zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt1 呼吸

カード 36枚 作成者: ななななななな (作成日: 2015/12/29)

  • 吸息に働く筋

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    吸息に働く筋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横隔膜、外肋間筋

    解説

  • 2

    呼息に働く筋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横隔膜、外肋間筋の弛緩

    解説

  • 3

    吸息を生じるメカニズムを説明できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横隔膜が収縮し下方へ下がる 外肋間筋の収縮によって胸郭が前後方向に拡大す

    解説

  • 4

    呼吸数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毎分12〜15回 新生児40〜50/ 5歳20〜25/分

    解説

  • 5

    一回換気量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安静時の1回の呼吸により肺に出入りする空気の量、 500ml

    解説

  • 6

    死腔

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺胞に達することなく気管、気管支に留まり、血液とのガス交換には利用されない 150ml

    解説

  • 7

    予備吸気量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安静吸息位から吸うことができるか空気量

    解説

  • 8

    予備呼気量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安静呼息位から吐くことのできるか空気量

    解説

  • 9

    肺活量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大限の呼息位から最大限の呼息を行った時に呼出される空気量

    解説

  • 10

    残気量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大限の呼息を行っても肺内に残っている空気量

    解説

  • 11

    機能的残気量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 残気量と予備呼気量の合計呼吸時に血液との間でガス交換を行うための空気量

    解説

  • 12

    1秒量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大呼息位から最大速度で最大限の呼息を行った時に最初の1秒で呼出された空気量

    解説

  • 13

    1秒率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺活量で1秒量が占める割合

    解説

  • 14

    血液による二酸化炭素の運搬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5%:血漿に溶解 5%:ヘモグロビンなどのたんぱく質に溶解 90%:重炭酸イオンとなり血漿や赤血球内に溶解

    解説

  • 15

    肺コンプライアンスの説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺の弾性

    解説

  • 16

    化学受容器を介する呼吸の調整 中枢神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延髄腹側部背側部が二酸化炭素分圧の上昇を感知し呼吸を増進させる

    解説

  • 17

    化学受容器を介する呼吸の調整 末梢神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頸動脈小体、大動脈小体が動脈の酸素分圧の低下を感知し迷走神経→延髄呼吸中枢→呼吸増進

    解説

  • 18

    kussmaul呼吸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 速い呼吸が見られる。重症の糖尿病などで血液がアシドーシスになった時に酸性の血液に対して二酸化炭素を呼出して正常なpHに戻そうとするために生じる

    解説

  • 19

    cheyne−stokes呼吸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無呼吸状態がしばらく続いた後に漸増、漸減するあえぐような呼吸が出現する

    解説

  • 20

    cheyne−stokes呼吸の原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸中枢の周期性が失われた時に見られ、心不全末期や重症の中枢神経疾患のにより発症

    解説

  • 21

    拘束性換気障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十分な空気を肺内に吸入できない状態 肺活量の減少が顕著

    解説

  • 22

    閉塞性換気障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空気量の流れに対する気道の抵抗が上昇した状態 呼吸時に周囲からの圧迫が増加するため、呼息が障害され1秒率が延長する

    解説

  • 23

    拡散障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺胞から血管への拡散が障害される状態

    解説

  • 24

    CO2ナルコーシスの原因と特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二酸化炭素濃度の上昇により中枢神経症状を呈する疾患

    解説

  • 25

    換気が低下すると呼吸性アルカローシスを生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 換気が低下するとCO2が体内に蓄積され、呼吸アシドーシスを来す

    解説

  • 26

    代謝性アシドーシスでは換気が増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    Pa co2は通常24Torrに維持されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × PaCO2の正常値は45前後である

    解説

  • 28

    Pa co2は呼吸性アルカローシスで上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 呼吸性アルカローシスでは換気が増加し、結果としてPaCO2は低下する

    解説

  • 29

    Pa co2が低下すると換気が増大する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PaCO2が低下すると換気は低下する

    解説

  • 30

    呼吸運動の促進要因として正しいのはどれか? 1.気道の拡張 2.四肢の運動 3.髄液のpH上昇 4.動脈血酸素分圧の上昇 5.肺胞二酸化炭素分圧の低下

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    強い不安があると呼吸は促進される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    酸素の運搬は参加ヘモグロビンが行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 酸素は赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して運ばれる

    解説

  • 33

    嚥下反射が起こると呼吸が一時停止する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    血中CO2分圧が増加すると呼吸が抑制される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 血中CO2分圧が上昇すると呼吸は促進される

    解説

  • 35

    呼吸中枢は呼息中枢と吸息中枢に分けられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    努力呼吸に働く筋はどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹横筋

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ