絡膜炎など。

  • 36

    E型肝炎は母子感染する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P213 A、E型肝炎は母子感染しない。

  • 37

    妊娠末期のGBS陽性妊婦は分娩中にペニシリン点滴静注を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P215 産道感染を受けた新生児の1%は敗血症、肺炎、髄膜炎などの致命的な経過をたどる。

  • 38

    産科的真結合線とは岬角と恥骨結合後面を結んだ線である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P221 CPDの診断に重要。

  • 39

    反屈位とは胎勢の異常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P224 胎勢は胎児の姿勢であり、正常は屈位。

  • 40

    回旋は第二回旋後の児頭後頭部の向きである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P226 第1前方後頭位、第2前方後頭位が正常。

  • 41

    分娩開始前の破水を早期破水という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P231 分娩開始前は前期破水。子宮口全開大前は早期破水。

  • 42

    児頭が陥入した状態では児頭先進部は坐骨棘間線を越えている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P230 坐骨棘間線はstation0の位置である。

  • 43

    陣痛の平均的な持続時間は60~70秒である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P240 30~40秒以内で微弱陣痛、2分以上で過強陣痛を疑う。

  • 44

    多胎妊娠は続発性微弱陣痛の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P241 原発性微弱陣痛の原因。多胎妊娠、羊水過多、子宮筋腫、帝切既往、頻回分娩、子宮奇形などがその原因となる 。

  • 45

    児頭骨盤不均衡は続発性微弱陣痛の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P241 胎位異常、CPD、前置胎盤、遷延分娩、巨大児などは続発性微弱陣痛の原因となる。

  • 46

    プロスタグランジンは子宮頚管熟化作用がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P242 オキシトシンとの併用は過強陣痛を招くため禁忌。

  • 47

    Seitz法で陽性の場合、児頭骨盤不均衡(CPD)の可能性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P243 陽性の場合、CPDの可能性は高い。

  • 48

    出生体重が3500g以上の児を巨大児という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P245 4000g以上。

  • 49

    胎勢異常のうち、最も通過面が大きくなるのは額位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P246 帝王切開の適応となる。

  • 50

    臍帯卵膜付着では胎児機能不全に陥りやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P253 圧迫によって容易に血流が絶たれる。

  • 51

    前置血管と診断された場合、帝王切開が選択されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P253 容易に大量出血をきたし、胎児機能不全となるため。

  • 52

    臍帯脱出では緊急帝王切開を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P254 胎児機能不全の原因となる。頭位では特に予後不良。

  • 53

    分娩時の出血は1000ml未満が正常とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P257 500ml未満。

  • 54

    羊水塞栓症では血液検査にて亜鉛コプロポルフィリン1が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P266 ZnCP-1、シアリルTNが見られる。ただしこれらが認められなくても羊水塞栓は否定できない。

  • 55

    切迫子宮破裂では分娩中に収縮輪の下降が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P266 収縮輪の上昇がみられる。(切迫子宮破裂兆候)

  • 56

    塩酸リトドリンはβ2受容体遮断薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P273 β2受容体刺激約である。

  • 57

    新生児の頭血腫は骨縫合を超えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P275 産瘤、帽状腱膜下血腫は骨縫合を超える。

  • 58

    帽状腱膜下血腫は骨膜下にできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P275 帽状腱膜と骨膜の間隙に存在する血管が破綻して起こる。

  • 59

    分娩後2~3日は赤色悪露がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P279 1週間で褐色、2~3週間で淡黄色となる。

  • 60

    卵胞数は思春期に最大となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P136、102B33 胎児期に最大数(700万個)となる。

  • 61

    思春期の減数分裂の再開はFSHの刺激による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P137 LHサージによる。

  • 62

    自然妊娠における流産率は10~15%にのぼる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104B39(84%)、P171

  • 63

    受精後30~36時間ほどで細胞分裂が始まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P141、107B17(96%)

  • 64

    胎児心臓は外胚葉より発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P142、106E35(76%) 脈管系は中胚葉より発生する。

  • 65

    胎児心拍数は妊娠初期に最も増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    106E35(76%)

  • 66

    胎児は20分毎に覚醒と睡眠を繰り返している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    101B83

  • 67

    胎便には大腸菌が豊富に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104B29(77%) 胎便は無菌である。

  • 68

    セフェム系、ペニシリン系は妊婦に投与しても問題ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P143、102G25 テトラサイクリン、アミノグリコシド、ニューキノロン、ST合剤は禁忌。

  • 69

    胎児の動脈血酸素分圧は成人に比べて高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P146、107E33(86%) SaO2:55~60%、PaO2:20~22Torr

  • 70

    胎児は母体に比べて血糖値が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    107E33(86%) 母体より20mgほど低い。

  • 71

    動脈管は出生後半日程度で機能的に閉鎖する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P145、100G33 機能的閉鎖は半日、器質的閉鎖は数日。 卵円孔は数分で機能的閉鎖する。

  • 72

    卵膜の構造は内側から羊膜、絨毛膜、脱落膜である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P148、106G68(87%) 

  • 73

    胎盤は妊娠24週で完成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P147、101B49 妊娠16週までに完成し、10ヶ月まで増大し続ける。

  • 74

    尿中hCGは妊娠4~5週でピークとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P150 約10万IU/L

  • 75

    妊娠によって膣内pHは低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P153、107E13(45%)

  • 76

    絨毛検査は妊娠30週頃に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P165、101B90 妊娠14週頃に行う。

  • 77

    BPSスコア9点は異常とみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P165 8点以上で問題なし。

  • 78

    妊娠20週での胎児推定体重は大体1000gである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P157 妊娠30週で1500g、その前後3週ごとに500g増減する。

  • 79

    ビタミンAの過剰摂取は口蓋裂を誘発することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P168 ビタミンAは過剰摂取により催奇形性がある。

  • 80

    稽留流産を認めたら子宮内容除去術を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P172、103F27(25%) 稽留流産、進行流産、不全流産では子宮内容除去術。

  • 81

    習慣流産のうちおよそ半数が原因不明とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P171 原因不明、内分泌異常、免疫学的異の順に多い。

  • 82

    出血前の異所性妊娠ではメトトレキサートが保存的治療として用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P175 全身投与や局所療法で用いられるが保険適用はない。

  • 83

    妊娠高血圧の患者が視覚異常を訴えたら子癇前駆症状を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P178、101G1 頭痛、視覚障害、腹痛、反射亢進などは前駆症状とされる。硫酸Mgを投与。

  • 84

    前置胎盤は癒着胎盤の危険因子となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P185、101F4 前置胎盤、帝王切開既往、頻産婦、多胎妊娠、子宮内容除去術既往、高齢、奇形

  • 85

    染色体異常による胎児発育不全では均衡型発育不全となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P191、102A4 胎児要因では均衡型、母体要因では不均衡型となりやすい。

  • 86

    1000g未満は超低出生体重児である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    102B43 2500g未満:低体重児、1500g未満:極低出生体重児、1000g未満:超低出生体重児

  • 87

    妊娠中の下肢静脈血栓症に対する第一選択約はワルファリンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    107I41(80%) ワルファリンは妊婦に禁忌!! 第一選択はヘパリン。

  • 88

    妊娠中の糖尿病コントロールは経口血糖降下薬で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P208、103A33(97%) インスリンで行う。経口血糖降下薬は禁忌。

  • 89

    妊娠糖尿病では胎便吸引症候群が起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    105I53(61%) 胎盤機能不全からの胎児機能不全による。妊娠DMに特異的ではない。

  • 90

    妊娠糖尿病では食後血糖値のコントロール目標は153g以下である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P207、101F3 食前100、食後120以下を目標にしている。厳しい。

  • 91

    HIV陽性妊婦では妊娠中も抗HIV薬を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P213、102I34 児にも予防的に抗HIV薬を投与する&帝王切開&母乳禁止

  • 92

    風疹は産道感染しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P208、103A19(83%) 風疹、パルボウイルス、HTLV-1、トキソプラズマは産道感染しない。

  • 93

    HBV陽性妊婦から生まれた児が感染陰性の場合、抗HBs免疫グロブリンを投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P213 104E5(76%) 抗HBs免疫グロブリンを投与しその後ワクチンも投与する。

  • 94

    胎動の増加は分娩前駆症状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    103E31(43%) 胎動は減少する。

  • 95

    初産婦では分娩時間32時間は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P228、101B85 初産婦で30時間、経産婦で15時間以内とされている。

  • 96

    Bishopスコアの満点は12点である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P234 13点

  • 97

    分娩直後の子宮底は臍窩上に触知する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    101E12 臍下3横指。分娩後12時間で臍高となる。

  • 98

    低在横定位は第二回旋の異常で起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P247

  • 99

    子癇はDICの原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    107I1(47%)

  • 100

    プロスタグランジンF2αは子宮収縮抑制薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P264 子宮収縮促進薬である。弛緩出血に用いる。

  • 101

    頭位分娩では腕神経叢と横隔神経の損傷に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    105I39(15%) 横隔神経は腕神経叢の一部である。

  • 102

    Erb麻痺は骨盤位分娩で起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P274、104G4(59%) 骨盤位分娩や肩甲難産でおこりやすい。

  • 103

    産後一ヶ月で子宮は非妊娠時の大きさに戻っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P279 産後6週ごろに妊娠前の大きさに戻っている。

  • 104

    妊娠末期に比べ分娩後のPRL値は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P280、101B51 妊娠中は胎盤からPRLが産生されていたので分娩により一旦減少する。

  • 105

    産褥期の無月経期は授乳により延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P281、103B25(56%) 児の吸引刺激によりプロラクチン分泌が亢進されるため。

  • 106

    帝王切開は深部静脈血栓のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P285 ヘパリン静注が第一選択となる。

  • 107

    低体重児では高血糖を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    102A2 低血糖、低Ca血症、高ビリルビン血症

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ