zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる肝胆膵

カード 66枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/05)

  • Cantlie線は下大静脈と胆嚢を結んだ線である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる肝胆膵。
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Cantlie線は下大静脈と胆嚢を結んだ線である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B2 臨床的に肝臓を右葉と左葉に分ける。

  • 2

    閉塞性黄疸では尿ウロビリノゲンが強陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B8 尿ウロビリノゲン陰性、尿ビリルビン陽性となる。

  • 3

    ASTは肝細胞に特異的な酵素である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B16 ASTは肝細胞、筋細胞、赤血球などに存在する。ALTは主に肝細胞内に存在する。

  • 4

    急性肝炎では激しい頭痛が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    99B36 中枢神経症状は見られない。

  • 5

    A型肝炎は慢性化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B26 慢性化することはなく、安静・対症療法で大部分が治癒する。

  • 6

    A型肝炎はギランバレー症候群を合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B27 急性腎不全、溶血性貧血、赤芽球ろう、再生不良性貧血、胸膜炎、膵炎などを合併する。

  • 7

    A型肝炎ウイルスにはワクチンが完成している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B27 東南アジアに行く際はA型肝炎の予防接種を受けたほうがいい。

  • 8

    C型肝炎はクリオグロブリン血症を合併する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B32 腎糸球体内にクリオグロブリンが沈着するとクリオグロブリン腎症がみられる。

  • 9

    C型肝炎の新たな治療として抗ウイルス薬の2剤併用が有効とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    ダクラタスビル+アスナプレビル ソフォスブビル+リバビリン ソフォスブビル+レディパスビル

  • 10

    E型肝炎は慢性化しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B33 妊婦では重症化、劇症化しやすいので注意する。

  • 11

    C型慢性肝炎に対するPEG-INF治療の合併症として間質性肺炎がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B37 抑うつ、血小板減少、貧血などもある。

  • 12

    劇症肝炎では肝腫大が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B39 肝萎縮がみられる。

  • 13

    劇症肝炎では低血糖となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B39 

  • 14

    劇症肝炎患者に対する輸液には分枝アミノ酸を含ませる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B40 輸液はアミノ酸を含まないブドウ糖液が良い。尿素サイクルの著しい障害がみられるため、分枝アミノ酸も投与不可。

  • 15

    劇症肝炎は肝移植の適応と成り得る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B40 成功時の救命率は高い。

  • 16

    劇症肝炎において、亜急性型は急性型よりも予後が良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B40 亜急性型(肝炎発症後11~56日に昏睡がみられるもの)の方が予後が悪い。生存率10~20%。

  • 17

    アルコール性肝障害ではALTに比べてASTが優位に上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B45

  • 18

    アルコール性肝障害では禁酒によりγ-GTPが速やかに改善する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B46 肝腫大も軽減する。

  • 19

    アルコール性肝障害ではリンパ球浸潤が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B45 好中球浸潤

  • 20

    脂肪肝ではインスリン感受性が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B42 脂肪肝の患者ではインスリン抵抗性が問題となる。

  • 21

    NASHではフェリチン値が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B44 上昇する。

  • 22

    肝硬変ではヒアルロン酸が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B48 繊維化を反映してヒアルロン酸、Ⅳ型コラーゲンが上昇する。

  • 23

    肝硬変ではコレステロールは上昇している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B48 肝の合成能低下のため、Alb、コリンエステラーゼ、コレステロールは低下する。

  • 24

    肝硬変では血漿アルドステロン値が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B48 Alb低下により血管内脱水が起こりRAA系が上昇する。利尿薬としてスピロノラクトンを使用する。

  • 25

    自己免疫性肝炎では抗平滑筋抗体が陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B50 抗平滑筋抗体、抗核抗体が陽性となる。中年女性に多い。

  • 26

    自己免疫性肝炎では小葉間胆管の慢性非化膿性破壊性胆管炎が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B52 PBCの特徴。

  • 27

    PBCの治療の第一選択はステロイドである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B52 ウルソデオキシコール酸。ステロイドは骨粗鬆症を悪化させるため禁忌である。

  • 28

    肝血管腫は肝良性腫瘍の約80%をしめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B59 

  • 29

    胆嚢壁は粘膜、固有筋層、漿膜下層、漿膜の4層からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B68 粘膜筋板と粘膜下層を欠く。

  • 30

    背側膵管はVater乳頭に開口する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B69 Vater乳頭に開口するのは腹側膵管と総胆管である。

  • 31

    胆石発作の急性期には抗コリン薬が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B77 抗コリン薬、NSAIDsなど。

  • 32

    胆嚢炎の起炎菌としてグラム陰性桿菌と嫌気性菌が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B80

  • 33

    急性胆嚢炎のエコー所見では胆嚢壁肥厚がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B80 胆嚢腫大、胆泥、胆嚢壁肥厚などがみられる。

  • 34

    PSCは胆管周囲の輪状繊維化が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B81 胆管周囲の輪状繊維化と数珠状の胆管狭窄が特徴的。

  • 35

    PSCは若年男性に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B81 20代と60代に2つのピークがある。

  • 36

    PSCはシェーグレン症候群の合併が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B81 シェーグレンはPBC。PSCはUCの合併が見られる。

  • 37

    胆嚢腺筋腫症ではRokitanski-Aschoff洞の増生がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B81 エコーでの胆嚢壁の肥厚やComet like echoが特徴的。

  • 38

    胆嚢腺筋腫症は高確率で胆嚢癌の発生母地となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    99E35 発生はかなり稀

  • 39

    急性膵炎では低血糖となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B88 インスリン分泌が低下するため。

  • 40

    乳幼児の急性膵炎の背景に虐待が存在することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B90 乳幼児は外傷性の急性膵炎をきたしやすい。

  • 41

    肝硬変ではBT-PABA試験が異常値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B91 尿中BT-PABA排泄率は膵キモトリプシン活性を反映し、肝・腎・小腸機能の影響を受ける。

  • 42

    自己免疫性膵炎ではIgG4が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B93 IgG4関連疾患として注目されている。

  • 43

    自己免疫性膵炎は主膵管の拡張が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B94 主膵管は狭窄している。

  • 44

    膵癌の組織型として乳頭腺癌が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B95 管状腺癌が最も多い。

  • 45

    IPMNの主膵管型は悪性であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B99 70%以上が悪性。分枝型の70%以上は良性とされる。

  • 46

    HBV針刺し事故により感染が成立する確率は感染源のHBV-DNA量が多いと高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B30 HBV-DNA量多いHBe抗原(+)では60〜80%,HBV-DNA量の少ないHBe抗原(-)では数%

  • 47

    ラミブジンはB型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B101 ラミブジン、エンテカビル、アデホビルなどの核酸アナログ。

  • 48

    A型肝炎は猪肉が原因で起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B33 猪肉はE型。A型は生牡蠣など。

  • 49

    B型急性肝炎の診断は,一般にはIgM型HBe抗体陽性の確認により行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B31、107I11(47%) B型急性肝炎の診断はIgM型HBc抗体陽性の確認により行う

  • 50

    肝硬変による腹水の性状は淡黄色透明である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    100C7 低アルブミン血症による漏出性腹水。

  • 51

    特発性細菌性腹膜炎は腹水中の好中球の増加が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A117、102D41 有腹水肝硬変における重要な感染症である。

  • 52

    肝硬変が進行するとヘパスラスチンテスト値は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B18、106D1(98%) 凝固因子の合成能を反映する。

  • 53

    脂肪肝は黄疸をおこしにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104H9(96%) 通常見られない。

  • 54

    Gilbert症候群ではICG試験値は上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    103E21(74%) 間接ビリルビンが軽度増加するが肝機能検査には異常を認めず、ICG試験も正常である。ICG試験で異常を示すのはRoter症候群である。

  • 55

    胆嚢炎のリスク因子にアルコールがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    100B77 ない。

  • 56

    慢性アルコール性障害は大腿骨頭壊死の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    100B77

  • 57

    肝障害を指摘されている患者でZTTの上昇がみられたら自己免疫性肝炎を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B50、100F29 ZTTはIgGの増加を示唆する。

  • 58

    内腸骨静脈は門脈に流入しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    105E6(84%) 下大静脈に直接流入する。

  • 59

    右肝静脈は右葉の前区域と後区域の境を走行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B3、105B4(74%) 

  • 60

    トランスフェリンは低栄養の指標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B4、101B64 主に肝臓で合成される。

  • 61

    γ-グロブリンは肝予備能の指標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    105E34(83%) 慢性肝疾患による長期的な炎症で増加するが、肝予備能の指標とはならない。

  • 62

    肥満は胆石の中でも主に黒色石のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B74、102D16 コレステロール結石。黒色石は溶血性貧血、肝硬変、胃全摘など。

  • 63

    中心静脈栄養はコレステロール結石のリスクとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    100B32 中心静脈栄養管理時には胆泥ができやすく,コレステロール過飽和になりやすい。

  • 64

    急性膵炎の治療ではH2ブロッカーを使用することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    B89、103G64(83%) 膵外分泌液を抑制するために絶飲食とする。

  • 65

    膵島ではα細胞の細胞数が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    B71、101B45 α:15~20%、β:60~70%、残りはδ

  • 66

    セクレチンは胃酸分泌を抑制し,膵液中の水および重炭酸イオンを分泌する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A11、103E2(93%)

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ