zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる血液

カード 101枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2015/12/31)

  • Crow-fukase症候群では多発性神経炎がみられる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる血液。
医師国家試験用。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Crow-fukase症候群では多発性神経炎がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    多発ニューロパチー 肝腫大 内分泌疾患 M蛋白 皮膚症状

  • 2

    リンパ形質細胞の多くはCD5陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × CD19、20陽性

    解説

  • 2

    慢性炎症に伴う貧血ではトランスフェリンが減少している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G26

  • 3

    2.3-ビスホスホグリセリン酸が増加するとヘモグロビンの酸素解離曲線は左方移動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    I28 2,3-DPGと逆。

  • 4

    赤血球の寿命は7日である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G3 120日

  • 5

    感染により好中球核左方移動が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G5 好中球が急激に増加するので桿状核球や幼若な細胞が増える。

  • 6

    γグロブリンが上昇すると赤沈は遅延する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G5 亢進する。γグロブリン・フィブリノゲンの上昇、アルブミンの低下は赤沈を亢進させる。

  • 7

    DICでは赤沈が遅延する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G5 フィブリノゲンが減少するので。

  • 8

    血小板濃厚液は2~6度で保存する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G12 20~24度で保存する。要震盪。

  • 9

    輸血関連球性肺障害(TRALI)は輸血後6時間以降に発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G16 輸血後6時間以内に発生する。非心原性肺水腫。

  • 10

    輸血後GVHDは血縁者からの輸血で危険性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G16 新鮮血、血縁者からの輸血がリスクとなる。

  • 11

    小球性貧血の原因はヘモグロビンを合成するヘムやグロビンの合成異常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G19

  • 12

    貧血時には酸素解離曲線は右方シフトする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G20 末梢で酸素を放出しやすくするため。

  • 13

    健常成人におけるFeに一日所要量は約1mgである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G20 約10mg。そのうち1mgが吸収される。

  • 14

    鉄欠乏性貧血では初めに血清フェリチンの低下がおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G23 最も早く起こる変化である。回復過程においては最後に回復する。

  • 15

    鉄欠乏性貧血では嚥下障害が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G23 嚥下障害、嚥下痛がみられる。(Plummer-Vinson症候群)

  • 16

    慢性炎症による貧血では血清鉄は正常値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G24 血清鉄、TIBCは低下する。フェリチンは上昇する。

  • 17

    鉄芽球性貧血では環状鉄芽球がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G25 赤芽球でのヘム合成障害で、鉄がHbにならずフェリチン顆粒として蓄積する。

  • 18

    鉄芽球性貧血ではUIBCは低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G25 血清鉄増加、TIBC正常。 TIBC=Fe+UIBC

  • 19

    IL-6はヘプシジンの産生を亢進させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G26 肝で合成されたヘプシジンは腸からの鉄吸収や、マクロファージからの鉄放出を抑制する。

  • 20

    サラセミアではHbF、HbA2が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G33 正常のHbAが合成されず、HbF(胎児ヘモグロビン)とHbA2が増加するので溶血や脾腫がおこる。

  • 21

    Fanconi貧血は常染色体劣性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G28 再生不良性貧血、知能低下、身体多発奇形、悪性腫瘍などをみる。貧血は3~4歳頃に出現。

  • 22

    再生不良性貧血ではエリスロポエチンは低下している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G28 エリスロポエチンは増加する。

  • 23

    再生不良性貧血では血漿鉄消失時間は延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G28 血漿鉄消失時間は延長し、赤血球鉄利用率は低下する。

  • 24

    再生不良性貧血は正球性正色素性貧血である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G28

  • 25

    40歳以上の再生不良性貧血患者は骨髄移植の良い適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G29 骨髄移植の適応は40歳未満である。

  • 26

    再生不良性貧血の治療として抗胸腺細胞グロブリンとシクロスポリンの併用療法が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G29 腎障害に注意

  • 27

    Diamond-Blackfan anemiaは先天性の赤芽球癆である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G30 

  • 28

    赤芽球癆では網赤血球が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G30 減少する。

  • 29

    遺伝性球状赤血球症は常染色体優性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G32 

  • 30

    遺伝性球状赤血球症は正球性高色素性貧血となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G32 

  • 31

    遺伝性球状赤血球症ではコレステロール結石の頻度が増す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G32 ビリルビン結石の頻度が増す。

  • 32

    G-6-PD欠損症は常染色体優性遺伝である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G34 伴性劣性遺伝である。消炎鎮痛薬、サルファ剤、抗マラリア薬、ソラマメのなどの摂取で血管内容血をきたす。

  • 33

    発作性夜間ヘモグロビン尿症では血管内容血がおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G35 酸性環境で溶血↑。

  • 34

    発作性夜間ヘモグロビン尿症では腸間膜静脈血栓が合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G35 血栓症はPNHの主な死因の一つである。血栓症は脾摘で悪化する。

  • 35

    発作性夜間ヘモグロビン尿症は砂糖水試験で陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G35 溶血度10%以上でPNHと診断される。

  • 36

    発作性夜間ヘモグロビン尿症に対してエクリズマブが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G35 補体に対する阻害抗体。

  • 37

    温式AIHAでは血管内容血を来たす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G36 血管外溶血

  • 38

    悪性貧血ではビタミンB12の経口投与が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G39 経口投与は無効。筋注を行う。

  • 39

    巨赤芽球性貧血では血漿鉄消失時間は延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G39 短縮する。赤血球鉄利用率は低下する。=無効造血

  • 40

    メトトレキサートの副作用として巨赤芽球性貧血がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G38 葉酸利用障害がおこる。

  • 41

    麻疹では好酸球が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G42 腸チフス、麻疹、ツツガムシ病では好酸球が減少する。

  • 42

    急性白血病では血小板が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G45 血小板減少により出血傾向をきたす。慢性との鑑別点となる。

  • 43

    急性骨髄単球性白血病(M4)では非特異的エラスターゼ染色は陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G50 単球系で陽性

  • 44

    急性単球性白血病(M5)では特異的エラスターゼ染色は陰性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G50 骨髄系で陽性となる。(M1~M4)

  • 45

    M3はDICを起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G50

  • 46

    M3は血清FDP増加が予想される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G50

  • 47

    M3の治療ではATRA療法後にアントラサイクリン系抗癌薬を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G52、99G33 再発例には亜ヒ酸を用いる。

  • 48

    ALL患者には予防的にメトトレキサートの髄注を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G54 予防を行わないと20~50%で中枢神経系への再発が生じる。

  • 49

    白血球数はALLの予後因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G54 寛解までの期間、白血球数、年齢、Ph染色体の有無などが予後因子となる。

  • 50

    慢性骨髄性白血病では血小板数は増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G57

  • 51

    慢性骨髄性白血病の急性転化ではNAPスコアは上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G57 慢性期では低下している。

  • 52

    慢性骨髄性白血病は原爆後遺症で見られることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G58

  • 53

    慢性骨髄性白血病の急性転化ではDry tapとなることがる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G58 

  • 54

    原発性骨髄線維症では白赤芽球症がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G59 赤芽球や骨髄芽球が末梢血に放出される。

  • 55

    原発性骨髄線維症では髄外造血がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G59 脾腫が強い。

  • 56

    MDSでは赤血球鉄利用率が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G64 血漿鉄消失時間は短縮し、赤血球鉄利用率は低下する無効造血パターン。

  • 57

    MDSでは環状鉄芽球が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G65 

  • 58

    MDSでは偽ペルゲル核異常好中球が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G65 環状鉄芽球、偽ペルゲル核異常好中球、脱顆粒好中球、微小巨核球など。

  • 59

    MDSでは髄外造血が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G65、102I1

  • 60

    染色体核型はMDSの予後指標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G65 骨髄球の芽球、染色体核型、血球減少が予後因子となる。

  • 61

    MDSの治療としてレナリドミドがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G65 5q欠損がある場合に著効する。

  • 62

    ホジキンリンパ腫では好酸球は減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G69 好酸急、好中球、Cuなどが上昇する。

  • 63

    ホジキンリンパ腫は隣接リンパ組織に連続性に進展する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G69

  • 64

    ホジキンリンパ腫では細胞性免疫が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G69 ツ反が陰転化する。

  • 65

    ホジキンリンパ腫に対してリツキシマブが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G70 

  • 66

    本邦において、非ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫の95%を占める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G70 Diffuse large cell typeが多い。

  • 67

    非ホジキンリンパ腫では頸部リンパ節の腫脹が初発となることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G70

  • 68

    年齢は悪性リンパ腫の予後因子のひとつである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G72 年齢、LDH、PS、病期、節外病変 (ALPSE)

  • 69

    慢性リンパ性白血病ではCD5が陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G73 B細胞腫瘍だがCD5も陽性となる。

  • 70

    有毛細胞白血病では骨髄穿刺でDry tapを認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G74 

  • 71

    成人性T細胞性白血病では可溶性IL-2受容体が高値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G75 

  • 72

    成人T細胞性白血病では低Ca血症となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G75 PTHrPによって高Ca血症となる。

  • 73

    成人性T細胞性白血病ではCD25陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G75 CD4、CD25陽性

  • 74

    血球貪食症候群ではフェリチンは上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G79 高LDH血症、高フェリチン血症をきたす。

  • 75

    多発性骨髄腫の予後因子にβ2-ミクログロブリン値がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G82 血清β2-ミクログロブリン値と血清アルブミン値がある。

  • 76

    多発性骨髄腫では赤沈が遅延する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G81 亢進する。

  • 77

    多発性骨髄腫の診断には骨髄穿刺と免疫電気泳動が必須である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G81、93F26 

  • 78

    γグロブリンはプラスに荷電している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    多発性骨髄腫において、t(4;14)は予後不良因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    13q欠損、t(4;14)、t(14;16)は予後不良

  • 80

    多発性骨髄腫に対して寛解導入療法としてボルデゾミブとデキサメタゾンを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G83 移植適応があるものには造血幹細胞移植を行う。

  • 81

    MGUSでは多剤併用化学療法を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G85 経過観察でよい。

  • 82

    MGUSはHIV患者に合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G84

  • 83

    MGUSは自覚症状に乏しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G84、99A34 骨病変や臓器障害はみられない。

  • 84

    原発性マクログロブリン血症は形質細胞の腫瘍化である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G85 リンパ形質細胞の腫瘍化

  • 85

    原発性マクログロブリン血症ではIgAが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G85 IgMである。

  • 87

    過粘調度症候群の症状として腰痛がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G85 過粘調度症候群には骨症状はない。

  • 88

    原発性マクログロブリン血症では骨の抜き打ち像がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    原発性マクログロブリン血症は骨症状に乏しい。

  • 89

    過粘調度症候群は血漿交換の適応がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ KSR

    解説

  • 90

    血小板膜糖タンパクGPⅡb/Ⅲaの欠損により血小板無力症(Glanzmann病)となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G94 出血時間延長、血小板数正常が特徴的。

  • 91

    von Willebrand病ではAPTTが延長する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G95 出血時間延長、血小板数正常、血小板粘着能低下、PT正常、APTT延長。

  • 92

    特発性血小板減少性紫斑病ではPT、APTTは正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G96 凝固検査は正常。出血時間が延長する。

  • 93

    血栓性血小板減少性紫斑病では早期に腎障害が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G97 腎障害や動揺性の神経症状が早期に見られる。

  • 94

    血栓性血小板減少性紫斑病の治療は血漿交換療法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G98 第一選択。

  • 95

    妊娠はTTPのリスクである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G98 妊娠、HIV感染はリスクである。

  • 96

    溶血性尿毒症症候群は成人女性に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G98 HUSは乳幼児に多い。TTPは若年女性。

  • 97

    溶血性尿毒症症候群では尿中β2ミクログロブリンが高値となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G98 高度な腎障害をみる。

  • 98

    腫瘍崩壊症候群では高乳酸血症が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    高乳酸血症、高K血症

  • 99

    急性GVHDでは幻覚が高頻度にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    G16 急性GVHDでは中枢神経障害や腎障害は少ない。

  • 100

    Menkes病では腸管のCu含有率が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    D160 小腸粘膜から体内へCuを取り込めないため。

  • 101

    ビタミンK欠乏症ではPIVKA-Ⅱが上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    G101 第Ⅱ因子の前駆物質。

56637

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ