zuknow learn together

新しい教材を作成

【焼肉前に知っておきたい】 牛肉の部位

公認 カード 28枚 作成者: zuknow Books (作成日: 2014/02/20)

  • イチボ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

焼肉屋に行ってもどこの部位の名前かわからない…。
そもそもこの部位なんでこんなに高いんだっけ…。
そんな悩みを解決&ちょっと知ってるだけで自慢できる知識のカードセットです。
焼肉がお好きな方は、是非ご一読を。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    イチボ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弾力のある赤身部位で先の柔らかい部分はステーキや焼き肉などに使い、それ以外の硬い部分は煮込み料理やシチューに適している。

    解説

  • 2

    ウチモモ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪が少ない赤身。きめはやや粗いが柔らかく、肉質が均一のかたまりが取れるので、ローストビーフや大きな切り身肉の料理に適している。

    解説

  • 3

    ウワスジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩肉の一部のミスジとつながる部位。脂少なめ。

    解説

  • 4

    カイノミ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上カルビとして使用。中バラについている。

    解説

  • 5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩ロース覆うように位置している。脂肪分が少なく硬めですが、肉の味は濃厚でエキス分やコラーゲン・うまみ成分が豊富に含まれている。

    解説

  • 6

    カタバラ(ブリスケ・アバラ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固く主にスライスして提供するところが多い。店によってはユッケで出すところも・・・広島の方ではコウネやコーネ(炎の肉という意味)と呼ぶ店もある。但し熊本ではコーネは馬のたてがみを指す。

    解説

  • 7

    肩ロース(クラシタ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪が程良く霜降り状に分散していて、ロース特有の牛肉らしい厚みのあるうまさを味わえます。薄切りにして使うとさらにうまみが引き出せる。

    解説

  • 8

    クリ(腕サンカク)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩肉の一部のミスジとつながる部分。別名「ウデ三角」栗の形に似ているのでこの名がついた。やわらかい赤身のお肉。

    解説

  • 9

    サーロイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒレについで柔らかく、きめが細かく脂の上質な旨みをともなった牛の最高部位のひとつ。ステーキとしてよく使われ、1センチ以上の厚切りにして焼くと肉汁が逃げない。

    解説

  • 10

    ザブトン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肩ロースの芯の部分。一頭から約3から4kgしかとれない大変貴重な部位。和牛の中で「一番の霜降り」の部位。とにかく柔らかいのが特徴。刺身やすしダネなど生食に適している。

    解説

  • 11

    サンカク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バラ肉の王様。上〜特上カルビに使用。第1〜6肋骨の部分を三角形に切った形のため。1頭から2枚しか取れないとても希少な部位。

    解説

  • 12

    シャトーブリアン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牛のヒレ肉(テンダーロイン)の中で中央部の最も太い部分のこと(牛1頭からとれるヒレ肉およそ4kgから600グラム程しか取れない)。

    解説

  • 13

    スネ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動量が多い為、脂肪がほとんどなく筋が多い。ゼラチン質を多く含み、肉の味が濃厚なのでだしをとるのに最適です。じっくり煮込む事により、コラーゲンが溶出して柔らかくなる。

    解説

  • 14

    ソトモモ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後ろ股の付け根外側の部位。内モモよりすこし硬め、味の濃さが群を抜く。関西名は「そとひら」。

    解説

  • 15

    タン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牛の舌部を指す。主に、食用にする場合に用いる言葉です。数十センチの長さがあり、薄切りないし細切れで食用にされる。タンは、英語で舌を意味するtongueの音に由来する。日本では仙台で特産品として売り出されているものが有名。

    解説

  • 16

    テール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牛の尾部分を「テール」という。牛肉の部位でも、特に固い部位として知られている・・・が、長時間煮込むことでコクのあるスープを取ることも出来る。高タンパク質でコラーゲンが豊富に含まれているため、美容にはもってこいの部位である。牛テールを使った料理としては、テールスープやコムラン(韓国料理)が知られています。肉を食べる・・・というよりも「スープを作る」のに適した部位。

    解説

  • 17

    トモスネ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動量が多い為、脂肪がほとんどなく筋が多い。ゼラチン質を多く含み、肉の味が濃厚なのでだしをとるのに最適。じっくり煮込む事により、コラーゲンが溶出して柔らかくなる。

    解説

  • 18

    トモバラ(ゲタカルビ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肉質はきめが粗く硬めで赤身と脂肪が層になっており、濃厚な風味が味わえる。煮込み料理から焼き肉・すき焼きまで幅広く使用できる。

    解説

  • 19

    トンビ(トウガラシ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一頭から2kgしか取れない希少な部位。肩の一部ですが、肉質はもも。味はさっぱりしていて甘く上品な味わいである。

    解説

  • 20

    ナカバラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルビとして使用。さらに小分けして中バラ、だれバラ、ゲタ、フケ、プレート、カイノミに分ける。

    解説

  • 21

    ネック(ねじ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪分が少なく硬めだが、肉の味は濃厚でおいしくエキス分も豊富。ひき肉や煮込み料理に最適。

    解説

  • 22

    ヒウチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内股(うちもも)の一部位。霜降りが多く美味しい部位。赤身の王様。

    解説

  • 23

    ヘレ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最も柔らかい肉質できめが細かく脂肪・筋がほとんどない。大きな牛でもわずかしか取れないので貴重な最高級肉である。

    解説

  • 24

    ホホ(カシラ・ツラミ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほほ肉は、希少な部位の1つとされている。柔らかい肉質と程よい脂があり、煮込み料理に最適な部位と言える。また、タンに似た独特の風味も特徴である。

    解説

  • 25

    マル(シンタマ・しんしん・マルシン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内股の下位にあたる部位。キメが細かく味は濃い。【別名】 「シンタマ」「しんしん(関東名)」「マルシン」。

    解説

  • 26

    ミスジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木の葉のようなかわいい形と美しい霜降りで口の中でトロける感がある。

    解説

  • 27

    ランプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もも肉の特に柔らかい部分。とても柔らかく旨みがあり代表的なランプステーキの他、ローストビーフやたたきにも最適です。ほとんどの肉料理に利用できる。

    解説

  • 28

    リブロース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪が多く霜降りになりやすく見栄えも良い。肉質はきめ細かくて柔らかく、風味もある優れた肉質である。

    解説

56919

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ