zuknow learn together

新しい教材を作成

電解質輸液塾

カード 20枚 作成者: Katsu243 (作成日: 2016/01/07)

  • 覚えるべき輸液製剤2+3

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

電解質輸液塾

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    覚えるべき輸液製剤2+3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5%ブドウ糖液、生理食塩水 ソルデム1輸液、ソルデム3A輸液、ラクテック注

    解説

    第一回

  • 2

    NaCl 1g = ○○ mEq

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 17

    解説

  • 3

    5%ブドウ糖液を投与することは~~を投与するのと同じ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    第一回 ブドウ糖が体内で代謝されて水と炭酸ガスになるため

  • 4

    総体液量は体重の何%?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 60%

    解説

    第一回

  • 5

    細胞内液と細胞外液の比は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2:1

    解説

    第一回

  • 6

    細胞外液はどのように分けられるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間質が体重の15%、血漿が体重の5%

    解説

    第一回

  • 7

    アルブミンなどの膠質液はどこに分布する?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管内

    解説

    第一回

  • 8

    生理食塩水はどこに分布する?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管壁を透過するので、細胞外液に分布する

    解説

    第一回

  • 9

    5%ブドウ糖液はどこに分布する?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管壁も細胞膜も透過するので、細胞外液にも細胞内液にも分布する

    解説

    第一回

  • 10

    ~~は主に細胞外脱水の治療に向いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生理食塩水

    解説

    第一回

  • 11

    ~~は主に細胞内脱水の治療に向いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5%ブドウ糖液

    解説

    第一回

  • 12

    ショックなどで大量の輸液が必要な時に適しているのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳酸リンゲル液

    解説

  • 13

    短時間に大量の生理食塩水を投与するとどうなることがある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 希釈性の高Cl性アシドーシスをきたすことがある

    解説

  • 14

    1号液を生理食塩水と5%ブドウ糖液で説明すると?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほぼ2:1で混ぜたものであり、2/3生理食塩水のような形で使える。

    解説

  • 15

    意識障害AIUEOTIPSのうちAIUは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Alcohol, Insulin, Uremia

    解説

  • 16

    意識障害AIUEOTIPSのうちEOは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Encephalopathy, Endocrinopathy, Electrolytes, Opiate or other overdose, Oxgen

    解説

  • 17

    意識障害AIUEOTIPSのうちTIは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Trauma, Tumor, Temperature, Infection

    解説

  • 18

    意識障害AIUEOTIPSのうちPSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Psychogenic, Seizure, Stroke, Senile, Shock

    解説

  • 19

    重症の低Na血症では~~を使って治療を行うが、このとき○○に注意が必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3%NaCl、浸透圧性脱髄症候群(ODS)

    解説

  • 20

    浸透圧性脱髄症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Osmotic Demyelination Syndrome; ODS

    解説

    これまでは橋中心脱髄症候群(Central Pontine Myelinolysis; CPM)と呼ばれていた。

57026

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ