zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる内分泌・代謝

カード 89枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/07)

  • アルギニンはGHの分泌を促進する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる内分泌・代謝
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アルギニンはGHの分泌を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D14 GHRH、低血糖、アルギニン、グルタミン酸、ドパミン作動薬、β遮断薬はGHの分泌を促進する。

  • 2

    下垂体前葉機能低下症ではまずコルチゾールの補充を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D17 甲状腺ホルモンを先に投与すると副腎不全を誘発することがある。

  • 3

    Sheehan症候群の患者は高張食塩水負荷でADHの分泌が増加しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D17、101G48 Sheehan症候群では後葉の機能は保たれている。

  • 4

    下垂体前葉機能低下症では高K血症となりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D17、108D59 K値の異常は見られにくい。

  • 5

    リンパ球性下垂体前葉炎は妊娠・産褥期に起こりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    Sheehan症候群と間違われやすい。後葉炎は妊娠と関係ない。

  • 6

    先端巨大症ではブドウ糖負荷でGH分泌が抑制されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D20 健常人ではGH分泌は抑制されるは先端巨大症では高値のままである。

  • 7

    先端巨大症ではドパミン作動薬の負荷でGH分泌が異常高値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D20 健常人ではGH分泌は増加するが、先端巨大症では分泌低下する。

  • 8

    先端巨大症では低Ca血症と高P血症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D20 高P血症をきたすが血清Ca値は正常である。

  • 9

    ペグビソマント(GH受容体拮抗薬)は下垂体腺腫の縮小効果が強い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D21 IGF-Ⅰ値の正常化や臨床症状の改善に効果はあるが、腫瘍の縮小効果はない。腫瘍縮小はソマトスタチン誘導体。

  • 10

    サルコイドーシスは高プロラクチン血症を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D22 結核、サルコイドーシス、ランゲルハンス細胞組織球症などの炎症・肉芽腫病変は高プロラクチン血症を来たすことがある。

  • 11

    αメチルドパは高プロラクチン血症の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D22 降圧薬。ドパミン作用を低下させる。

  • 12

    褐色細胞腫は高プロラクチン血症を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D22 関係ない。

  • 13

    アルコールはADH分泌を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D24 喫煙(ニコチン)はADH分泌を亢進させる。

  • 14

    立位時は臥位時に比べてADHの分泌が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D6 立位時は臥位時の約2倍になる。

  • 15

    中枢性尿崩症ではMRIで下垂体後葉の信号低下が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D26、102I56 T1強調画像で下垂体後葉の信号が消失している。健常人では前葉に比し後葉が高信号となっている。

  • 16

    中枢性尿崩症は低Na血症となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D25 低Na血症をきたすのは心因性尿崩症

  • 17

    中枢性尿崩症に下垂体前葉機能低下を伴うものを仮面尿崩症という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D27 ACTH低下によりグルココルチコイドが低下し、水利尿低下によって尿量が減少する。

  • 18

    肺腺癌はAVPの産生しSIADHを引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D28 肺小細胞癌。

  • 19

    SIADHでは浮腫がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    SIADHでは尿浸透圧は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D29 300mOsmを上回る。

  • 21

    ギランバレー症候群はSIADHを合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D28

  • 22

    Basedow病では限局性粘液水腫をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D35 脛骨前面、足背部に限局して皮膚が肥厚し、ムコ多糖が沈着する。

  • 23

    甲状腺機能亢進症では脈圧は減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D36 収縮期血圧は上昇するが拡張期血圧は上昇しないので脈圧は開大する。

  • 24

    甲状腺機能亢進症に対するアイソトープ治療は妊婦には禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D37 β線の内部放射により甲状腺細胞数を減少させる。

  • 25

    甲状腺クリーゼでは徐脈になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D38 中枢神経症状、発熱、頻脈、心不全、消化器症状をきたす。

  • 26

    橋本病では血清CKが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D40

  • 27

    慢性甲状腺炎は悪性リンパ腫の合併に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D44 RA、SLE、シェーグレン症候群、悪性リンパ腫。

  • 28

    甲状腺機能低下症の治療としてT3を補充する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D41 半減期が短いT3は用いず、T4の補充を行う。

  • 29

    亜急性甲状腺炎は圧痛を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D43

  • 30

    亜急性甲状腺炎では131I-uptake試験は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D43 Basedow病との鑑別に用いる。

  • 31

    亜急性甲状腺炎は2ヶ月ほどで自然治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D43 対症療法としてNSADs、重症例にはステロイドを投与する。

  • 32

    Plummer病ではTSHは低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D47 甲状腺結節がTSH非依存性にホルモンを産生する。

  • 33

    甲状腺濾胞癌は甲状腺癌の中で最も頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D51 最も頻度が高いのは甲状腺乳頭癌。

  • 34

    甲状腺乳頭癌ではエコーで砂粒状石灰化がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D51 

  • 35

    甲状腺髄様癌は血清CEAが高値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D52 CEA、カルシトニンが高値となる。

  • 36

    原発性副甲状腺機能亢進症では代謝性アシドーシスをきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D57 PTHの作用でHCO3-の再吸収が抑制されるため。

  • 37

    偽性副甲状腺機能低下症では脳内石灰化が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D62 大脳基底核や前頭葉白質内の石灰化が見られる。

  • 38

    低Mg血症ではPTHの分泌が抑制される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D62 Mg欠乏状態ではPTHの分泌と作用が抑制される。

  • 39

    Cushing病は男性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D66 女性に多い。男女比=1:3

  • 40

    Cushing症候群では好酸球が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D67 好酸球・リンパ球は減少、好中球は増加する。

  • 41

    Cushing症候群では高Ca尿症となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D66 尿路結石になりやすい。

  • 42

    副腎腺腫によるCushing症候群では尿中17-KSは上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D68 正常または減少する。

  • 43

    原発性アルドステロン症ではACTHの日内変動は保たれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D70

  • 44

    原発性アルドステロン症のスクリーニングとしてカプトプリル負荷試験や立位フロセミド負荷試験を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D71 スクリーニングでは血漿アルドステロン濃度と血漿レニン活性の測定を行う。カプトプリル負荷・立位フロセミド負荷は確定診断。

  • 45

    原発性アルドステロン症の診断に高張生理食塩水試験がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D72 高張生理食塩水は尿崩症の診断で行う。原発性アルドステロン症では生理食塩水負荷試験を行う。

  • 46

    原発性アルドステロン症は代謝性アルカローシスを来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D71

  • 47

    偽性アルドステロン症では血清アルドステロンは低値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D74 甘草などによりコルチゾールの不活化が障害され、ミネラルコルチコイド受容体に結合するコルチゾールが増加し、原発性アルドステロン症と同様の症状を来たす。

  • 48

    Addison病では悪心嘔吐がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D76

  • 49

    急性副腎不全に対する治療としてグルココルチコイドの静注を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D78 グルココルチコイド静注と細胞が胃液の補充を行う。VitB1を同時に投与すると糖代謝が亢進する。

  • 50

    褐色細胞腫は便秘を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D81 やせ、頻脈、振戦、発汗過多、T.cho高値、便秘などを来たす。

  • 51

    褐色細胞腫の検査に131I-MIBG副腎シンチを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D82 異所性や転移巣の存在診断に有用である。

  • 52

    褐色細胞腫の血圧管理にはβブロッカー単剤投与が推奨される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D82 高血圧発作を誘発するので禁忌。α受容体遮断薬を用いる。効果不十分な場合、β受容体遮断薬やCa拮抗薬を追加する。

  • 53

    インスリノーマは良性であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D85 悪性は10%

  • 54

    MENⅠ型ではZollinger-Ellison症候群がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D86 ガストリノーマによる過剰な胃酸で難治性の消化性潰瘍、慢性の水様性下痢を来たす。

  • 55

    劇症1型糖尿病ではGAD抗体が陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D98 膵島関連自己抗体は陰性である。

  • 56

    高浸透圧性高血糖症候群では代謝性アシドーシスは示しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D112 著しい高血糖による脱水が主症状。

  • 57

    家族性高コレステロール血症は常染色体優性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D127 LDL受容体異状による高LDL血症。

  • 58

    家族性高コレステロール血症ではⅠ型脂質異常症がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D127 Ⅱa型脂質異常症である。

  • 59

    家族性高コレステロール血症の治療として血漿交換がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D128

  • 60

    痛風結節は骨に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D132 皮下や骨に生じる。

  • 61

    痛風発作は尿酸値の低下でも起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D132 血清尿酸値の変動によって発作は誘発されるので尿酸値の上昇・低下の両方で起こる。

  • 62

    アロプリノールは尿酸の排泄を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D130 尿酸の生成を阻害する。排泄促進はプロベネシド、ベンズブロマロン。

  • 63

    喫煙は骨粗鬆症のリスクファクターである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D136

  • 64

    FGF23は腎尿細管でのPの再吸収を促進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D139 P再吸収を抑制、活性型VitDの産生を低下させ、血清P濃度を低下させる。

  • 65

    Klinefelter症候群では糖尿病を合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D92 悪性胚細胞腫、乳癌、血液悪性疾患、肥満、糖尿病など

  • 66

    バソプレシンは血清ナトリウム値を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D28、103B27(96%) 水の再吸収を促進→血清ナトリウム低下。

  • 67

    高ガストリン血症により萎縮性胃炎を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A34、100G62 逆。萎縮性胃炎→無酸→高ガストリン血症。

  • 68

    肥満のうち90%以上が原発性肥満である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103A10(89%) 

  • 69

    Sheehan症候群ではやせをきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    RB31 やせ、乳汁分泌低下、低血糖など。

  • 70

    低栄養ではリンパ球数は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104E9(93%)

  • 71

    Ellsworth-Howard試験は副甲状腺機能亢進症の診断に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D62、101B88 偽性副甲状腺機能低下症の鑑別に用いる。

  • 72

    先端巨大症では高血圧がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D20 高血圧、DM、睡眠時無呼吸、性機能低下、手根管症候群、血清P上昇。

  • 73

    意識障害の強いSIADHの患者には高調食塩水とフロセミドを投与することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D29 ただし橋中心崩壊症候群には注意。

  • 74

    心因性尿崩症では血漿ADHは低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    105I6(87%) 心因性多飲症では水分の摂取過剰により血漿ADHが低値となり,尿量が多くなる。

  • 75

    LH、FSH、プロラクチンは急性ストレスにより分泌が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    ストレスで低下するのはLH、FSH、エストロゲン。プロラクチンはむしろ上昇。

  • 76

    甲状腺中毒症状の緩和にα遮断薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D37、101A48 β遮断薬を用いる。動機や振戦の緩和。術前処置にも。

  • 77

    亜甲状腺炎ではエコー輝度が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D43、105I70(63%) 低エコー

  • 78

    甲状腺機能低下症の治療の際には狭心症やAMIに注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D41 心機能が急激に改善するため。

  • 79

    高血圧患者のうち1~2%は原発性アルドステロン症患者といわれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D70 5~10%くらい。結構多い。

  • 80

    クッシング病では131I-MIBGシンチグラムで両側副腎の集積像を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D67、105A16(75%) I-アドステロールで両側への集積が見られる。

  • 81

    β刺激によりレニン分泌が促進される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103B14(37%) 

  • 82

    急性副腎不全では低Ca血症をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D78 高Ca血症

  • 83

    MEN1における膵内分泌腫瘍で最も多いのはインスリノーマである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    D83 ガストリノーマ

  • 84

    高インスリン血症では黒色表皮腫が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    V88、102G48

  • 85

    ミトコンドリア遺伝子異常による糖尿病患者は高身長であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    J160、103E66(6%) 低身長、筋力低下、感音難聴、知能低下

  • 86

    尿糖が出現するのは血糖値160~180くらいからである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    102G15

  • 87

    痛風発作初期にはコルヒチン、インドメタシンが適応となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104I28(72%) 間欠期には排泄促進薬(プロベネシド)、生成阻害薬(アロプリノール)

  • 88

    21-水酸化酵素欠損症では尿中17-OHCSは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D79 コルチゾールの代謝産物。

  • 89

    新生児マススクリーニングにおける17-OHプロゲステロンを測定は副腎皮質過形成の検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D79 21-水酸化酵素欠損症で増加する。

56738

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ