zuknow learn together

新しい教材を作成

子どもの保健1-2

カード 21枚 作成者: るむ (作成日: 2015/12/19)

  • 抗菌薬(いわゆる抗生物質)はこれに対して効き目がない。
    ウィルスor細菌

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    抗菌薬(いわゆる抗生物質)はこれに対して効き目がない。 ウィルスor細菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウイルス

    解説

  • 2

    自分で細胞を持っているため、細胞分裂をしながら自力で増殖をしていく。 抗生物質で死ぬ。 ウィルスor細菌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌

    解説

  • 3

    体内に、ウィルスや細菌、真菌などの病原体が、人や動物などの体内に入り込み、その病原体が増えたり育ったりすることをと言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染

    解説

  • 4

    感染によって何らかの症状が現れること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症

    解説

  • 5

    感染症には、病原体が体内に侵入してから症状が出るまである一定の期間がある。その期間をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 潜伏期間

    解説

  • 6

    感染しても症状が出ない状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不顕性感染

    解説

  • 7

    生まれて初めての発熱となることが多く、ほぼ100%の子供が乳児のうちに免疫を持つと言われている。 2~3日で解熱する。高熱のわりに機嫌は悪くない。唾液でうつる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突発性発疹症(突発疹)

    解説

  • 8

    カタル期と呼ばれる39度前後の高熱を出す。3~4日するとほうの内側の粘膜にコプリック斑が数個から数10個あらわれる。3~4日熱が続くといったん37度台に下がり再び熱が上がる。肺炎、脳炎などの合併症引き起こすこともある。風疹との混合ワクチンのMRワクチンが有効。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻疹(はしか)

    解説

  • 9

    麻疹に似た細かい発疹が全身に出るが麻疹ほど重症にはならず、熱も発疹も3~4日で治まるため三日ばしかとも呼ばれる。妊娠初期に感染すると、胎児が難聴、白内障、心疾患等を伴う先天性風疹症候群を発症する可能性がある。MRワクチンで予防できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風疹(三日ばしか)

    解説

  • 10

    麻疹の予防接種は何時から打つことができるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1歳〜

    解説

  • 11

    MRワクチンは何と何の混合ワクチンか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風疹と麻疹

    解説

  • 12

    MRワクチンを摂取するのはいつといつの2回か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1歳 小学校就学前

    解説

  • 13

    妊娠初期に風疹に感染すると、胎児が難聴、白内障、心疾患等を伴う可能性がある病気は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先天性風疹症候群

    解説

  • 14

    空気感染し、始めは赤い発疹出る。予防接種は2014年10月から定期接種となった。年間100万人がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水痘(水ぼうそう)

    解説

  • 15

    片側か両側の耳下腺が腫れて、38度前後の熱が出る。かかった1,000人に1人は髄膜炎になり難聴になったりする。年間5万から20万人がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)(mumps)

    解説

  • 16

    流行性耳下腺炎の予防接種は、 定期or任意

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 任意 (だが打つべき)

    解説

  • 17

    汗が皮膚の内側に溜まって炎症を起こしたもの。手首や足首、脇の下、背中、首の張り、頭、額などに赤い発疹ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 汗疹(あせも)

    解説

  • 18

    虫刺され、あせも、アトピー性皮膚炎の湿疹等を書き壊してそこに黄色ブドウ球菌や溶連菌が感染することで起こる。痒みがある水疱ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伝染性膿痂疹(とびひ)

    解説

  • 19

    まつげの根元にある皮脂腺や汗腺に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して炎症起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ものもらい

    解説

  • 20

    腎臓の出口である腎盂に細菌が感染して炎症をおこす。高熱が出て顔色が悪く、食欲も落ち、嘔吐や黄疸が見られることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎盂腎炎

    解説

  • 21

    抵抗力が落ちていたり、尿を我慢したり、水分を取らないでいると、大腸菌などが午後で増え、炎症起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膀胱炎

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ