zuknow learn together

新しい教材を作成

気になる循環器

カード 69枚 作成者: Konoฅ^•ω•^ฅ (作成日: 2015/12/31)

  • 肉柱は左室よりも右室でよく発達している。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気になる循環器
医師国家試験用

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    肉柱は左室よりも右室でよく発達している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C3 大血管転移で右室、左室を見分ける際の参考となる。

  • 2

    奇脈とは吸気時に呼気時より収縮期血圧が10mmHg以上低下するものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C10 心タンポナーデ、収縮性心膜炎、気管閉塞、重症喘息時など。

  • 3

    ASDではⅡ音の奇異性分裂がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C12 Ⅱ音の固定性分裂が見られる。

  • 4

    チアノーゼは還元型ヘモグロビンが5g/dl以上で生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C39 貧血や大量出血患者では出現しにくい。

  • 5

    急性心筋梗塞後の心原性ショックはIABPの良い適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C45 低心拍出症候群、人工心肺からの離脱困難例などにも適応。

  • 6

    心不全の際にまず行う検査は胸部エックス線検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C33 左心不全で肺水腫、右心不全で胸水がみられる。

  • 7

    心不全の治療として、まずは副腎皮質ステロイドを投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    99C34

  • 8

    収縮期血圧は心筋酸素消費量の決定因子のひとつである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    心拍数 収縮期血圧 心筋収縮性

  • 9

    スワンガンツカテーテルで左室駆出率が測定できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C27、103E39

  • 10

    不整脈は一過性意識消失の原因で予後が最も悪い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    94B22

  • 11

    心室細動ではまずリドカインを投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C64、99H11 心室頻拍では用いる。

  • 12

    大砲音はⅠ度房室ブロックに特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C12、52 Ⅲ度房室ブロック(完全房室ブロック)に特徴的である。

  • 13

    房室ブロックの治療としてValsalva法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C53 Valsalva法(いきこらえ)は迷走神経を過緊張させ、むしろ房室ブロックの原因となる。

  • 14

    心房細動に対し、血栓塞栓症の予防として抗凝固薬を投与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C61 CHADS2スコア2点以上でワルファリン治療開始が推奨される。

  • 15

    発作性上室性頻拍に対して、ATP急速静注が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C56 気管支喘息患者には禁忌である。

  • 16

    Wenkebach型2度房室ブロックは基本的に経過観察である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C52 若年者やアスリートなどにもみられ、病的意義は低いとされる。

  • 17

    先天性OT延長症候群のTdP発作時の第一選択は硫酸Mg静注である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C66 先天性はβ遮断薬。後天性は硫酸Mg。

  • 18

    サイアザイド系利尿薬は高脂血症患者に良い適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C80 無尿、腎不全、DM、高脂血症患者には禁忌である。

  • 19

    異型狭心症は過換気で誘発される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C86、100F25 アセチルコリン注入は診断の際に行われることがある。

  • 20

    労作性狭心症ではβ遮断薬が適応となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C93、99A21 心拍数、心収縮力を低下させて心筋の酸素消費量を低下させる。

  • 21

    異型狭心症ではβ遮断薬は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C93 spasmを誘発する恐れがあるため。発作時にはニトログリセリン、spasm予防には硝酸薬とCa拮抗薬が有効である。

  • 22

    房室ブロックは下壁梗塞でおこりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C105、103D1 右冠動脈から出ている房室結節枝の閉塞により生じる。

  • 23

    陳旧性心筋梗塞患者の再発予防にアスピリンとスタチンが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103I39

  • 24

    AMIでは血清ALTはASTよりも著しく上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C100 CK、AST、トロポニンT、LDH、CK-MBなどが上昇する。

  • 25

    不安定狭心症は急性冠症候群とも呼ばれ、緊急入院の適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    KSR

  • 26

    不安定狭心症にはt-PAの投与も有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    KSR

  • 27

    急性冠症候群の概念にはジギタリス中毒も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    KSR

  • 28

    IABPでは心拍出量が増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    101B108

  • 29

    IABPは収縮期血圧を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    101B108

  • 30

    心筋移植が最も多く行われているのは拡張型心筋症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    96G113

  • 31

    血管吻合には角針を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    94B27 丸針

  • 32

    気管支動脈は冠動脈バイパスに用いられやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    102D7 内胸動脈、撓骨動脈、大伏在静脈、右胃大網動脈などを用いる

  • 33

    冠動脈バイパスにおけるグラフトで内胸動脈は最も予後が良いとされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    Bland-white-garland症候群では左冠動脈が肺動脈から起始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C146

  • 35

    Bland-white-garland症候群では左冠動脈領域は慢性的な虚血に陥る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C146

  • 36

    Bland-white-garland症候群では左冠動脈の選択的造影が診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C146 右冠動脈の選択的造影を行う。

  • 37

    心臓の弁のうち、弁が閉鎖している状態で最も高い圧をうけるのは大動脈弁である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    96G37 僧帽弁

  • 38

    MRに対してBentall手術を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C117、100B26 弁形成術。BentallはAR。

  • 39

    房室弁に付着する腱は心室収縮時に牽引される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    108B31

  • 40

    MRでは平均左心房圧は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C116、89B21 上昇する。

  • 41

    MVPでは収縮後期雑音が聞かれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C117、100A23 収縮中期クリック音とそれに続く収縮後期逆流性雑音が特徴的。

  • 42

    心エコー検査で僧帽弁口面積が測定できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    106B18

  • 43

    MSは左室負荷をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C113 左室負荷はMR。MSでは左房圧が上昇し、肺水腫は起座呼吸を来たす。

  • 44

    慢性心房細働にジギタリスの適応がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    101F21

  • 45

    ASは失神発作をおこしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    103C14

  • 46

    MSでは前収縮期雑音が聞かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C113 Afが起こると消失するので注意。

  • 47

    ASの重症例ではGraham-Steell雑音が聞かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C113 MSの重症例で聞かれる。相対的PRによる拡張期灌水様雑音。

  • 48

    MSに対する外科的治療として僧帽弁形成を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C115 MSは僧帽弁交連切開術を行う。弁形成術はMRに対して行う。

  • 49

    MRではCarey-Coombs雑音が聞かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C116 相対的MSによる雑音

  • 50

    収縮性心膜炎では座位で頸静脈が怒張する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    83A46

  • 51

    肺動静脈瘻には膿胸が合併しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    99A14

  • 52

    ASではⅡ音の奇異性分裂がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C118 ⅡAが遅れる。

  • 53

    MRではto-and-fro雑音が聞かれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C119 ARで聞かれる。収縮期、拡張期の両方に雑音があり、Ⅱ音を超えて連続しないもの。

  • 54

    真菌性心内膜炎はオペ適応である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C151 頻発塞栓、心不全悪化、内科的コントロール不良、真菌性心内膜炎、人工弁、膿瘍の形成などはオペ適応となる。

  • 55

    感染性心内膜炎の所見として脾腫がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C150、100F23 脳(片麻痺)、心(AMI)、腎(血尿、蛋白尿、膿尿)などの所見も重要。

  • 56

    亜急性心内膜炎は緑色連鎖球菌が最多である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C150、84B3 急性心内膜炎の原因菌は黄色ブドウ球菌が多い。亜急性は緑膿菌の他に腸球菌も多い。

  • 57

    泌尿器手技後の亜急性心内膜炎は腸球菌が最多

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    95D57

  • 58

    感染性心内膜炎の治療第一選択はペニシリンGである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C151、84B3

  • 59

    ASDは感染性心内膜炎に罹患しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C150、90B24 ジェット血流を生じにくいため。

  • 60

    左房粘液腫ではMR様の雑音が聞こえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C152 MS様の拡張期雑音が聞かれる。体位で変動する。

  • 61

    DCMでは肺動脈楔入圧は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C154 上昇する。

  • 62

    肥大型心筋症は心筋細胞の錯綜配列が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C153 

  • 63

    Valsalva手技はHOCMの雑音を増悪させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C156、95B26 心収縮力上昇と左室容量の低下は雑音を亢進させる。

  • 64

    収縮性心膜炎では胸水、腹水が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    収縮性心膜炎の心陰影は正常大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C164、87B24 X線で心膜石灰化が見られるが、心拡大はない。

  • 66

    腹部大動脈瘤は腎動脈分枝以下に発生することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    約95%が腎動脈分枝以下に発生する。

  • 67

    動静脈瘻は高拍出性心不全の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

    C174 

  • 68

    Raynaud病に対する薬物治療としてβ遮断薬が使用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    C179 禁忌。α作用増強のため血管収縮性が上昇しますます虚血をきたす。Ca拮抗薬、抗血小板薬、PG製剤などが適応。

  • 69

    無脈性電気活動の患者には直ちに除細動を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

    L15 除細動は心停止のうち、心室細動と無脈性心室頻拍にのみ行う。無脈性電気活動と心静止には行わない。

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ