zuknow learn together

新しい教材を作成

日本史 一問一答

カード 79枚 作成者: はなけん (作成日: 2015/12/29)

  • ()年に成立した『』は現存最古の漢詩文集である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

文学史中心ですが、覚えにくいところなども含んでいます!!!
まだ途中なのでこれから追加していきます。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ()年に成立した『』は現存最古の漢詩文集である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 751/懐風藻 勅選ではない。

    解説

  • 2

    最初の勅選漢詩文集である『』は、()によって編纂された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凌雲集/小野岑守

    解説

  • 3

    空海の個人詩文集は『』である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性霊集 弟子の真済(しんぜい)が編纂した。

    解説

  • 4

    藤原道長の「此の世をば 我が世とぞ思ふ 望月の…」の歌が収録されている史料は、()の著による『』である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原実資/小右記

    解説

  • 5

    838年の最後の遣唐使に従って唐に渡った円仁の見聞録を『』という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入唐求法巡礼行記

    解説

  • 6

    国風文化:『』は、最初の勅選和歌集である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古今和歌集 『万葉集(770)』は勅選和歌集ではない。

    解説

  • 7

    平安時代:国風文化:歌物語の『』は、六歌仙の1人である()をモデルとした作品である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊勢物語/在原業平

    解説

  • 8

    平安時代:国風文化:10世紀末、『』という継子いじめの物語が書かれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 落窪物語

    解説

  • 9

    平安時代:10世紀後半、源信は念仏実践の書である『』を記した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 往生要集

    解説

  • 10

    日本最初の往生伝は()の著した『』である。 *往生伝:浄土往生を遂げた人々の伝記を集めたもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慶滋保胤(よししげのやすたね) 日本往生極楽記

    解説

  • 11

    平安時代:9世紀末頃に禁中警衛のために()が設置された。 *宇多天皇の時

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滝口の武士

    解説

  • 12

    ()は、白河上皇のときに院の御所を警備するために設置された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北面の武士

    解説

  • 13

    1156年の()法皇の死去が、保元の乱のきっかけとなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鳥羽 後白河天皇が勝利し、敗北した崇徳上皇は讃岐国に配流された。

    解説

  • 14

    平安時代:インド、中国、日本の説話ん集め、武士や庶民の姿を生き生きと描いた説話集を『』という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今昔物語集

    解説

  • 15

    平安時代:後白河法皇は『』という歌謡集を編纂した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梁塵秘抄(りょうじんひしょう)

    解説

  • 16

    源実朝の死後、()上皇は院政を敷き、あらたに()を置くなどして幕府に対抗する姿勢を示した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後鳥羽/西面の武士

    解説

  • 17

    初代の六波羅探題に任命されたのは、()と()である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北条泰時/北条時房

    解説

  • 18

    1274年の1度目の元の来襲を()、1281年の2度目の元の来襲を()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文永の役/弘安の役

    解説

  • 19

    鎌倉時代:名主、僧侶、庶民などの中から現れた高利貸業者のことを()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 借上

    解説

  • 20

    鎌倉時代:各地の港湾には輸送と保管を業とする()が現れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問丸

    解説

  • 21

    鎌倉時代:法然が著した『』は、専修念仏の教義を説いた書物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選択本願念仏集

    解説

  • 22

    『』は親鸞の著書である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教行信証

    解説

  • 23

    親鸞は煩悩の深い人間こそが阿弥陀仏の救済をの対象である()という教えを説いた。 この考えは、()の作といわれる『』に記されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪人正機説/唯円/歎異抄(たんにしょう) *唯円は親鸞の弟子

    解説

  • 24

    順徳天皇が著した有職故実書は『』である。 *有職故実とは、朝廷の儀式、先例を研究すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禁秘抄

    解説

  • 25

    慈円(じえん)の『』は公家の没落と武家政権の出現の歴史を、()という理念でとらえた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 愚管抄/道理

    解説

  • 26

    鎌倉時代初期に()が著した随筆『』は無常観を根底に記したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴨長明/方丈記

    解説

  • 27

    後醍醐天皇の倒幕計画で、1324年のものを()、1331年のものを()とよんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正中の変/元弘の変

    解説

  • 28

    【室町時代の一揆】 ()年、近江で馬借が徳政を要求して蜂起したのをきっかけにおこった()一揆。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1428/正長の徳政

    解説

  • 29

    【室町時代の一揆】 ()年、()国で、守護()の家臣の国外追放を主張する()という一揆が起こった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1429/播磨/赤松満祐/播磨の土一揆

    解説

  • 30

    【室町時代の一揆】 ()年、幕府が初めて天下一同の徳政を認めた、「代始めの徳政」を要求した一揆を()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1441/嘉吉の徳政一揆

    解説

  • 31

    【室町時代の一揆】 ()年、京都(南山城)を中心とした国人一揆を()という。 この一揆は畠山氏の国外追放を求めるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1485/山城の国一揆

    解説

  • 32

    【室町時代の一揆】 ()年、守護冨樫政親を敗死させて、1世紀に渡って事実上支配を行った()一揆。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1488/加賀の一向

    解説

  • 33

    室町時代の高利貸業には()と()があった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土倉/酒屋 倉役や酒屋役などの税金が課せられた

    解説

  • 34

    奥羽に勢力を広げた()氏は、171条にも及ぶ『』という分国法を制定した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊達氏/塵芥集

    解説

  • 35

    堺は、()とよばれる36人の代表者の会議のもとで町政を処理した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会合衆

    解説

  • 36

    筑前国博多で、自治的な町政を指導した12人の豪商を()とよんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年行司

    解説

  • 37

    京都の下京では、富裕な商工業者の()を中心に自治的な町や町が集まった町組という組織ぐつくられ、町衆から選ばれた()が市政を運営した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 町衆/月行司

    解説

  • 38

    南北朝時代に書かれた『』は、後鳥羽院の生誕から鎌倉幕府滅亡までを、公家の立場から懐古、賛美した歴史物語である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増鏡

    解説

  • 39

    ()は、将軍足利義尚の諮問に答えて政治の道を説いた『』を献じた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一条兼良/樵談治要

    解説

  • 40

    江戸時代:村方三役の年貢納入の責任を負った者を()、名主を補佐するのを()、村民の代表を()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 名主/組頭/百姓代

    解説

  • 41

    江戸時代:綱吉のもとで勘定吟味役だった()は、()を回収して、質の悪い()に改鋳した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荻原重秀/慶長金銀/元禄金銀

    解説

  • 42

    新井白石は()金銀を鋳造し、質量とも慶長金銀に戻した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正徳

    解説

  • 43

    江戸時代:大蔵永常は、商品作物の栽培法について記した『』、農具の利用法について記した『』を著した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広益国産考/農具便利論

    解説

  • 44

    林羅山と子の()は、幕命で日本史の編纂に取り組み、『』を完成させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 林鵞峰/本朝通鑑

    解説

  • 45

    田沼意次は、『』の著者である()の意見をいれて、蝦夷地の開発計画を立てた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤蝦夷風説考/工藤平助

    解説

  • 46

    田沼意次は、蝦夷地開発の一環として()を蝦夷地に派遣した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最上徳内

    解説

  • 47

    1808年には、北方探検を命じられた()が、樺太が島である事をたしかめた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間宮林蔵

    解説

  • 48

    1839年に、『』を著した渡辺崋山と『』を著した高野長英が、()号の批判をして弾圧あれた事件を蛮社の獄という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慎機論/戊戌夢物語/モリソン

    解説

  • 49

    大槻玄沢は江戸に家塾()をつくった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芝蘭堂

    解説

  • 50

    ()は、福沢諭吉や大村益次郎らが学んだ私塾を大阪に開いた。この私塾を()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緒方洪庵/適塾

    解説

  • 51

    八戸の医師である()は、万人が直耕する平等な社会を理想とし、『』を著し、封建制度を厳しく批判した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安藤昌益/自然神営道

    解説

  • 52

    明治政府は、()年に清国と()という対等条約を結んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1871/日清修好条規

    解説

  • 53

    琉球漂流民(漁民)殺害事件がきっかけで、()年に日本政府は()を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1874/台湾出兵(征台の役)

    解説

  • 54

    1875年の()事件をきっかけに日本は朝鮮に圧力をかけ、翌1876年に()を結び、朝鮮を開国させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江華島/日朝修好条規

    解説

  • 55

    1905年のポーツマス条約調印がきっかけとなって起こった民衆運動を()という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日比谷焼き打ち事件

    解説

  • 56

    1905年に、日本はアメリカとの間に()をとりかわし、日本の韓国、アメリカのフィリピンに対する保護権を相互に認め合った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桂・タフト協定

    解説

  • 57

    1882年、民間で最初の紡績工場である()が()によって設立された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大阪紡績会社/渋沢栄一

    解説

  • 58

    横山源之助の『』には、労働者の過酷な状況が、記されていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本之下層社会 *他に『内地雑居後之日本』

    解説

  • 59

    1903年、()省によって全国労働者の実態を記した報告書である『』が刊行された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農商務/職工事情

    解説

  • 60

    細井和喜蔵が1925年に出版した著書『』には、紡績工女の実態が記されていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女工哀史

    解説

  • 61

    日本最初の労働者組織である()は、1897年に結成され、まもなくアメリカの影響を受けた()、()によって()に改組した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職工義友会/高野房太郎/片山潜/労働組合期成会

    解説

  • 62

    国粋保存主義は()が、国民主義は()が、日本主義は()が唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三宅雪嶺/陸羯南/高山樗牛

    解説

  • 63

    雑誌『』の編集主幹高山樗牛は、()主義を唱えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽/日本

    解説

  • 64

    ありのままの人生を描くべきだとする()を最初に唱えた人物は、評論『』を著した()である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 写実主義/小説神髄/坪内逍遥

    解説

  • 65

    日清戦争前後になると、個人の内面の解放や理想を追求しようとする傾向が現れ、いわゆる()文学が、盛んになった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロマン主義

    解説

  • 66

    被差別部落出身者の生き方を扱い、自然主義文学の先駆けとなった小説は、()著の『』である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 島崎藤村/破戒 *若菜集もある

    解説

  • 67

    『悲母観音』の作者は()である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狩野芳崖

    解説

  • 68

    岡倉天心は、1887年()を、開校し、伝統美術の保護育成に努めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東京美術学校

    解説

  • 69

    東京美術学校の校長を、辞任した()は、1898年に美術団体()を、設立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岡倉天心/日本美術院

    解説

  • 70

    『舞妓』『湖畔』『読書』の作者は()である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黒田清輝

    解説

  • 71

    ()は東京駅や日本銀行本店を、()は赤坂離宮や京都国立博物館を設計した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 辰野金吾、片山東熊(とうくま)

    解説

  • 72

    1917年11月に成立した()は、日本が中国の門戸開放と機会均等の尊重を認める代わりに、アメリカが日本の中国における特殊権益を承認するというものだった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石井・ランシング協定

    解説

  • 73

    1912年、()の創立した『友愛会』は、1919年『大日本労働総同盟友愛会』に改称したあと、1921年()に再編成され、労働運動は次第に階級闘争の性格を強めていった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鈴木文治/日本労働総同盟

    解説

  • 74

    1922年には()が非合法で結成された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本共産党

    解説

  • 75

    ()は『神代史の研究』を著した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 津田左右吉

    解説

  • 76

    1947年、総司令部の命令により中止させられた全国規模の労働闘争は()である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二・一ゼネスト

    解説

  • 77

    ()年、()内閣のときに『日米相互協力及び安全保障条約』が締結された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1960/岸信介

    解説

  • 78

    1961年()が制定され、農業構造の改善がはかられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農業基本法

    解説

  • 79

    ()上皇は、藤原定家らに『』の編纂を命じた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後鳥羽/新古今和歌集

    解説

56875

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ