zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる腎

カード 82枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/08)

  • エリスロポエチンは血中酸素分圧の低下を感知して分泌される。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる腎
医師国家試験対策

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    エリスロポエチンは血中酸素分圧の低下を感知して分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E5 赤血球の増殖と成熟を促進する。

  • 2

    糸球体の緻密斑はクローン濃度の低下を感知する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E5 レニンの分泌上昇と輸入細動脈の拡張が起こる。

  • 3

    尿中NAGの上昇は遠位尿細管の障害を示唆する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E10 近位尿細管の障害。

  • 4

    低張性脱水では皮膚のturgorは保たれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E24 著明に低下する。細胞外液が減少し真皮への血流が低下するため。

  • 5

    低張性脱水では粘膜乾燥が強い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E24 細胞外から細胞内への水移動がおこるため。

  • 6

    低張性脱水では心拍数が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E24 細胞外液が低下するため。血圧も低下する。

  • 7

    尿崩症では高張性脱水となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E24

  • 8

    火傷では低張性脱水となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E24

  • 9

    急速な高Na血症の補正は橋中心髄鞘崩壊症候群を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E29 急激な低Na血症の補正で起こる。

  • 10

    低K血症ではU波が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E33 ST低下、陰性T波、U波などが出現する。

  • 11

    低Ca血症ではQTは延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E36

  • 12

    低Mg血症は低Ca血症を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E40

  • 13

    丹毒の後にPSAGNを発症することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E50 A群β溶連菌感染が原因となる。

  • 14

    急性糸球体腎炎は溶連菌感染後1~3週間後に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E51 約2週間で発症する。

  • 15

    急性糸球体腎炎はネフローゼ症候群をきたしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E50 PSAGN、IgA腎症、半月体形成性糸球体腎炎ではネフローゼきたしにくい。

  • 16

    急性糸球体腎炎は糸球体の腫大と富核が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E51 毛細血管内に多数の好中球が浸潤している。

  • 17

    急性糸球体腎炎では貧血が起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104F18 起こりにくい。

  • 18

    急速進行性糸球体腎炎では半月体形成をおこす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E52

  • 19

    急速進行性糸球体腎炎の原因として溶血性尿毒症症候群がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E52 ANCA型、免疫複合体型、GBM抗体型である。

  • 20

    ANCA型半月体形成性糸球体腎炎は免疫グロブリンの糸球体沈着性に乏しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E53 免疫複合体型はIgGが顆粒状に、抗GBM抗体型はIgGが線状に沈着。

  • 21

    半月体形成性糸球体腎炎の治療として抗凝固療法を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E54 ステロイド、シクロフォスファミド、抗凝固療法、抗血小板療法を組み合わせたカクテル療法を行う。

  • 22

    本邦の慢性腎炎症候群の原因としてIgA腎症が最多である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E54 30~40%をしめる。

  • 23

    IgA腎症の予後に血尿が影響する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E55 予後に影響するものは①高血圧②蛋白尿③eGFR④病理所見

  • 24

    ネフローゼ症候群では尿中α2-グロブリンが増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E56 血清α2グロブリンが増加する。(高分子で排泄されにくいから)

  • 25

    強皮症腎はネフローゼ症候群の原因となりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E56 間質の問題だから。

  • 26

    ネフローゼ症候群ではヘマトクリットが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E56 血管内脱水のため。

  • 27

    MCNSでは上皮細胞の足突起消失を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E57 

  • 28

    MCNSの発症は急激である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E58

  • 29

    MCNSの尿蛋白の主体はアルブミンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E58 

  • 30

    FSGSは難治性のネフローゼを来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E58 ステロイド抵抗性である。

  • 31

    FSGSでは補体価が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E59 補体値は正常。

  • 32

    FSGSでは血尿は来たしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E58 血尿、高血圧を来たしやすい。

  • 33

    FSGSでは硬化部にIgMの沈着を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E58 IgMやC3の顆粒状沈着

  • 34

    MSでは基底膜の上皮側に沈着物を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E59 免疫複合体物が沈着して基底膜が肥厚してみえる。

  • 35

    MPGNでは基底膜の二重構造がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E61

  • 36

    MPGNでは糸球体にIgMとC3が沈着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E61 IgG、IgM、C3がフリンジ様に沈着する。

  • 37

    MPGNは蛋白の選択性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E61

  • 38

    MPGNは分葉形成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E61

  • 39

    Schonlein-Henoch紫斑病はネフローゼの原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E62

  • 40

    Fanconi症候群は低K血症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E64

  • 41

    Bartter症候群の病態はレニン産生細胞の過形成である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E65 RAA系が亢進し低K血症性代謝性アルカローシスとなる。

  • 42

    Bartter症候群は高血圧となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E65 血圧は正常である。

  • 43

    Gitelman症候群は小児期発症が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E65 小児期はBartter症候群。Gitelmanは思春期以降が多い。

  • 44

    Liddle症候群は高血圧を来す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E65 アルドステロンは抑制されているが高血圧を来している。

  • 45

    尿細管性アシドーシスはAG正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E66

  • 46

    Ⅰ型尿細管性アシドーシスでは尿pH5.5以下になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E67 Ⅰ型(遠位尿細管型)は尿pHは5.5以上となる。

  • 47

    間質性腎炎では尿中β2-ミクログロブリンが増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E69 尿中NAG、β2-ミクログロブリンが上昇する。

  • 48

    腎乳頭壊死の原因として糖尿病がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E72 鎮痛薬、糖尿病、感染症が原因となる。

  • 49

    コレステロール塞栓では好酸球が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E73 好酸球増加と補体低下をきたす。

  • 50

    糖尿病性腎症では腎臓は腫大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E75

  • 51

    アミロイドーシスでは起立性低血圧を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E77 自律神経障害がみられる。

  • 52

    アミロイドーシスは高血圧の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E77 血圧は低下する。

  • 53

    ループス腎炎では血清補体価は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E79 低下する。

  • 54

    ループス腎炎は血漿交換が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E79 治療はステロイド、免疫抑制薬、血漿交換、抗凝固療法など。

  • 55

    紫斑病性腎症は一般的に予後良好である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E80 数週間で自然治癒する。

  • 56

    紫斑病性腎症ではメサンギウム領域にIgAが沈着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E80 IgA腎症と酷似した病理所見となる。

  • 57

    アレルギー性紫斑病では血清IgEが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E80

  • 58

    カドミウムはFanconi症候群の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E81

  • 59

    腎前性腎不全では尿浸透圧は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E84 腎前性腎不全では尿濃縮力は保たれている。腎性腎不全では低下する。

  • 60

    腎性腎不全では尿中Na濃度が上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E84 

  • 61

    血液透析では重炭酸イオンが補充される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E95 尿毒素、K、Pなどが除去され、Ca、重炭酸イオンなどが補充される。

  • 62

    不均衡症候群は透析導入時に起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E99 グリセオールの投与を行う。

  • 63

    腎移植はABO血液型が不適合の場合でも可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E105 

  • 64

    Fanconi症候群では低P血症を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E64 腎性糖尿、アミノ酸尿、低P、Ca、K血症、代謝性アシドーシス、血清尿酸値低下

  • 65

    ACTH分泌不全症候群では高K血症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    107D9(41%) アルドステロン分泌は保たれているため。

  • 66

    溶連菌感染後糸球体腎炎の治療では抗菌薬は使用しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E50 安静、保温、食事療法、利尿と降圧のためにフロセミドを用いることもある。

  • 67

    IgA腎症では赤血球円柱を見る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    105G19(71%) 

  • 68

    半月体形成性糸球体腎炎ではステロイドを治療に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E52 

  • 69

    Goodpasture症候群ではCoombs試験陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    F74

  • 70

    ネフローゼの診断基準では尿蛋白は2.0g/日以上である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E57 3.5g

  • 71

    ネフローゼ症候群の食事療法では摂取カロリー15kcal/㎏/日を目標にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E57 30カロリー/㎏/日

  • 72

    微小変化型は小児ネフローゼの80%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E57

  • 73

    FSGSは比較的予後が良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    E59 超悪い

  • 74

    FSGSではIgGクリアランスは上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E58 尿蛋白の選択性は低い。

  • 75

    Bartter症候群の治療にスピロノラクトンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E65

  • 76

    腎梗塞ではレニン活性は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E72 2~3週間で正常化する。

  • 77

    腎不全による高血圧は低レニン低アルドステロン性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E74

  • 78

    不均衡症候群は血漿浸透圧の低下により起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E99

  • 79

    腹膜透析では抗凝固薬は用いない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E97、107E24(77%) 血液を体外循環させるものでは必ず抗凝固薬を用いる。

  • 80

    糸球体は髄質のみに存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    皮質のみ

  • 81

    尿酸結石は酸性尿でできやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    治療にアルカリ化薬をもちいる。

  • 82

    レニンは輸入細動脈において分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    E5 輸入細動脈の傍糸球体細胞である。

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ