zuknow learn together

新しい教材を作成

English Life 19

カード 9枚 作成者: Tokuchan (作成日: 2015/12/31)

  • He has an eye for detail.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 英語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    He has an eye for detail.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 彼は細部にまでこだわる

    解説

    これも決まり文句なのでこのまま覚えておきましょう。「detail」は「細部」という意味で「He has an eye for ~」は「~に目が効く」というような意味です。近い言い方といえば「You have a good eye.(目が肥えている)」、「You have a good eye for a bargain.(いい買い物を見つけるのが得意だ)」など。

  • 2

    He got arrested for fraud

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 彼は詐欺罪で逮捕された。

    解説

    「arrest」は「逮捕する」という動詞です。たとえば「Arrest him!(やつを逮捕しろ!)」など。「逮捕される」は「get arrested」と言います。受身な言い方は「be+過去分詞」だけでなく「get+過去分詞」もよく使います。どの罪で逮捕されるかは「for +名詞」か「for +動詞のing」が続きます。たとえば「He got arrested for murder.(殺人罪で逮捕された)」、「He got arrested for embezzling funds.(横領で逮捕された)」など。

  • 3

    You're too picky about women.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女の子の理想が高いんじゃないの?

    解説

    「be picky」は「好みがうるさい」、「拘りがある」という意味です。「be fussy」とも言います。たとえば「He's picky about music.(彼は音楽の好みがうるさい)」、「She's picky about food.(彼女は食べ物の好き嫌いが激しい)」、「He's picky about women.(彼は女の子の理想が高い)」など。他にも「Don't be so picky!(そんなにこだわるなよ)」などもあります。

  • 4

    I came all this way for nothing.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無駄にこんな遠くまで来ちゃった。

    解説

    「all this way」は「こんな遠くまで」という意味です。たとえば「I came all this way to see you.(君に会いにこんな遠くまで来た)」、「Thanks for coming all this way.(こんな遠くまで来てくれてありがとう)」など。「for nothing」は「結果的には何も得なかった」、「無意味に」、「無駄に」という意味です。たとえば「I bought it for nothing.(買ったけど意味がなかった)」、「I didn't learn English for nothing.(無駄に英語を勉強したわけじゃない)」など。

  • 5

    The vegetables went off.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 野菜が腐っちゃった。

    解説

    「腐っている(状態)」は「be off」で、「腐る(変化)」は「go off」と言います。一般的な形容詞の場合は「be」が状態を表して、「get」が変化を表します。たとえば「be sick(病気である)」、「get sick(病気になる)」、「be up(起きている)」、「get up(起きる)」など。でもある単語は「be」と「get」ではなくて「be」と「go」を使います。たとえば「be bald(ハゲている)」、「go bald(ハゲる)」、「be deaf(難聴である)」、「go deaf(難聴になる)」、「be grey(白髪である)」、「go grey(白髪になる)」など。「get」じゃなくて「go」を使う形容詞で共通しているのは「1度なったら戻らない」ニュアンスです。

  • 6

    I'm going bald.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禿げてきた。

    解説

    「bald」「禿げている」という意味の形容詞です。ほとんどの形容詞は「be(状態)と「get(変化)」を使い分けますがある単語は「be(状態)」 と「go(変化)」を使います。「一回そうなったら戻らない」ニュアンスです。たとえば「go off(腐る)」、「go gray(白髪になる)、「go deaf(難聴になる)」など。変化を表す「get」か「go」を進行形にすると変化の途中ということで「~になってきた」、「~になりつつある」という 意味になります。たとえば「I'm getting hungry.(お腹が空いてきた)」、「I'm getting sick.(風邪の引き始め)」、「I'm going grey.(白髪になってきた)」、「I'm going deaf.(難聴になってきた)」など。

  • 7

    I feel like going out.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あなたのことをずっと前から知っている感じがする。

    解説

    「feel」のあとには「形容詞」か「like 名詞」が続きますが、「動詞」なら「like 文」にしないといけないです。「~がしたい気分」という意味なら「I feel like ~ing」と動名詞も使えますが、他の意味なら「I feel like 文」という形になります。たとえば「I feel like being at home.(家にいたい気分)」、「I feel like I'm at home.(家にいるみたいな気分、アットホームな感じ)」と意味が違います。「I've known you all my life.(子供の頃からずっと知っている)」という文の頭に「I feel like」を付ければ「(本当は最近会ったけど)ずっと前から知っているような感じがする」という意味になります。他にも「I feel like I'm never gonna see you again.(もう2度と会えない感じがする)など。間違えて「I feel like never seeing you again.」と文ではなくて動名詞にしてしまうと「2度と会いたくない気分」という意味になってしまいます。

  • 8

    I'm gonna get changed.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 着替えてくる。

    解説

    「着替える」は「change my clothes」とも言いますが、大体は「change」もしくは「get changed」と言います。たとえば「I'm gonna change.(着替えてくる)」、「I have to get changed for work.(仕事の服に着替えなきゃ)」、「I changed into jeans.(ジーンズに着替えた)」、「I changed into a t-shirt.(Tシャツに着替えた)」、「Go and get changed.(着替えて来なよ)」など。

  • 9

    We’re not gonna make it.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間に合わなさそう。

    解説

    「make it」は「間に合う」、「行ける」、「来れる」という意味で使います。「行ける」、「来れる」という意味の場合は「can / can’t」と一緒に使うことが多いです。たとえば「Can you make it?(来れそう?)」、「I can’t make it.(行けないです)」、「He couldn’t make it.(彼は来られなかった)」など。他にも「We made it!(間に合ったね)」、「We’re gonna make it.(間に合いそうだね)」など。漠然とした「it」をより具体的なものにも置き換えられます。たとえば「I wanna make the last train.(終電に間に合わせたい)」など。

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ