zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる神経

カード 95枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/10)

  • 結核性髄膜炎の髄液所見では、リンパ球優位の細胞増加が見られる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる神経。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    結核性髄膜炎の髄液所見では、リンパ球優位の細胞増加が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J140 細菌性髄膜炎では多形核白血球優位である。

  • 2

    滑車神経障害では頭を健側に傾けると複視が改善する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J42 健側に傾けると改善し、患側に傾けると悪化する。Bielschowsky徴候という。

  • 3

    髄芽腫は小脳虫部に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J198 小脳虫部から発生し第4脳室を充満する。小児に多い。

  • 4

    Wallenberg症候群では片麻痺はおこらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J91 錐体路は障害されないため。

  • 5

    ローランド溝は前頭葉と頭頂葉の境界となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J2 ローランド溝=中心溝

  • 6

    Broca野は側頭葉に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J3 Broca野は前頭葉。Wernicke野は側頭葉。

  • 7

    Anton症候群は後頭葉の障害でおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J5 盲状態なのに見えているかのように振舞うこと。

  • 8

    外転神経は脳幹の背側から出ている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J8 背側から出ているのは滑車神経のみ。

  • 9

    舌咽神経は頸静脈孔を通る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J9 迷走神経、舌咽神経、副神経、内頸静脈が通る。

  • 10

    Tolosa-Hunt症候群の治療はステロイド投与である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J12 海綿静脈洞部の非特異的炎症性肉芽腫により様々な症状を呈する。

  • 11

    温痛覚線維は外側脊髄視床路を上行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J19 温痛覚は外側脊髄視床路、運動系は外側皮質脊髄路を通る。

  • 12

    上位運動ニューロンの障害では筋トーヌスは亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J21 下位運動ニューロン障害では低下。

  • 13

    神経原性筋萎縮では線維束性収縮は見られない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J25 神経原性では線維束性収縮がみられる。筋原性では見られない。

  • 14

    右頭頂葉の障害で左同名性上四分盲となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J40 左同名性下四分盲となる。

  • 15

    動眼神経麻痺では輻輳反射が消失する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J41 対光反射、調節・輻輳反射が消失する。

  • 16

    Argyll Robertson瞳孔では調節・輻輳反射は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J43 両側の縮瞳、対光反射(-)となる。神経梅毒、多発性硬化症、松果体部腫瘍でみられる。

  • 17

    カーテン徴候とは口を開けて発生すると、病側の軟口蓋が挙上することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J49 健側の軟口蓋が挙上する。Ⅸ、Ⅹ神経の障害。

  • 18

    球麻痺では咽頭反射が亢進している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J49 下位運動ニューロンの障害なので咽頭反射や下顎反射は低下・消失している。偽性球麻痺では亢進。

  • 19

    徐皮質硬直はGCSのM2に相当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J53 M2:除脳硬直、M3:除皮質硬直

  • 20

    過換気になると脳圧は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J57 PaCO2が低下すると脳血管が収縮する。

  • 21

    TIAの症候として尿・便失禁がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J89

  • 22

    椎骨動脈系のTIAでは症状が両側性に生じることがる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J89 両側性の症状があれば椎骨動脈系のTIAを考える。

  • 23

    回転性めまいの症状がある場合、TIAの心配はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J89 椎骨脳底動脈系のTIAでは体幹失調、回転性めまい、平衡障害などを生じる。

  • 24

    心原性脳塞栓症の慢性期の治療としてダビガトランを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J84 抗凝固薬。

  • 25

    脳梗塞患者の治療ではペナンブラの救済・保護が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J87 ペナンブラとは脳梗塞において神経細胞は機能不全の状態にあるが、早期に血流が再開すれば回復する可能性のある領域。

  • 26

    視床梗塞では四肢と顔面のしびれが左右逆転する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J89 神経症状の左右逆転は脳幹梗塞でおこる。

  • 27

    Wallenberg症候群は後下小脳動脈の障害でおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J91 延髄外側の循環障害によっておこる。

  • 28

    Wallenberg症候群では健側の四肢麻痺がおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J91 錐体路は障害されないため四肢麻痺はおこさない。

  • 29

    ラクナ梗塞は高血圧がリスクになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J85

  • 30

    小脳出血では初期から意識障害が強い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J94 意識障害の程度は軽い。徐々に進行する。

  • 31

    IC-PC分岐部動脈瘤は動眼神経を圧迫しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J100 IC-PC分岐部、内頸動脈海綿静脈洞部、脳底動脈-上小脳動脈分岐部などの動脈瘤は動眼神経を圧迫しやすい。

  • 32

    クモ膜下出血では意識障害が強いほど予後が悪い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J100 

  • 33

    脳動静脈奇形では過呼吸で神経症状が誘発される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J103 過呼吸で症状が出るのはもやもや病。

  • 34

    Alzheimer病の原因はアミロイドβ蛋白と異常タウ蛋白の沈着である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J113 

  • 35

    アルツハイマー型認知症の治療として抗コリン薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J114 コリンエステラーゼ阻害薬である。

  • 36

    Lewy小体型認知症はREM睡眠行動障害を合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J116 REM睡眠行動障害、起立性低血圧、抗精神病薬に対する過敏性などを伴う。

  • 37

    前頭側頭型認知症では滞続言語がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J117 内容に関係なく同じフレーズで回答する。

  • 38

    多発性硬化症の急性期にはステロイドパルス法を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J119 急性期には適応となるが再発予防効果はない。

  • 39

    視神経脊髄炎では再発抑制のためにステロイドを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J120 再発予防にはMSではインターフェロン、NMOではステロイドを用いる。

  • 40

    Parkinson病では運動麻痺が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J122 

  • 41

    Parkinson病の治療薬に抗コリン薬がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J124 軽症例で有効。

  • 42

    Parkinson病の治療薬にアマンダジンがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J124 ドパミン遊離促進薬である。A型インフルエンザの抗ウイルス薬でもある。

  • 43

    L-dopaの副作用として舞踏様運動がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J124 舞踏様運動、口部ジスキネジア、ジストニアなどの不随意運動がおこる。

  • 44

    PSPは認知症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J127 前頭側頭型認知症に似る。

  • 45

    大脳皮質基底核変性症では認知症がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J127 左右差のある大脳半球の萎縮、基底核変性がみられる疾患。

  • 46

    Huntinton病は常染色体劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J128 常染色体優性遺伝。

  • 47

    ALSでは眼球運動障害が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J130 ALSの4大陰性所見のひとつ。他覚的感覚障害、眼球運動障害、膀胱直腸障害、褥瘡

  • 48

    ALSでは神経伝導速度が診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J130 運動、感覚神経伝導速度は保たれる。

  • 49

    ALSでは針筋電図で高振幅電位が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J130 

  • 50

    亜急性脊髄連合変性症では葉酸の単独投与を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J138 神経症状の悪化を来たすため禁忌。VitB12の筋注。

  • 51

    結核性髄膜炎の髄液所見として多形核白血球優位の細胞増加がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J140 ウイルス、真菌、結核ではリンパ球優位の細胞増加が見られる。

  • 52

    Waterhouse-Friderichsen症候群では急性副腎不全がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J142 髄膜炎菌による敗血症に続発する。

  • 53

    Reye症候群では中枢神経の脂肪変性を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J153 肝・脳のミトコンドリア変性、肝・中枢神経の脂肪変性を来たす。

  • 54

    Duchenne型筋ジストロフィーでは心筋障害がみられることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J156 関節拘縮、脊柱側湾、心筋障害など。

  • 55

    筋強直性ジストロフィーでは糖尿病が合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J158 心筋伝導障害、白内障、糖尿病、性腺機能異常など

  • 56

    重症筋無力症では神経伝導速度検査にて異常が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J164 誘発筋電図でwanning現象が見られる。

  • 57

    Lambert-Eaton症候群は肺腺癌に合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J169 肺小細胞癌に合併しやすい。

  • 58

    Lambert-Eaton症候群の治療として血漿交換が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J167 短期的には有効。

  • 59

    ギラン・バレー症候群の治療の第一選択はステロイドである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J170 無効。禁忌。

  • 60

    Fisher症候群では腱反射が消失する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J170 全外眼筋麻痺、運動失調、腱反射消失を3徴とするギランバレーの亜型。

  • 61

    Fisher症候群の原因は抗GQ1b抗体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J170 第Ⅲ、Ⅳ、Ⅵ神経にGQ1bが存在すると言われている。

  • 62

    糖尿病性ニューロパチーでは温痛覚障害がみられやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J174 

  • 63

    トリプタン製剤はセロトニン5HT受容体作動薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J188 偏頭痛の急性期の第一選択。

  • 64

    むずむず脚症候群の治療にドパミン作動薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J190

  • 65

    上矢状静脈洞の損傷は急性硬膜外血腫の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J215 

  • 66

    髄膜腫の主要症候にけいれんがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J218 

  • 67

    脊髄髄膜瘤はChiari奇形Ⅱ型でよく見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J225 Ⅰ型は脊髄空洞症、Ⅱ型は髄膜瘤を見る。

  • 68

    大脳皮質の障害では運動失調が起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J3、101B79 小脳の障害で起こりやすい。

  • 69

    中大脳動脈はWillis動脈輪を構成しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J10、105G36(36%) 前大・前交通・内頸・後大脳・後交通

  • 70

    Cushing症状では高血圧と頻脈がおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J57 血圧上昇と徐脈が起こる。

  • 71

    SAH後の正常圧水頭症はSAH発症後1週間頃に起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J101 1週間で脳血管攣縮、数週間で正常圧水頭症

  • 72

    AVMでは振戦が起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J103 振戦は錐体外路症状。AVMでは頭痛・痙攣・片麻痺

  • 73

    テント切痕ヘルニアでは外転神経が障害されやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J58,106G18(92%) 動眼神経が傷害されやすい。外転神経は橋・延髄レベル。

  • 74

    前脊髄動脈症候群では深部感覚は保たれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J109 下肢麻痺、温痛覚障害が主

  • 75

    左視神経が傷害されると右間接対光反射が障害される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J42、104E50(70%)

  • 76

    顔面の知覚は顔面神経が司る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    102B36 三叉神経が司る。

  • 77

    迷走神経が障害されると最長発生持続時間が短縮される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103A2(97%) 声帯麻痺による

  • 78

    Ramsay hunt症候群では額のしわ寄せが困難となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J58 100A58 末梢性顔面神経麻痺の所見

  • 79

    MLF症候群では側方注視時に健側の外転時眼振をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J44 病側の内転障害と健側の外転時眼振が特徴的。

  • 80

    多発性硬化症では膀胱直腸障害は生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J119 生じる。

  • 81

    多発性硬化症の髄液検査ではアミロイドβ値が異常を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J118、105I30(74%) IgG、ミエリン塩基性蛋白が上昇する。

  • 82

    悪性症候群に対する初期治療として輸液とハロペリドールの筋注が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J125、105B58(60%) 輸液とダントロレンの投与。ハロペリドールは原因となるので禁忌。

  • 83

    PSPでは下方への眼球運動が制限される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J127、106A52(80%) 項筋の緊張亢進、垂直性核上性眼球運動障害、偽性球麻痺

  • 84

    ミトコンドリア脳筋症では血液髄液中の乳酸/ピルビン酸比は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J160 乳酸・ピルビン酸共に上昇するが乳酸の上昇が著しいため。

  • 85

    周期性四肢麻痺は運動後の休息がトリガーとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J161、104A49(95%) 運動後の休息、過食、寒冷など。男性に多い。

  • 86

    MGによる眼瞼下垂は動眼神経の障害による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J164、101E5 眼輪筋の障害による。特に上眼瞼挙筋。

  • 87

    MGの検査で用いられるエドロホニウムはアセチルコリンエステラーゼの一種である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J165 抗コリンエステラーゼ薬である。

  • 88

    神経筋接合部の障害では神経伝達速度は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J165、100G97

  • 89

    ギランバレー症候群では髄液中の糖は正常値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J170 蛋白上昇、細胞数・糖は正常

  • 90

    家族性アミロイドニューロパチーでは肝移植が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J173、100F44 肝で産生される異常トランスフェリンが原因のため。

  • 91

    Lennox-Gastaut症候群にはクロナゼパムが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    J184、106A18(73%)

  • 92

    偏頭痛の急性期治療にはカルシウム拮抗薬とβ遮断薬が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J188、103I14(19%) 急性期はトリプタン、鎮痛薬、エルゴタミン。Ca拮抗薬とβ遮断薬は予防。

  • 93

    本態性振戦にはβ刺激約が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104A42(72%) β遮断薬が有効である。

  • 94

    超皮質性感覚失語は復唱ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    109B59(49%) 

  • 95

    動脈瘤による動眼神経圧迫では対光反射異常より眼球運動麻痺の方が起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    108A35(39%) 動脈瘤では対光反射、DMでは眼球運動異常がおこりやすい。

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ