zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる小児科

カード 76枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/10)

  • 先天性胆道閉鎖症の治療としてLadd手術がある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる小児科。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    先天性胆道閉鎖症の治療としてLadd手術がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P84 Ladd手術は腸回転異常症に対する手術である。先天性胆道閉鎖症に対しては肝門部空腸吻合術を行う。

  • 2

    初乳は成熟乳に比べ、ミネラルが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P13 蛋白、ミネラル、免疫物質が多い。

  • 3

    母乳は牛乳に比べ不飽和脂肪酸が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P14 乳糖、不飽和脂肪酸が多い。

  • 4

    二次性徴はTanner分類で評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P11

  • 5

    新生児の頭位は約45cmである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P2 約33cmである。満一歳で約45cmとなる。

  • 6

    新生児にみられる先天性疾患で最も多いのは心室中隔欠損症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P138

  • 7

    胆道閉鎖症では血清リポ蛋白Xが陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P105 新生児肝炎との鑑別点。

  • 8

    出生後3ヶ月の乳児は新生児に比べHb値が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P264 新生児は多血状態(高RBC、高Hb、高Ht)である。その後減少し、生後2~3ヶ月で最も低値となる。

  • 9

    思春期早発症では最終的に低身長となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P199 小児期に急激な身長増加をみるが、骨端線が早期に閉鎖するため最終的には低身長となる。

  • 10

    新生児の体重は1年間で約3倍になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104B30(94%) 身長、頭囲、胸囲は1.5倍、体表面積は2倍になる。

  • 11

    小泉門は1歳ごろに閉鎖する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104E26(83%) 生後1~2ヶ月で閉鎖する。大泉門は1歳半。

  • 12

    生後10ヶ月頃からつかまり立ちをする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    101B54

  • 13

    1歳6か月健診で歯科検査を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P20、107G7 1歳以降は精神・知能、栄養指導、虫歯などの生活指導が大事。

  • 14

    コッホ現象を認めた場合、結核の既感染を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P23 BCG接種後10日以内に接種部位が発赤、腫脹すること。速やかにツ反検査を行う。

  • 15

    母乳は牛乳に比べて飽和脂肪酸が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P14 母乳は不飽和脂肪酸(リノール酸、オレイン酸)が多い。

  • 16

    プロゲステロンは乳汁分泌を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    106G17(72%) 妊娠中は胎盤由来のエストロゲン・プロゲステロンにより乳汁分泌は抑制。

  • 17

    カゼインは母乳より牛乳のほうが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P14、105G10(85%) 蛋白質、ビタミンK、ミネラル(Ca,P)、飽和脂肪酸は牛乳のほうが多い。

  • 18

    鉄は牛乳と母乳とで差はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P14、107E36(60%) 鉄、総脂肪量、エネルギーは差はない。

  • 19

    離乳食に卵を使うときには卵白を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P15、106G3(46%) 卵白は抗原性が強いため卵黄から与える。

  • 20

    吐血した新生児がApt試験陽性の場合、仮性メレナである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P59 Apt試験陽性の場合、吐血内容は母体血であることがわかる。

  • 21

    乳児突然死症候群は生後1ヶ月以内に起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P19、103G5(87%) 生後2~6ヶ月に好発する。

  • 22

    新生児の正常な呼吸数は20~25回/分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P26、103G43(89%) 40~50回/分である。

  • 23

    新生児の正常な心拍数は110~120/分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P26、103G43 血圧は70/40mmHg

  • 24

    新生児は腹式呼吸である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    107E43(57%)

  • 25

    Moro反射は両側性に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    101B53 片側のみの場合はErb麻痺を疑う。

  • 26

    出生後、肺血管抵抗は体血管抵抗よりも小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P40、105G13(93%)

  • 27

    動脈管の閉鎖は血中CO2の濃度低下により引きおこされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P40、105G13 血中酸素分圧の上昇による。

  • 28

    生後2日の女児が乳汁分泌を来たしたら脳腫瘍を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    105B7(97%) 母体からの女性ホルモン移行による正常所見。

  • 29

    新生児蘇生では胸骨圧迫より気道確保の方が優先される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P48、102G39 新生児の心停止の大半は呼吸原性である。

  • 30

    生理的黄疸は間接ビリルビンの産生亢進状態でおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P60、106E1(79%) 

  • 31

    生理的黄疸は人工乳で遷延する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P60、106E1 母乳栄養で遷延する。

  • 32

    新生児低Ca血症ではMoro反射の出現が亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P58、107A27(41%) 易刺激性となり、Moro反射が誘発されやすくなる。

  • 33

    Down症には兎眼が合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P69、105D6(95%) 兎眼は顔面神経麻痺。Down症には白内障が合併しやすい。

  • 34

    猫鳴き症候群では遺伝子の構造異常がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P70、101F6 5番染色体の短腕欠失。

  • 35

    Hurler症候群は常染色体劣遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P177、103I19(82%) 重症型ムコ多糖症。ガルゴイリズムが特徴的。

  • 36

    Hunter症候群は常染色体劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P178 XR。ムコ多糖症。進行は緩徐でこっちの方が軽症。

  • 37

    先天性食道閉鎖症で一番多いのはC型である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P78

  • 38

    先天性食道閉鎖症では羊水過少症を合併することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P78 羊水過多。

  • 39

    肥厚性幽門狭窄症による脱水に対しては乳酸化リンゲル液を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P82 禁忌。代謝性アルカローシスが助長されるため。Kを加えた輸液をおこなう。

  • 40

    肥厚性幽門狭窄症に対してアトロピンが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P82 幽門筋が弛緩する。

  • 41

    先天性十二指腸閉鎖症の治療は十二指腸・十二指腸吻合術である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P83、105d41(67%) 別名ダイヤモンド吻合。それまでは経鼻胃管を挿入し減圧をはかる。

  • 42

    腸回転異常症には注腸整復術が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P85、104D10(98%) 手術が第一選択となる。

  • 43

    臍ヘルニアは生後6ヶ月までに90%が自然治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P100、102D40

  • 44

    神経芽腫は石灰化がまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P112、102I25 高頻度に石灰化を認める。

  • 45

    VSDでは相対的MSにより拡張期ランブルを呈することがる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P138、105F27(8%)

  • 46

    ASDでは欠損孔を流れる血流の音が収縮期に聞こえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P141 ASDの第2肋間胸骨左縁で聞かれる収縮期駆出性雑音は相対的PSによる雑音である。

  • 47

    肺動脈閉鎖症では早期にインドメタシンを投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    107D7(97%) PGE1を投与して大動脈管をあけておく。

  • 48

    B-Tシャント術後は連続性雑音が聞かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P152、103B41(70%) 

  • 49

    Fallot四徴症の低酸素発作時にはα刺激約を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P152、105D12(90%) 胸膝位、酸素投与、モルヒネ、α刺激薬、β遮断薬、アシドーシス補正

  • 50

    Fallot四徴症はDiGeorge症候群を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P150、101F24 15~20%に合併する。

  • 51

    先天性甲状腺機能低下症は早期産児に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P194 過期産児に多い。

  • 52

    21水酸化酵素欠損症では17αヒドロキシプロゲステロンが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P198、104I75(93%) 確定診断に有用。

  • 53

    21水酸化酵素欠損症では高Na血症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P198、101A49 アルドステロン低下のため低Na血症、高K血症、アシドーシス、意識障害

  • 54

    GH刺激試験としてインスリン負荷、アルギニン負荷、L-dopa負荷などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P192、106G51(48%) 正常であればGHは上昇するが、GH分泌不全の場合は不変。

  • 55

    VitDは血清Caを上昇させ、血清Pを低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P190、103G56(45%) VitDはCaもPも両方上昇させる。

  • 56

    ホルモン分泌性卵巣腫瘍は骨年齢を促進させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103G36(86%) 性ホルモン、成長ホルモン、甲状腺ホルモンは骨年齢を促進させる。

  • 57

    蛋白尿、低蛋白血症、高脂血症はネフローゼ症候群診断に必須である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P215 必須項目は蛋白尿・低蛋白血症。高脂血症と浮腫は必須ではない。

  • 58

    小児の特発性ネフローゼ症候群は5歳までに好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P214、104I37(44%)

  • 59

    WisKott-Aldrich症候群は常染色劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P241、102G41 伴染色体劣性遺伝

  • 60

    慢性肉芽腫症ではNBT還元試験は陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P244、101A55 殺菌能が障害されているため陰性となる。

  • 61

    多関節型JIAでは一部で血清RFが陽性になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P257、106D32(65%) 30~40%で陽性になる。Still病と少関節型は陰性。

  • 62

    多関節型のJIAではフェリチンが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P257,104I15(除外) JIAではフェリチンは上昇しない。Still病では上昇する。

  • 63

    川崎病の急性期にはアスピリンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P254、100A6 抗凝固、抗炎症作用を期待する。

  • 64

    DiGeorge症候群患者はウイルス感染、真菌感染に弱い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P242、103E38(83%) 細胞性免疫不全。

  • 65

    百日咳は脳炎を合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P330、105A54(30%) 無呼吸発作や脳症に注意する。

  • 66

    百日咳にはペニシリン系抗菌薬が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P330、107D50(19%) マクロライド系を投与する。

  • 67

    猩紅熱は黄色ブドウ球菌による感染症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P322、102I71 溶連菌感染症である。

  • 68

    急性細気管支炎では吸気性喘鳴をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P346、106D20(79%) 下気道病変なので呼気性喘鳴。

  • 69

    ムンプスに合併する髄膜炎は無菌性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P306、104D47(90%) ムンプスの10%前後に無菌性髄膜炎を合併する。

  • 70

    男子のムンプスでは精巣上体炎に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P306 精巣炎に注意する。精巣上体炎はクラミジアなど。

  • 71

    ムンプス難聴は両側性が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P306、102A16 片側性感音難聴が多い。

  • 72

    ヘルパンギーナはアデノウイルスが原因であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P315、105I22(63%) コクサッキーウイルスによる。軟口蓋に水疱ができる。

  • 73

    喘息では吸気が延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P247、103A18(93%) 発作時には呼気の延長が見られる。

  • 74

    Lennox-Gastaut症候群ではびまん性遅棘徐波が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P385、100B54

  • 75

    麻疹ではWBCは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    P303、101F70 

  • 76

    麻疹はクループ症候群を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    P303、103D3(除外)

56883

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ