zuknow learn together

新しい教材を作成

9.太宰府:宝満山関連

カード 112枚 作成者: enchan (作成日: 2014/02/20)

  • 宝満山は(1)山地の南端にあり,(2)岩からなっている。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    宝満山は(1)山地の南端にあり,(2)岩からなっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①三郡 ②早良花崗岩 三郡山地 福岡県中部,福岡市東方の三郡山 (936m) を中心に,北西から南東へ約 60km弧状に連なり,福岡県を東西に2分する山地。筑紫山地の一部で,北部は中生層,中部は変成岩,蛇紋岩,南部は花崗岩などから成る。

    解説

  • 2

    古い順に,何と呼ばれて現在の宝満山となったか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御笠山→竈門山→宝満山 因みに三笠山は、高尾・愛嶽・宝満山の事

    解説

  • 3

    宝満山は宝満川と御笠川の源流でもあり,何の神の座す山と崇められたか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水分神 (みくまりのかみ)

    解説

  • 4

    平成25年には富士山・鳥海山に次いで何に指定された?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修験の山として国の史跡に指定された

    解説

  • 5

    宝満山の名前の由来の2説は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.竈門神社の祭神玉依姫の神仏習合的名前「宝満大菩薩」から 2.仁王般若波羅蜜護国経の「宝満佛」から

    解説

  • 6

    開山は,何宗の誰で,何年で,誰が天皇の時で,その墓はどこに?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法相宗の心蓮上人で、673年、天武天皇の時で、墓は仏頂山の東尾寺にある

    解説

  • 7

    上宮から出土したものは(5個) ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皇朝12銭8種45枚、奈良三彩、滑石製有孔円板、墨書土器、製塩土器

    解説

  • 8

    山頂での祭祀のピークはいつ頃で,土器の投棄はいつまで続いた?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9C前半がピーク(遣唐使の安全祈願)で投棄は12Cまで ピークは最澄の時代,12Cとなると修験道の方が盛んになっていった。

    解説

  • 9

    西側の麓の辛野遺跡の祭祀跡は上宮とは違った様相をしめすがどんな様相?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「蕃」と書かれた墨書土器が目立ち,玄界灘その先の新羅を意識した傾向が強い。上宮の墨書土器は「東」記載が目立ち都を意識したものか。

    解説

  • 10

    上宮,辛野で行われた祭祀は,その後どのような変化をした?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7Cには天台宗の仏教的祭祀に切り替わり、その後は修験道へと変わっていった

    解説

  • 11

    中世以後修験道のルートが作られていったがそのルートは(春と秋)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春峰ルート;有智山→若杉山左谷建正寺・右谷石水寺、久山町白山頭光寺、新宮町独鈷寺、宗像長龍寺の天台宗系寺院 秋峰ルート;有智山寺→豊前英彦山、求菩提山、国東両子山

    解説

  • 12

    803年(延喜22)最澄は,(1)寺で(2)の為に(3)像で,(4)を彫ったとされるが実際は(3)像ではなく代用材として(5)が使われた。そもそも檀像とは(6)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①竈門山寺 ②入唐求法の平安祈願の為 ③檀像 ④薬師四体 ⑤佰木(はくぼく)つまり榧材(かやざい) ⑥檀像とは白檀びゃくだん・栴檀せんだん などを用いて作った彫像。平安時代に多くみられる。 榧,白檀など詳しい解説はpages資料6参照。

    解説

  • 13

    最澄は日本全国に護国安全の為日本国六所宝塔建立を目指した。夫々の名前と置かれた国名や地名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安北;下野国、安東;上野国緑野郡、安中;比叡山山城国、安惣;比叡山近江国、安西;筑前有智山、安南;豊前国宇佐

    解説

  • 14

    安西;筑前国有智山には,何年に,誰が宝塔を建立した?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 933年(承平3)に、沙弥證覚が建立 933年は朱雀天皇の世で国内は群盗や疫病で乱れ,平将門の乱が始まった頃。935年には新羅が滅亡した。

    解説

  • 15

    空海は,宝満山の(1)崫で,(2)の修行をした。(2)の功徳は(3)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①福城崫 ②虚空蔵求聞持法(こうくうぞうぐもんじほう) ③限りない記憶力

    解説

  • 16

    円仁は,入唐前に何処で安全祈願をし,帰国後祈願した神々に何を転経したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竈門山大山寺で祈願し、金剛般若経五千巻の転経をした。 (最澄が祈願した時は竈門山寺と言った。約50年の間に名前が変わった?)

    解説

  • 17

    円仁が開山したり再興したりした高名な寺は(最低四寺)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目黒不動の滝泉寺、山形の立石寺、松島の瑞巌寺、浅草浅草寺など

    解説

  • 18

    光明寺横を流れて来た(1)川と宝満山から連歌屋まで流れて来た(2)川は,連歌屋からは(3)川と名前を変え,五条で合流し(4)川となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①藍染川 ②岩踏 ③白川 ④御笠川

    解説

  • 19

    盛時には北谷,南谷,内山地区に(1)の坊があり,学問を専らにした(2)方が(3),修験道を専らとする(4)方が(5)の規模であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①370 ②衆徒 ③300 ④行者 ⑤70 この時代,崇福寺には22坊,原山は8坊,観世音寺は80余坊,安楽寺は多数!の坊あり。

    解説

  • 20

    一合目登山口の歌碑は(1)? 作者は(2)?なんという歌集に収録されている(3)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①春はもえ秋はこかるるかまと山 かすみも霧もけふりとそ見る ②清原元輔 ③拾遺和歌集

    解説

  • 21

    宝満山の石造鳥居(通称1)は,(2)が勧請し,(3)が建立した。(4)年の事である。平成27年に(5)に指定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一の鳥居 ②宝満山中興の祖平石坊弘有 ③三代藩主光 ④1679 ⑤市指定有形文化財(建造物)

    解説

  • 22

    三合目には休堂と井戸もあるが,その名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徳広の井 (とくひろ)

    解説

  • 23

    五合目にある有名な岩と石碑は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 座頭落としの岩と禁断殺生の石碑

    解説

  • 24

    六合目には(1)屋敷跡があり,これは(2)坊の跡で廃仏毀釈後もただ一つ残った

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①吉田 ②浄行

    解説

  • 25

    この一滴の水は本尊聖衆を澡浴し,一切の煩悩罪垢を洗浄すると言われたのは(1)井で梵語の(2)が変化したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①閼伽の井 ②梵語の「アルガ」「功徳水」が変化した

    解説

  • 26

    閼伽の井の上にある芭蕉の句は? またその句意は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世の人の見つけぬ花や軒の栗  栗の花は地味で目立たず、世人も目をとめて見ることもないが、この家の主 はそんな栗の木を軒近くに植えて、ひそかに隠れ住んでいることよ。  「栗といふ文字は西の木と書きて西方浄土に便りありと、行基菩薩の一生、 杖にも柱にもこの木を用ひ給ふとかや」との前詞がある。 世塵を避けてひっそりと暮す主の奥ゆかしさを、その家の軒端の栗の花に託し て詠んだ挨拶句である。

    解説

  • 27

    八合目の「5所秘水」の中でも一番の秘水で若返るすると言われる井戸は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 益影の井

    解説

  • 28

    益影の井の上にある(1)岩は(2)座で,(3)と彫られている。彫ったのは(4)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①竈門岩 ②磐座 ③仙竈 ④仙厓和尚

    解説

  • 29

    竈門岩の先にある左右の岩が(1)で,すぐ横に(2)石があり,仙厓の(3)が彫られている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①袖すり岩 ②馬蹄石 ③偈

    解説

  • 30

    頂上(上宮社殿の側)にあり一番目立つのが(1)岩で(2)と刻まれている。作者は(3)である。(2)の意味は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①礼拝岩 ②肇祉(ちょうし) ③吉嗣拝山 肇は,物事の始まり 祉は,神から授かる幸福の事。

    解説

  • 31

    宝満山山中から出土したお経を紙に書く代わりに粘土版に刻んで焼き締めた経塚遺物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瓦経(がきょう)

    解説

  • 32

    山中で採集された古銭は(1)と呼ばれ,(2)種(3)数枚にのぼる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①皇朝12銭 ②8 ③40

    解説

  • 33

    出土した皇朝12銭8種は(1-8)で,一番最初に発行されたのが(9)で(10)年,最後となるのが(11)で(12)天皇の(13)年である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①-⑧和同開珎,万年通宝,神功開宝,隆平永宝,富寿神宝,承和昌宝,延喜通宝,乾元大宝 ⑨和同開珎 ⑩708 ⑪乾元大宝 ⑫村上 ⑬963

    解説

  • 34

    竈門神社の境外末社である愛嶽社の元々の祭神は?その後明治初年に何に変った?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊豆奈権現,軻遇土(かぐつち)神 (かぐ)は「輝く」の意で「匂いをかぐ」や「芳しい」に通じる言葉。土は「つ」と「ち」に分けられ,「つ」は「私の本」と言う時の「の」に相当する古語である。又「ち」は神などの超自然的なものを表す言葉である。纏めると「輝く火の神」「ものが燃えている匂いのする火の神」といった意味。

    解説

  • 35

    愛嶽(おたけ)神社に祀ってあるものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勝軍地蔵 僧形ながら甲冑を付け左手に宝珠、右手に錫杖を持ち馬に跨っている。

    解説

  • 36

    内山地区にある釈迦院とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少弐5代当主貞経以後の武藤家代々の菩提寺跡

    解説

  • 37

    内山辛野遺跡は何に指定されている。また主に何が出土した?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太宰府市指定史跡、蕃と書かれた墨書土器や皇朝銭などが出土した。

    解説

  • 38

    北谷地区にある坊やお堂を建てるために造成された段々の地形を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九重原(ここのえばる)

    解説

  • 39

    南谷には少弐氏の館があったことを窺わせる旧小字があるが,それら二つは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御館(おだて)や評議場

    解説

  • 40

    塩売り大黒または塩振り大黒様として有名だった仏像は廃仏毀釈で何処に安置されたか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宝照院(博多区冷泉)

    解説

  • 41

    北谷の一番高い所にある北谷(1)の別名は(2)。そこにある代表的な絵馬3点は(3)。またそこにある金属音のする石は(4:通称名)(5:正式名)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宝満宮 ②竈門神社北谷遥拝所 ③吉嗣梅仙「神功皇后伝絵」「賤が岳七本槍図」、萱島秀山「日清戦争図」④カンカン石 ⑤古銅輝石安山岩

    解説

  • 42

    北谷の(1)で隠棲したのは(2)の第八皇子(3)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①智光院 ②鳥羽院 ③真誉親王

    解説

  • 43

    大友宗麟の検地や重税で坊は山中に25程しか残らなかったがその時の座主坊は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楞伽院

    解説

  • 44

    春の(1)で豊作を祈願し,夏祭り(2)では無病息災を祈り,七夕の短冊に願いを込め,(3)の祭に稲の生育を感謝し台風の被害のないことを祈る。そして収穫感謝の(4,5)。一年無事に過ごせたことを感謝して新しい(6)を綯い,神前に捧げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①お籠もり ②およど ③八朔の祭 ④新嘗祭 ⑤宮座 ⑥注連縄

    解説

  • 45

    ホウゲンキョウとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新年のお祭りで竹や藁で作られた櫓を正月飾りと共に燃やす(奉献行・左義長・どんと焼き)

    解説

  • 46

    採灯護摩供は明治初年の(1)以来途絶えていたが,(2)年に開山心蓮上人の(3)年遠忌を記念して復興された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①神仏分離 ②昭和57年(1982) ③1300 (太宰府市誕生を記念して復活)

    解説

  • 47

    S57年の採燈護摩供の復興を記念して作られた歌を何と言う?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入峰と採燈護摩供の復興を記念して琵琶歌「竈門山」が作られた。5月の採燈護摩供の日に奉納される。

    解説

  • 48

    平成25年に宝満山は(1)と言う登録名で市内(2)番目の国の史跡 指定を受けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宝満山 ②8

    解説

  • 49

    数次の発掘調査で現在迄に(1-2)地区で礎石建物が復元された。その礎石は(3)寺の(4)後期に再建された(5-6)クラスの大型建物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②下宮・大門 ①竈門山寺 ②平安 ③④講堂、金堂 (大いに疑問ありー平安末期は竈門山寺?大山寺では?円仁の頃850年頃は大山寺と言っていた!)

    解説

  • 50

    密教の本尊(1)には二つの相対する世界(2-3)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大日如来 ②③胎蔵界と金剛界

    解説

  • 51

    胎蔵界とは大日如来の(1)の方面から説いたもので曼荼羅は(2)中心に展開する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①慈悲や理 ②八葉蓮華(花弁が8葉の蓮華。真言密教では胎蔵界曼荼羅の中央に大日如来,8葉に4人の仏陀と4人の菩薩を配す)

    解説

  • 52

    金剛界は堅固な(1)の面から説いたもので曼荼羅は(2)の曼荼羅である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①智慧(智慧はダイヤ金剛の様に硬い) ②九絵(くえ) :特徴は円=月輪(がちりん)の組合構成されている事。

    解説

  • 53

    高尾山の山城は(1)年の(2)の際,島津方の(3)氏が一時的に築いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1586年 ②岩屋城の戦い ③秋月氏

    解説

  • 54

    宝満山まとめ① 三合目には(1)堂,(2)井それに宇美方面から交わる(3)首と呼ばれる場所がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①休堂 ②徳広の井 ③琵琶首

    解説

  • 55

    宝満山まとめ ② 五合目には(1)岩と(2)の石碑がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①座頭落としの岩 ②禁断殺生

    解説

  • 56

    宝満山まとめ ③:六合目には明治迄続いた(1)の跡があり(2)坊が唯一,廃仏毀釈後も神職となって残ったものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①吉田屋敷 ②浄行坊

    解説

  • 57

    宝満山まとめ ④ 六合目の上がきつい階段(1)でさらにその上に(2)と詠んだ芭蕉の句がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①百段ガンギ ②世の人の見付けぬ花や軒の栗 (折れ鳥居に刻んである)

    解説

  • 58

    宝満山まとめ ⑤ 芭蕉の句碑があるその上が(1)跡でその広場の中央に(2)と書かれた石碑がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中宮跡 ②竈門山

    解説

  • 59

    宝満山まとめ ⑥ 中宮跡から三つの道(1-3)に分かれて山頂を目指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①-③女道、羅漢道、男道

    解説

  • 60

    宝満山まとめ ⑦;中宮跡八合目の男道を進むと五所秘水の中で第一の秘水である(1)がありその上の岩が(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①益影の井 ②竈門岩

    解説

  • 61

    宝満山まとめ ⑧;竈門岩はいわゆる(1)であり,山名の由来でもあり,ひとつには(2)の揮毫で(3)と大書きしてある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①磐座(いわくら) ②仙厓 ③仙竈

    解説

  • 62

    宝満山 ⑨;竈門岩から頂上真下に進むと縁結びの(1)岩,その横に(2)石があり(3)の(4)が掘られている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①袖すり岩 ②馬蹄石 ③仙厓 ④偈(げ)

    解説

  • 63

    馬蹄石に彫られた仙厓の偈は何をうたったものか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宝満山の祭神である玉依姫が示現した時の様子をうたったもの

    解説

  • 64

    宝満山まとめ ⑩;頂上には多くの巨岩が屹立しているが一番目立つのが(1)で(2)が揮毫した(3)の文字が刻まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①礼拝岩 ②吉嗣拝山 ③肇祉

    解説

  • 65

    宝満山まとめ ⑪;頂上を降りるとキャンプセンターに出るがこれは(1)跡でその下はマメ科の大木(2)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①楞伽院 ②サイカチの木

    解説

  • 66

    宝満川の以前の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蘆城川(あしきがわ)

    解説

  • 67

    万葉集に謳われた蘆城のうたは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女郎花 秋萩まじる蘆城野は今日を始めて萬代に見む

    解説

  • 68

    宝満山最古の縁起は(1)時代後期の(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鎌倉 ②竈門宝満大菩薩記 当社社伝である鎌倉時代後期の『竈門宝満大菩薩記』では、元は「仏頭山」「御笠山」と称されていたが、神功皇后の出産の時にこの山に竈門を立てたことに由来すると伝える。一方『筑前国続風土記』では、山の形が竈に似ており、煮炊きの様子を示すかのように雲霧が絶えないことに由来するとする。

    解説

  • 69

    竈門神社は(1)年に(2)院から(3)の官苻を賜った。竈門神社が最も繁栄した時代であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1085年 ②白河院 ③九州鎮守 (まさに院政の始まる1年前。370の坊が展開したのもこの頃)

    解説

  • 70

    (1)年に上宮・下宮が創建されその前後に御笠山から(2)に名前が移っていった可能性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①724年 ②竈門山 元正天皇時代,20年藤原不比等死去,23年三世一身法制定。

    解説

  • 71

    最澄は(1)という身分で唐に渡り,空海は(2)という身分であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①還学生(げんがくじょう) ②留学生(るがくじょう) 還学生は通訳も付いたエリート,留学生は本来20年は滞在すべき文字通り留まらねばならない身分。二人の詳細はpages資料7。

    解説

  • 72

    最澄が帰国後発した二大願とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大乗戒壇の設置と六所宝塔建立

    解説

  • 73

    六所宝塔は奈良時代の(1)の制に替わり日本国の中央と辺境に(2)を建て(3)経の功徳で平安な治国を目指したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国分寺・国分尼寺 ②多宝塔 ③法華経

    解説

  • 74

    最澄は帰国後(1)年に筑紫に下り入唐求法の成就に報謝する為檀像(2)を作り(3)一千部八千巻を書写した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①814年 ②千手観音菩薩 ③法華経 814年は,桓武-平城-嵯峨天皇と続いた嵯峨期。810薬子の変,816年検非違使設置(そろそろ武士台頭の萌芽)。

    解説

  • 75

    実際に宝塔が(1)によって建立されたのは(2)年で4年後には(3)に建立予定であった安南宝塔が(4)に建てられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①沙弥證覚 ②933年 ③宇佐弥勒寺 ④筥崎宮 検非違使庁で訊問を受けていた平将門が朱雀天皇の元服による大赦で罪を許されるが一族との争いは天慶3年940年の敗死まで続いた。忠平の縁者でもあった藤原純友も海賊化して瀬戸内海周辺の海域を荒らす(承平天慶の乱)。

    解説

  • 76

    九州に安西・安南の宝塔が建立されたのは国の内外で政情不安な時期であった。何があった?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内では平将門の乱や藤原純友の乱、国外では新羅の滅亡など。

    解説

  • 77

    修験道の開祖(1)が山中に全部で(2)窟を開いたが,(2)窟の第一(3)窟の中には(4)が線刻されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①役行者 ②七 ③法城 ④十一面観世音

    解説

  • 78

    英彦山の宝満山末寺論に反発した急先鋒は(1)で1665年に(2)の末山とした。その後黒田藩より離山禁固を命ぜられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平石坊弘有 ②聖護院 聖護院は京都市左京区聖護院中町にある本山修験宗総本山の寺院。聖護院門跡とも称する。山号はなし。開基は増誉、本尊は不動明王である。 日本の修験道における本山派の中心寺院であると共に全国の霞を統括する総本山である。寺名は聖体護持の意である。霞はpages資料8。

    解説

  • 79

    弘有離山後,座主となったのは(1)で山中(2)坊,筑前一円に三十数坊の組織化を図り,(3)の祈祷社として雨乞いなど担当した.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①楞伽院 ②25 ③黒田藩

    解説

  • 80

    明治5年に(1)道が廃止され,山伏には離山命令が出た。上宮は(2),中宮は(3),下宮は(4)とされた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①修験道 ②内山村の村社 ③廃止 ④無格社

    解説

  • 81

    官幣社昇格運動は福岡裁判所判事(1)の指摘により,(2)等地元の人の努力で漸く明治(3)年に(4)小社となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①原田直敦 ②吉嗣拝山 ③28 ④官幣 (同年,太宰府神社は官幣中社)

    解説

  • 82

    諸縁起で宝満山の始りは(1)天皇が政庁の鬼門で(2)を行い,673年には(3)上人が(4)の示現で(5)を創建したとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①天智天皇 ②祭祀 ③心蓮 ④玉依姫 ⑤竈門神社 (法相宗の僧侶が神宮を創建するか疑問。竈門寺でもなかろうし?)

    解説

  • 83

    300の衆徒方,70の行者方の房舎が隆盛を極めたのはいつ頃の時代か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平安時代末から鎌倉時代にかけて

    解説

  • 84

    中世の宝満山の特徴は(1)道と結びついた事。更に(2)を契機に外敵に備えて(1)への期待が益々高まった事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①修験道 ②蒙古襲来

    解説

  • 85

    修験道では(1)が顕著で,それを表現した代表的な遺物二点とは(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①神仏習合 ②磨崖梵字、懸け仏

    解説

  • 86

    14世紀に北部九州を支配する(1)氏の本城である(2)が(3)谷に築かれ15世紀迄(2)は落城と(1)の奪還を繰り返した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①少弐氏 ②有智山城 ③南 (長沼賢海説では少弐氏の公的な城が浦の城で私的な城が有智山城というが)

    解説

  • 87

    16世紀には豊後の(1)により宝満山は城塞化され(2)と呼ばれるようになった。城主は(3)が任じられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大友氏 ②宝満城 ③高橋紹運

    解説

  • 88

    中世末の戦乱で被害を受けた宝満山に米の施入や建物の造営を行った武将二人とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 豊臣秀吉、小早川隆景 天満宮や筥崎,辺津宮にも手厚い保護を施したが,観世音寺や崇福寺には聞かれない。何か訳あり?

    解説

  • 89

    黒田藩も秀吉,隆景に引き続き宝満山復興に取り組んだが(1)も決まらず(2)以来の混乱が続いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①座主 ②戦国

    解説

  • 90

    1658年(万治元年)に(1)が衆頭となり祭事の復興,講堂の再建を行ったが(2)との(3)に敗れる形で失脚した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平石坊弘有 ②英彦山 ③本末争論

    解説

  • 91

    弘有失脚後,福岡藩より座主として任じられたのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楞伽院兼雅(りょうがいんけんが)

    解説

  • 92

    宝満山と英彦山との争いは元禄9年(1)年に(2)の裁定で和睦がなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1696年 ②福岡藩

    解説

  • 93

    英彦山との和睦後大峯,葛城峯,大巡行が行われたが夫々何をした?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大峯:秋に英彦山に駆ける. 葛城峯:春に宗像孔大寺山を胎蔵界として駆ける. 大巡行:夏に山内を巡る.

    解説

  • 94

    廃仏毀釈後本格的に入峰が行われたのは(1)上人の開山(2)年(3)を記念しての事であった。S57年の事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①心蓮 ②1300年 ③遠忌 (Cf.問99)

    解説

  • 95

    県指定文化財で宝満山の最も詳細で古い絵図とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宝満山絵図(東図ひがしず) (江戸時代・17世紀 福岡県立美術館 宝満山の最も詳細で古い絵図。太宰府市側からみた西図と筑紫野市側からみた東図がある。山中の記述が詳しく、建物などの位置を知ることができる貴重な史料である。)

    解説

  • 96

    加藤一純編集の(1)には180余りの挿図があり,宝満山の挿図は(2,3)村から頂上まで正面参道を中心に丁寧である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①筑前国続風土記附録 ②内山・北谷村

    解説

  • 97

    奥村玉蘭の(1)は(2)的な絵図を付す事に特徴があり,機密保持の観点から藩より(3)を許されなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①筑前名所図絵 ②写実的 ③出版

    解説

  • 98

    修験道の祖と呼ばれるのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 役行者(役小角えんのおづか)

    解説

  • 99

    大巡行は(1)に(2)を巡る行で,春秋の峰入りが密教の修行であるのに対し(3)山の(4)という(5)宗の修行である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①夏 ②宝満山 ③比叡山 ④回峰行 ⑤天台宗

    解説

  • 100

    竈門神社で五月の最終日曜日に行われている行事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 採灯護摩供

    解説

  • 101

    二代藩主忠之が寄進した銅鏡三つとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銅鏡「宝満宮」、銅鏡「聖母(しょうも)宮」、銅鏡「八幡宮」

    解説

  • 102

    忠之が寄進した銅鏡の内(1)は消失した為(2)が再度寄進した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宝満宮 ②11台藩主長溥

    解説

  • 103

    筑前国続風土記:宝満山は筑前国の(1)称す.之を(2)と言う.祀る神社は(3)の女(4)姫也.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①惣鎮守 ②鎮山 ③海神 ④玉依姫

    解説

  • 104

    宝満山の本格調査は(1)年に開始。(2)調査会が発足し,代表は(3),主なメンバー三人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①昭和35年 ②宝満山文化綜合 ③西高辻信貞 長沼賢海 鏡山猛 小田富士雄

    解説

  • 105

    竈門山の名称の由来を記した旧記は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1684-87年に旧記を集めた「竈門山旧記」に記載されている。 (最古の縁起は竈門宝満大菩薩記,弘有が著したのは竈門山宝満宮縁起)

    解説

  • 106

    上宮祭祀遺跡の活動期は第Ⅰ期と第Ⅱ期に分かれる。夫々の時期と特徴は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第Ⅰ期:8C後半ー10C 律令祭祀 第Ⅱ期:11C後半ー16C 仏教的色彩の強い神仏混合(武士台頭)

    解説

  • 107

    最澄が遣唐使4船の渡海の安全を祈って薬師四体を彫ったという記述が書かれているのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 叡山大師伝

    解説

  • 108

    少弐氏が築いた宝満山の山城は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有智山城

    解説

  • 109

    現在の説は宝満城は,山岳(1)を接収し(2,3)が城となり,麓に(4)城,愛岳に(5),頭巾山に(6)城など宝満城塞群であったとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①寺院 ②③上宮,中宮 ④有智山 ⑤枡形 ⑥頭巾山 麓に建てたのは浦ノ城では?

    解説

  • 110

    英彦山との本末争いの中(1)が編集したのが(2)で,高らかに宝満山の優位性をうたっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平石坊弘有 ②竈門山宝満宮縁起

    解説

  • 111

    主な4つの宝満山縁起とは?その中で最古のものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竈門山宝満宮伝記、竈門山宝満宮縁起、竈門山旧記、竈門宝満大菩薩記(最古)

    解説

  • 112

    宝満7窟とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法城 福城 剣 大南 藤 宝塔 釜蓋

    解説

57031

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ