zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる消化器

カード 91枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2016/01/04)

  • 食道アカラシアの治療としてCa拮抗薬がある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる消化器
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    食道アカラシアの治療としてCa拮抗薬がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A17 基本はオペだがそれまでのつなぎとして、Ca拮抗薬や硝酸薬を用いる。

  • 2

    食道アカラシアでは吐血がみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    99A24

  • 3

    食道アカラシアは高齢者に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A17、89B28 20~40歳に多い。

  • 4

    食道アカラシアでは食道癌の発生率が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A17 内視鏡による定期的なフォローが必要になる。

  • 5

    NERDの診断にpH モニタリングが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    NERDは内視鏡所見が乏しい。

  • 6

    GERDはBarrett食道の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A21

  • 7

    GERDの治療としてピロリ菌の除菌が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A21 増悪するので禁忌。

  • 8

    胃切除後に発症したGERDにはPPIが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A20 腸液性(アルカリ)の逆流なのでPPIは無効。カモスタットメシル酸が有効(蛋白分解酵素阻害薬)

  • 9

    カンジダの培養にはサブロー培地を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A22 検出にはHE染色、PAS染色、グラム染色などを用いる。

  • 10

    Mallory-Weiss症候群ではまずは保存的治療を試みる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A23 大量出血が続く場合はクリッピングなど。

  • 11

    食道良性腫瘍では平滑筋腫が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A24 最多。70~80%

  • 12

    食道癌は胸部中部食道に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A25

  • 13

    食道癌の手術は原則として左開胸で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A25 原則として右開胸で行う。

  • 14

    上部食道癌は下部のものに比べて予後不良である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A28 手術操作が困難であるため。

  • 15

    食道静脈瘤の治療としてクリッピングがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A30、104G6

  • 16

    白色静脈瘤より青色静脈瘤の方が破裂の危険性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A30 青色静脈瘤、連珠様静脈瘤、発赤所見は破裂の危険性が高いとされる。

  • 17

    食道静脈瘤の治療として内視鏡的硬化術や結紮術がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A30

  • 18

    Zenker憩室は牽引性の食道憩室である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A32 Zenker憩室は圧出性、Rokitanski憩室は牽引性の食道憩室。

  • 19

    機能性ディスペプシアの原因のひとつに心理的ストレスがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A35 上腹部の慢性的な不定愁訴を訴えるが、あきらかな器質的異常が認められないもの。

  • 20

    ピロリ菌の除菌により、胃・十二指腸潰瘍の再発リスクは低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A36

  • 21

    ピロリ菌の除菌にはアモキシリン、クラリスロマイシン、PPIの三剤を併用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A39 成功率は80%。不成功例ではクラリスロマイシンをメトロニダゾールに置き換えて再チャレンジする。

  • 22

    胃・十二指腸潰瘍の治療にエタノールの局注がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A40

  • 23

    ピロリ菌関連疾患に胃平滑筋腫がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A40 胃炎、潰瘍、癌、MALTリンパ腫、過形成ポリープ、ITPなど。

  • 24

    十二指腸潰瘍は胃潰瘍よりも穿孔しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A37 特に球部前壁潰瘍

  • 25

    胃底腺ポリープはピロリ菌が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A45 胃底腺粘膜はピロリ菌非感染粘膜に発生する。ピロリ菌が関係するのは過形成ポリープ。

  • 26

    GISTが破裂すると吐血や黒色便をきたすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A47

  • 27

    GISTはリンパ節転移をおこしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    106I22(98%) GISTはリンパ節転移が少ないため、オペの際もリンパ節郭清は必要ない。

  • 28

    胃GISTは小腸GISTよりも頻度が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A47、106I22(98%) GISTは胃>小腸>大腸>食道の順に多い。

  • 29

    GISTは放射線療法が奏効する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A48 第一選択はオペ。完全切除不能・再発例にはイマチニブ。放射線は効かない。

  • 30

    早期胃癌の肉眼分類で最も多いのは0-Ⅱb型である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A50 0-Ⅱc型が最も多い。

  • 31

    胃癌の内視鏡治療では癌の肉眼分類は問わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A52 ①20mm以下の肉眼的粘膜癌 ②組織型が分化型 ③肉眼的分類は問わない ④潰瘍がない

  • 32

    後期ダンピング症候群にはブラジキニンが関わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A57、104G45(97%) 早期ダンピング症候群にはヒスタミン、セロトニン、ブラジキニンが関わる。後期ダンピング症候群はインスリンが関わる。

  • 33

    胃切除による鉄欠乏性貧血は切除後3年以降におこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A57 鉄欠乏性貧血は3年以内、巨赤芽球性貧血は3~10年くらいで起こる。

  • 34

    Lanz点はMcBurney点よりも頭側にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A61 McBurney点の方が頭側にある。

  • 35

    Meckel憩室はGaシンチでHotSpotに写る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A63 99mTcO4シンチ

  • 36

    我が国において大腸憩室は右側結腸に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A64 3/4が右側結腸に生じる。

  • 37

    大腸憩室は仮性憩室である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A64 筋層は伴わない。

  • 38

    Crohn病では陰窩膿瘍がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A65 陰窩膿瘍はUC。

  • 39

    Crohn病では非乾酪性肉芽腫が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A65

  • 40

    外ろうを有するCrohn病に対して抗TNF-α抗体療法が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A66 5アミノサリチル酸、ステロイド治療で効果が得られない症例や、外ろうのある症例に有効。

  • 41

    Crohn病の治療として禁煙は重要かつ有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A66

  • 42

    潰瘍性大腸炎の炎症は粘膜と粘膜下層に限局している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A66、94B35

  • 43

    潰瘍性大腸炎にはPBCが合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A68 PSCが合併する。

  • 44

    潰瘍性大腸炎の治療としてステロイドは中等~重症例に投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A69 軽症:サラゾスルファピリジン 重症:ステロイド

  • 45

    中毒性巨大結腸症ではオペまでのつなぎとして抗コリン薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A68 禁忌

  • 46

    潰瘍性大腸炎の治療として白血球除去療法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A70 ステロイド抵抗例に適応。

  • 47

    腸結核は回盲部に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A71 輪状潰瘍が特徴的。

  • 48

    Peutz-Jeghers症候群は大腸腺腫症を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A77 Peutz-Jeghersは過誤腫。AD。

  • 49

    Cronkhite-Canada症候群は非遺伝性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A79 胃や大腸に無数のポリープが見られる。味覚異常、爪の萎縮、色素沈着、脱毛が特徴的。

  • 50

    カルチノイド症候群では便秘が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A80 下痢、皮膚紅潮、喘息発作、右心不全症状が特徴的。セロトニン、ヒスタミン、ブラジキニン。

  • 51

    結腸癌はS状結腸に最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A82 S状>上行>横行>盲腸>下行

  • 52

    左側結腸癌はイレウス症状が出やすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A85 右側結腸癌は自覚症状に乏しい。

  • 53

    直腸癌は高位のものほど予後不良である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A89 低位ほど予後が悪い。

  • 54

    Miles手術では人工肛門を造設する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A88 下部直腸癌に対して行われる。

  • 55

    複雑性イレウスでは腸雑音は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A99 単純性イレウスでは金属音が聞かれる。

  • 56

    外鼠径ヘルニアは小児に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A112 乳児期には嵌頓しやすい。

  • 57

    閉鎖孔ヘルニアは肥満女性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A114 やせた高齢女性に多い。

  • 58

    胃十二指腸動脈は右胃動脈より中枢側で分岐する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A5 総肝動脈から胃十二指腸動脈・右胃動脈の順に分岐し固有肝動脈となる

  • 59

    精巣動脈は腎動脈より上位で分岐する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A5 上から腹腔動脈、上腸間膜動脈、腎動脈、精巣動脈、下腸間膜動脈

  • 60

    直腸は下腸間膜動脈と内腸骨動脈からの枝の血流を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A5 下腸間膜動脈から上直腸動脈、内腸骨動脈から中・下直腸動脈

  • 61

    外肛門括約筋は骨盤内臓神経により支配される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A9 陰部神経

  • 62

    胃酸の分泌は主に迷走神経、ガストリン、ヒスタミンによって調節される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A12

  • 63

    S-Bチューブは経鼻的に挿入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A31 経鼻的に挿入し破裂静脈瘤の圧迫止血を行う。

  • 64

    食道癌の肝転移は比較的少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A26

  • 65

    日本でのGERDの罹患率は約3%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A18 約10%。欧米では10~40%。

  • 66

    Mallory-Weiss症候群ではX線所見は正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A24

  • 67

    冷汗はカテコラミン分泌に伴って生じ、循環動態の急激な変化を示唆する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    104C23(91.3%)

  • 68

    十二指腸潰瘍は胃潰瘍より高齢患者で生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A37 胃潰瘍:40~60歳、十二指腸潰瘍:20~40歳

  • 69

    胃・十二指腸穿孔では肝濁音界が消失することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A43

  • 70

    網嚢には術後に体液が溜まりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    109E56(64%) 腹腔内の術後にドレーンが挿入される。

  • 71

    肛門癌では肛門部の疼痛は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A85 持続的疼痛がみられる。

  • 72

    尿素呼気検査はピロリ菌の除菌判定に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A41 呼気検査と便中HP抗原測定が除菌判定に有用。

  • 73

    スキルス胃癌の組織型は印環細胞癌や低分化腺癌が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A50 腹膜播種が多い。

  • 74

    胃の過形成ポリープは発見し次第内視鏡的に切除する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A45、109G69(50%) 胃ポリープは経過観察されることが多い。

  • 75

    偽膜性腸炎の原因薬物としてペニシリンが最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A75 セフェム系が多い。ペニシリンは出血性腸炎の原因。

  • 76

    出血性腸炎は若年者に多く、易治性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A75、109D8(43%) 原因薬剤の中止で軽快する。

  • 77

    アルゴンプラズマ凝固療法はアレルギー性鼻炎の他に、潰瘍出血の治療にも使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    109G28(59%) 

  • 78

    振水音を聞くときには両手で体を揺すりながら、耳を腹壁に近づけて聞く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    聴診器で聞く。

  • 79

    尿素呼気試験では検査前の絶食は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    偽陰性を防ぐため4~5時間の絶食が必要。

  • 80

    GISTのc-kit遺伝子変異陰性例ではイマチニブの奏功率が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A48 変異陽性例に効果が高い。

  • 81

    偽膜性腸炎はS状結腸や直腸に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A73 出血性腸炎は横行結腸より口側に好発。

  • 82

    食事・生活指導で改善しない食道裂孔ヘルニアの患者に抗コリン薬を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A109 禁忌。蠕動運動が抑制され逆流が悪化する。

  • 83

    腹壁破裂は臍帯ヘルニアに比べて重症合併奇形を伴うことが少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A115 臍帯ヘルニアは心奇形、横隔膜ヘルニア、鎖肛、食道閉鎖などを生じる。

  • 84

    食道癌に合併する食道気管婁の診断には食道造影が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A26、104B57(66%) 禁忌。誤嚥性肺炎の原因となる。

  • 85

    胸腹部食道切除後の再建には主に空腸を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A27、107D2(72%) 主に胃を用いる。

  • 86

    消化管穿孔疑いの場合、CTの読影はウィンドウ幅を広げて行うのが良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A44 脂肪組織と遊離ガスの区別がつきやすい。

  • 87

    胃全摘後は胆石症になりやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A58、106I30(77%) 迷走神経切断により胆嚢の収縮能が低下する。

  • 88

    内痔核は排便時の疼痛が強い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    A106、103I32(89%) 疼痛は少ない。かんとんしたら痛い。

  • 89

    鼠径ヘルニアの診察は仰臥位で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    104H31(76%) 立位が良い。

  • 90

    胃癌はリンパ節転移があっても進達度が粘膜内であれば早期癌に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A50 リンパ節転移、大きさは関係ない。

  • 91

    腹壁瘢痕ヘルニアは嵌頓しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    A114 ヘルニア門が大きいため。

56744

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ