zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる呼吸器

カード 103枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/10)

  • 慢性好酸球性肺炎はステロイドが著効する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる呼吸器。
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    慢性好酸球性肺炎はステロイドが著効する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I124 ステロイドによく反応するが再発も多い。

  • 2

    wheeseは末梢気道の狭窄を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I9 stridorは中枢気道の狭窄。

  • 3

    左気管支は食道、下大動脈の背側を通る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I2 腹側を通る。

  • 4

    終末細気管支は軟骨を欠く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I3 終末細気管支まで軟骨が存在する。呼吸細気管支は軟骨を欠く。

  • 5

    肺胞間はKohn孔によって交通している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I3

  • 6

    肺門部において肺動脈は気管支の腹側に位置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I4

  • 7

    横隔膜は横紋筋である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I6 最大の呼吸筋

  • 8

    延髄の化学受容体は酸素濃度の低下を感知して呼吸数を増やす方向へ働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I7 CO2の上昇を感知する。O2の上昇とpHの低下を感知するのは頸動脈小体と大動脈小体である。

  • 9

    Stridorは上気道の狭窄を示唆する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I9 吸気時にきかれる。

  • 10

    癌性リンパ管症では湿性咳嗽が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I10 乾性咳嗽が特徴的である。

  • 11

    Kussmaul呼吸はアルカローシスの際に見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I12 アシドーシスを補正しようとする代償性過換気。

  • 12

    PaO2≦60Torr、PaCO2≦45Torrの場合、Ⅰ型呼吸不全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I14 PaCO2>45Torrの場合はⅡ型呼吸不全。

  • 13

    筋ジストロフィーではⅠ型呼吸不全となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I14 肺胞低換気なのでⅡ型呼吸不全。

  • 14

    胸水がRivalta反応陽性の場合、滲出性胸水である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I18 酢酸添加により白色濃厚な蛋白沈殿物が出現する。

  • 15

    肺の聴診で粘髪音は呼気時に聞こえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I20 吸気時後半に聞かれる。閉塞した末梢気道が開放する音。

  • 16

    肺コンプライアンスは加齢によって低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I26 増加する。

  • 17

    小児における気管切開は下気管でおこなう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I48 首が短く、顎が邪魔になるため。成人では第2,3気管輪で行う。

  • 18

    インフルエンザウイルスのうち大流行の原因となるのはB型である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I52 A型。遺伝子が変異しやすいため。

  • 19

    クループ症候群の治療としてアドレナリンの吸入を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I54 加湿、酸素吸入、輸液、ネブライザー療法(アドレナリン、ステロイド吸入)

  • 20

    小児の急性細気管支炎の原因としてパラインフルエンザウイルスが最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I55 RSウイルスが多い。

  • 21

    急性細気管支炎では呼気性呼吸困難がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I55

  • 22

    院内肺炎は入院48時間以内に発生した肺炎である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I58 入院48時間以降。重症化のリスクが高い。

  • 23

    ACE阻害薬は誤嚥予防に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I61 ACE阻害薬、シロスタゾールなど。嚥下・咳反射を改善する。 

  • 24

    黄色ブドウ球菌肺炎はインフルエンザウイルス感染に合併する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I63 肺膿瘍や膿胸を認める。重篤化しやすい。

  • 25

    クエブシエラ肺炎の治療にはペニシリン系を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I63 第2、3代セフェム系。

  • 26

    オウム病では著しい白血球の上昇がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I68 WBCは正常のことが多い。

  • 27

    日本における結核の罹患数は年間約3000人である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I70 年間約24000人

  • 28

    コッホ現象が見られた場合、速やかにツ反検査を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I73 BCG接種後10日以内に接種部位に炎症が起こる現象。結核の既感染が疑われる。

  • 29

    小児結核では粟粒結核が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I76 空洞形成が少なく、粟粒結核、 ・無気肺・肺門リンパ節腫脹が多い。

  • 30

    MACではナイアインテスト陰性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I78 結核菌と区別。

  • 31

    アレルギー性肺アスペルギルス症では移動性の浸潤影がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I82 

  • 32

    アレルギー性肺アスペルギルス症の治療は経口ステロイドの長期投与である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I82 

  • 33

    COPD患者の呼吸リハビリテージョンはPaO2値を改善する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I86 検査値(PaO2、PaCo2、一秒率など)は改善されにくいが、症候(息切れ、呼吸困難)が改善される。

  • 34

    COPDの急性増悪時には抗菌薬を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I89 ABCアプローチが基本。A:抗菌薬、B:気管支拡張薬、C:ステロイド内服。

  • 35

    COPDの長期管理には免疫抑制剤が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I87 長時間作用型抗コリン薬、長時間作用型β刺激薬などでコントロールする。

  • 36

    びまん性汎細気管支炎では寒冷凝集素価が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I90 

  • 37

    びまん性汎細気管支炎では胸部エックス線にて肺の過膨張がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I90 進行すると気管支拡張所見。

  • 38

    びまん性汎細気管支炎では血清IgEが著明に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I90 IgG、IgAが上昇する。

  • 39

    びまん性汎細気管支炎では肺拡散能の低下がおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I90 拡散能は低下しない。

  • 40

    間質性肺炎では一秒率が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I95 拘束性障害+拡散能低下が特徴

  • 41

    間質性肺炎ではA-aDO2は開大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I95 

  • 42

    「じん肺法」に定められている合併症として間質性肺炎がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I99 肺結核、結核性胸膜炎、続発性気管支炎、続発性気胸、原発性肺癌

  • 43

    悪性胸膜中皮腫の胸水ADAは高値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I100 ヒアルロン酸高値。ADAは結核性胸膜炎。

  • 44

    珪肺では肺門リンパ節の石灰化がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I100 卵殻状石灰化。

  • 45

    気管支拡張症では血痰がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I101 重症の場合は肺動脈塞栓を行う。

  • 46

    肺分画症のうち75%は肺葉内肺分画症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I103 肺葉内肺分画症では思春期までに感染を反復する。

  • 47

    肺腺癌はホルモンを産生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I107 ホルモン産生はあまりみられない。

  • 48

    肺扁平上皮癌はLambert-Eaton症候群を起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I107 Lambert-Eaton症候群は肺小細胞癌でおこりやすい。扁平上皮癌はPancoast症候群。

  • 49

    CYFRA、SLXは肺扁平上皮癌の腫瘍マーカーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I111 CYFRAは扁平上皮癌、SLXは腺癌のマーカー。

  • 50

    甲状腺癌の肺転移形態は粟粒性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I117 甲状腺癌、前立腺癌は粟粒性の転移形態となる。

  • 51

    気管支喘息の発作時にはロイコトリエン拮抗薬が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I119 長期管理薬。効くのが遅い。 

  • 52

    気管支喘息の長期管理薬の第一選択はステロイド吸入薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I120 吸入後は必ずうがいをする。

  • 53

    気管支喘息発作時の第一選択はβ2刺激薬の吸入である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I121 発作強度に関わらず、まずは吸入。

  • 54

    アスピリン喘息はピリンアレルギーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I123 アレルギー性ではない。

  • 55

    アスピリン喘息の治療にはコハク酸エステル型ステロイドを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I123 発作を増悪させる。リン酸エステルステロイドを用いる。

  • 56

    急性好酸急性肺炎では胸水がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I124 両側びまん性の浸潤影と胸水が特徴的。

  • 57

    慢性好酸球性肺炎では拘束性障害をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I124 

  • 58

    過敏性肺炎では血中IgEは高値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I125 Ⅲ、Ⅳ型アレルギーなので。KL-6、SP-D、SP-Aの上昇がみられる。

  • 59

    過敏性肺炎ではツ反陰転化がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I125 

  • 60

    肺塞栓症は下肺野に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I127 血流分布が多いため。

  • 61

    肺塞栓症では肺高血圧を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I127 聴診でⅡpの亢進を認める。

  • 62

    肺水腫の患者の症状軽減のためにFowler位をとらせた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I133 Fowler位=半座位では静脈還流量が減少する。

  • 63

    肺胞蛋白症の治療としてステロイドを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I142 効かない上に感染を起こしやすくするため禁忌。

  • 64

    肺胞蛋白症は男性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I142 男女比2~3:1

  • 65

    サルコイドーシスでは非乾酪性肉芽腫がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I143 

  • 66

    サルコイドーシスでは顔面神経麻痺が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I144 サルコイドーシスで顔面神経麻痺、結節性紅斑、高Ca血症などが見られたらステロイドの適応となる。

  • 67

    悪性リンパ腫は中縦隔に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I146 中縦隔には悪性リンパ腫、気管支嚢胞、心膜嚢胞が好発する。

  • 68

    胸腺腫は胸膜播種を起こすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I147 胸部X線で多発腫瘤影として見える。

  • 69

    胸膜炎では乾性咳嗽がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I151 発熱、乾性咳嗽、深呼吸時に増強する胸痛などが特徴的。

  • 70

    楯状胸はTurner症候群でみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I152 

  • 71

    乳房の触診は座位と仰臥位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I158 上肢下垂と挙上で行う。

  • 72

    乳癌に対するアロマターゼ阻害薬は閉経後症例で有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I162 タモキシフェン(抗エストロゲン薬)は閉経前・閉経後のどちらでも有効。アロマターゼ阻害薬は閉経後に有効。

  • 73

    LAMは結節性硬化症に合併する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I92

  • 74

    LAMの治療として肺移植が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I92 

  • 75

    気管支平滑筋は副交感刺激で収縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I3 交感神経β2刺激で弛緩する。

  • 76

    気管は食道の左前方に位置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I2、104E24(88%) 食道の正面を垂直に走っている。

  • 77

    気管支は肺静脈と伴走する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104E24(88%) 気管支は肺動脈と伴走する。

  • 78

    迷走神経は肺門前方を走行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I6、107G33(84%) 迷走神経は肺門後方、横隔神経は肺門前方を走行する。

  • 79

    リンパ管は小葉間隔壁に存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I4、103G27(53%) リンパ管・静脈は小葉間隔壁、動脈・気管支は小葉中心部。

  • 80

    アドレナリンは気管支平滑筋を収縮させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    100E9 弛緩させる。

  • 81

    肺胞サーファクタントは表面張力を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103G14(43%) 肺サーファクタントは表面張力を低下させ虚脱を防ぐリン脂質。

  • 82

    脱水では経皮的動脈血酸素飽和度と動脈血酸素飽和度とが乖離する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103B32(63%) 脱水により循環血液量が減ると抹消動脈の拍動は小さくなる。

  • 83

    高血糖はSpO2の測定に影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103B32(63%)

  • 84

    低酸素血症の原因で最も多いのは貧血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    101B71 貧血は低酸素血症にならない。

  • 85

    中心静脈酸素飽和度は約40%ほどである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    101B31 約75%。酸素分圧は40Torr程度。

  • 86

    動脈酸素分圧は加齢によって減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103B20(64%)

  • 87

    α1アンチトリプシン欠損によるCOPDは日本人には稀である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I84 白人に多い。

  • 88

    COPDは肥満者に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I84 104B53(93%) わが国ではBMIの低いやせた人に多い。

  • 89

    COPD患者では声音震盪は減弱している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I85、106D14(83%) 肺気腫による含気の増加で声音震盪は減弱する。

  • 90

    肺胞壁が肥厚するとAa-DO2が開大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    100H5

  • 91

    肺線維症では残気量は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I95、106A16(66%) COPDとの鑑別点

  • 92

    気管支喘息は石綿曝露に起因する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I99、106G8(94%) 起因しない。気管支炎や気管支拡張症は起因する。

  • 93

    びまん性細気管支炎は拘束性障害をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    105B35(93%) 末梢気管支狭窄により閉塞性肺炎を来たす。

  • 94

    肺癌はX線所見で石灰化がみられることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    100B23 あまりみられない。

  • 95

    浸潤型の胸腺腫では上大静脈症候群が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104D6(73%) 胸腺は腕頭静脈や上大静脈に接している。

  • 96

    Pancoast型肺癌では手掌多汗症がおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104D6(73%) 患側の顔面・上肢の発汗が止まる。

  • 97

    肺高血圧患者の心電図ではS1での深いS波が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I130、107A30(77%) S1で高いR波、S5・S6で深いS波が見られる。

  • 98

    肺塞栓症では二酸化炭素蓄積症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    105F9(82%) 過換気なのでアルカローシスとなる。

  • 99

    長期の喫煙で気管支の粘液分泌は亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    100G78

  • 100

    ベンゾ[a]ピレンは発癌性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    105I35(85%)

  • 101

    間欠的陽圧呼吸(IPPV)では自発呼吸は残ってない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    102G42 決まった用量のガスを定期的に強制換気する。呼気終末陽圧を加えるとCPPV。

  • 102

    GM-CSF抗体は特発性肺線維症の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    I142、108I57(97%) 肺胞蛋白症の原因。マクロファージの機能障害を起こす。出題秒読み。

  • 103

    肺高血圧症があればHOTの適応となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I34、108E68(77%) 肺高血圧症、慢性心不全、チアノーゼ性心疾患は適応。

56678

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ