zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt1 心臓2

カード 28枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/01/08)

  • 一回拍出量

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    一回拍出量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室一回の収縮で拍出する血液量

    解説

  • 2

    毎分拍出量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓が1分間に拍出した血液量

    解説

  • 3

    静脈還流量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左心室から拍出され右心室に静脈血として還流してきた血液量

    解説

  • 4

    最高血圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期血圧のこと。心臓が収縮して大動脈の圧力が最大になった時の血圧

    解説

  • 5

    最低血圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張期血圧のこと。心臓が弛緩して大動脈の圧力が最小になった時の血圧

    解説

  • 6

    脈圧とはなにか? 脈圧はなにに比例するか?2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最高時血圧と最低時血圧の差 1回拍出量 大動脈壁の弾性

    解説

  • 7

    平均血圧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高低を求める必要のない時に用いる血圧の平均

    解説

  • 8

    等容性収縮期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室内の容積は一定で圧のみ上昇

    解説

  • 9

    拍出期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈弁が開き、心室内容積が減少

    解説

  • 10

    等容性弛緩期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈弁は閉鎖し、心室内の容積は一定で圧のみ低下

    解説

  • 11

    充満期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僧帽弁が開き、心室内の容積と圧が徐々に増加(そして僧帽弁が閉じ再度、等容性収縮期へ)

    解説

  • 12

    前負荷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張期の心室内の充満圧

    解説

  • 13

    後負荷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の血液拍出に抵抗する力

    解説

  • 14

    収縮期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルシウム濃度の増減による収縮力の変化のこと

    解説

  • 15

    代謝産物による液性因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝産物が血管平滑筋を弛緩→血管抵抗を下げる

    解説

  • 16

    内皮細胞による液性因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内皮細胞からの分泌物により平滑筋の収縮を調節

    解説

  • 17

    アドレナリンによる血圧調整

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β受容体に作用し血管拡張、α受容体に作用し血管収縮

    解説

  • 18

    レニンによる血圧調整

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナトリウムイオンと水の再吸収

    解説

  • 19

    抗利尿ホルモンによる血圧調整

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高濃度で血管収縮

    解説

  • 20

    血圧調整に関わるホルモン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリン、レニン、抗利尿ホルモン、

    解説

  • 21

    交感神経性血管収縮神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルアドレナリン。興奮頻度により拡張と収縮を調節

    解説

  • 22

    頸動脈洞・大動脈弓

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興奮が舌咽神経、迷走神経を介して延髄の心臓抑制中枢と血管運動中枢に信号を送られ、心拍数の減少と血管拡張を引き起こす

    解説

  • 23

    毛細血管領域における濾過に、毛細血管圧がどのように関わるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水を血管から間質へと押し出す方向へと作用

    解説

  • 24

    毛細血管領域における濾過に膠質浸透圧がどのように関わるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水を間質から血管へと戻す方向へと作用

    解説

  • 25

    筋ポンプ作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋の律動的収縮により静脈還流量が増加する

    解説

  • 26

    脳循環の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳は左右の内頚動脈と左右の椎骨動脈から血液を受ける。それらは脳底部でウィリスの大脳動脈輪という吻合路を形成する。広い範囲で脳血流は一定に保たれる。血管拡張刺激により二酸化炭素分圧が上昇する。

    解説

  • 27

    肺循環の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺動脈圧と肺静脈圧は肺上部で低く、肺底部で高くなるが、肺胞内圧は一定。そのため、心室拡張期には肺上部では肺胞内圧に血管が圧迫され、血流が止まる。代償機構として肺胞の酸素分圧の低下は肺細動脈の収縮を引き起こし、肺動脈圧を上昇させる。

    解説

  • 28

    リンパ循環の特徴について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛細血管から濾出した血漿成分は間質液となり、15%が毛細血管に入り、リンパとなる。リンパは周囲の圧迫と弁、周期的自動収縮により循環する。

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ