zuknow learn together

新しい教材を作成

基本情報過去問でミスしたところの寄せ集め

カード 67枚 作成者: Liruk Falconry (作成日: 2015/12/18)

  • 静電容量タッチパネルの記述として適切なものはどれか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

 自分がミスしたところは多分他の人もミスする!ミスしたところだけでなくまぐれで当たったところや関連する問題も入れる予定。ご自由にどうぞ。誤字などありましたらtwitter:@lirukにお伝えいただけると幸いです。
 進捗:23年度春季特別&秋季、24年度春、25年度秋、26年度春&秋、27年度春季、27年度秋の午前対応完了。恐らくこれからはほとんど更新しません。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    静電容量タッチパネルの記述として適切なものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タッチパネルの表面に電界が形成され、タッチした部分の表面電荷の変化を捉える。
    • 誤答選択肢 タッチすることによって、赤外線ビームが遮られて起こる赤外線反射の変化を捉える。
    • 低硬膜に電圧を加え、タッチした部分の抵抗値の変化を捉える。
    • 行列状に電極スイッチが並んでおり、押された部分の電極で位置を検出する。
    • 基盤の隅に圧電素子を取り付け振動波を発生させ、圧電素子により跳ね返りを検出し、各々の時間を計測する。

    解説

    他のタッチパネルの方式としては赤外線走査方式、抵抗膜方式、マトリックススイッチ方式、表面弾性波方式、電磁誘導方式等がある。

  • 2

    シンクライアントシステムの特徴として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントに外部記憶装置がないシステムでは、サーバを防御することによって、ウイルスなどの脅威にさらされるリスクを低減することができる。
    • 誤答選択肢 GPSを装備した携帯電話を端末にしたシステムであり、データエントリや表示以外に、利用者の所在地をシステムで把握できる。
    • 業務用データを格納したUSBメモリを接続するだけで、必要な業務処理がサーバ側で自動的に起動されるなど、データ利用を中心とした業務システムを簡単に構築することができる。
    • 周辺装置のインタフェースを全てUSBに限定したクライアントを利用することによって、最新の周辺機器がいつでも接続可能となるなど、システムの拡張性に優れている。

    解説

    シンクライアントとは、必要最低限の機能のみを持つクライアント専用のコンピュータである。よってシンクライアントを用いるシステムではサーバに資源が集中し、運用・管理コストの削減、ウイルスなどの脅威にさらされるリスクを軽減させることができる。

  • 3

    サーブレットとは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サーバ上で実行されるプログラムである。
    • 誤答選択肢 サーバからクライアントにダウンロードされて実行されるプログラムである。
    • 機械語への変換を省いて簡単に実行できるようにした簡易プログラムである。
    • CPU利用の単位のことである。
    • プロセスが開始されてから当該処理が完了するまでの時間のことである。

    解説

    サーブレットとはサーバ上で実行されるプログラムである。

  • 4

    SRAMに関する記述として適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高速に書き換えができ、CPUのキャッシュメモリなどに用いられる。
    • 誤答選択肢 紫外線で全内容の消去ができる。
    • 周期的にデータの書き込みが必要である。
    • ブロック単位で電気的に消去できる。
    • 構造が簡単で、大容量化に適している。

    解説

    SRAMはStatic Random Access Memoryの略である。リフレッシュ動作が不要であるため高速であるものの、構造が複雑なため大容量化には向かない。

  • 5

    電子メール送信時に送信者に対して宛先アドレスの確認を求めるのが有効であるセキュリティ対策はどれか。

    補足(例文と訳など)

    • OP25BはISPのメールサーバを経由しない外部からの25番ポート宛のSMTP通信を禁止するというものである。

    答え

    • 電子メールの誤送信対策
    • 誤答選択肢 OP25Bによるスパム対策
    • SPFによるスパム対策
    • 電子メールの不正中継対策

    解説

  • 6

    メッセージ認証符号におけるメッセージダイジェストの利用目的はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メッセージが改ざんされていないことを確認する。
    • 誤答選択肢 メッセージの暗号化方式を確認する。
    • メッセージの概要を確認する。
    • メッセージの秘匿性を確保する。

    解説

    メッセージダイジェストはハッシュ値である。同じメッセージを同じメッセージダイジェスト関数に通すと同じ値となる。メッセージが少しでも違うと大きく異なる値となる。

  • 7

    Webサービスを利用するときのSOAPの役割として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Webサービスの送受信プログラム間で、XML形式のメッセージを受け渡す。
    • 誤答選択肢 Webサービスのインタフェースを記述して、プログラムからサービスを利用できるようにする。
    • Webサービスの情報を登録しておき、利用者がそのサービスを検索できるようにする。
    • Webサービスプログラム間の配信保証や重複防止など、データ転送の信頼性を確保する。

    解説

    SOAPはSimple Object Access Protocolの略であったが現在ではSimpleとは言えなくなっているため「何かの頭字語ではない」とされている。内容は、XML Webサービスのための、XMLベースのプロトコルである。

  • 8

    生産物の品質を時系列に表し、生産工程が管理限界内で安定した状態にあるかどうかを判断するための図はどれか。

    補足(例文と訳など)

    • 特性要因図は結果(特性)とそれに影響を及ぼすと思われる原因(要因)との関連を整理してまとめたものである。形状からフィッシュボーン図とも呼ばれる。

    答え

    • 管理図
    • 誤答選択肢 散布図
    • 特性要因図
    • パレート図

    解説

    管理図は、品質管理の重要な手法で、工程に異常が発生していないか特性値の変動から判断する一種の折れ線グラフである。

  • 9

    プログラミングの信頼性の監査において、指摘事項に該当するものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    • 指摘事項とは、審査時に審査員が審査を実施した結果を客観的証拠に基づき下した判定である。「不適合」と「観察事項」の二つに分類される。

    答え

    • プログラマは、プログラムの全てのロジックパスの中から、サンプリングで単体テスト項目を設定している。
    • 誤答選択肢 プログラマは、プログラム設計書に基づいてプログラミングを行っている。
    • プログラミングチームのリーダは、単体テストの実施結果を記録し保管している。
    • プログラムを作成したプログラマ以外の第三者が単体テストを行っている。

    解説

    サンプリングで抽出されなかったロジックパスにバグが存在している可能性がある。よって指摘事項である。

  • 10

    BCPの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業中断の原因とリスクを想定し、未然に回避または被害を受けても速やかに回復できるように方針や行動手順を規定したもの。
    • 誤答選択肢 企業の戦略を実現するために、財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習と成長の視点から戦略を検討したものである。
    • 企業の目標を達成するために業務内容や業務の流れを可視化し、一定のサイクルをもって継続的に業務プロセスを改善するもの。
    • 業務効率の向上、業務コストの削減を目的に、業務プロセスを対象としてアウトソースを実施するもの。

    解説

    BCPとは(Business continuity planning:事業継続計画)の略である。(事業継続と復旧計画)とも呼ばれるように、災害や事故からの復帰、事業継続の方針並びに行動基準を規定している。

  • 11

    システム化計画を立案する時に考慮すべき事項はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発、保守、運用に関する費用と投資効果を明確にする。
    • 誤答選択肢 運用を考えて、自社の社員が開発する前提で検討を進める。
    • 失敗を避けるため、同業他社を調査し、同じシステムにする。
    • テスト計画、運用マニュアル及び障害対策を具体的に示す。

    解説

    システム化計画とは、情報システム開発・導入における初期の工程の一つで、システム化する業務の内容を分析し、どのような情報システムが必要となるか、どのように開発・導入を進めるかなどの基本方針を策定する段階のことである。

  • 12

    ”システム管理基準”によれば、情報システム全体の最適化目標を設定する際の着眼点はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営戦略への貢献を明確にしていること
    • 誤答選択肢 教育及び訓練に必要な資源を明確にしていること
    • システム保守手順に基づきプログラムの変更を行っていること
    • 人的資源の外部からの調達方針を明確にしていること

    解説

    システム管理基準の1:情報戦略の「全体最適化」には、「情報システム全体の最適化目標を経営戦略にもとづいて設定すること。」という記述がある。

  • 13

    企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最強の競合相手又は先進企業と比較して、製品、サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。
    • 誤答選択肢 企業全体の経営資源の配分を有効かつ総合的に計画して管理し、経営の効率向上を図ることである。
    • 顧客視点から業務のプロセスを再設計し、情報技術を十分に活用して、企業の体質や構造を抜本的に変革することである。
    • 利益をもたらすことの出来る、他社より優越した自社独自のスキルや技術に経営資源を集中することである。

    解説

    ベンチマーキングとは国や企業等が製品、サービス、プロセス、慣行を継続的に測定し、優れた競合他社やその他の優良企業のパフォーマンスと比較・分析する活動を指す。異業種でも問題ない。

  • 14

    マーケティングミックスの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品戦略、価格戦略、チャネル戦略、プロモーション戦略などを適切に組み合わせて、自社製品を効果的に販売していくこと
    • 誤答選択肢 顧客市場をある基準で細分化し、その中空最も競争優位に立てる市場を選定すること
    • 市場の成長率と自社の相対的市場シェアの組み合わせから、各事業の位置づけを明確にし、それぞれの事業の今後の施策を検討すること
    • 導入期、成長期、成熟期、衰退期のそれぞれにおいて、市場や競合商品などとの関係を意識した、適切な施策を採っていくこと

    解説

    マーケティング戦略を実施するために使われるツールで、目標達成のために適切なマーケティング手法を組み合わせることを言う。自社製品を効果的に販売する手法である。

  • 15

    技術経営におけるプロダクトイノベーションの説明として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新たな商品や他社との差別化ができる商品を開発すること
    • 誤答選択肢 技術開発の成果によって事業利益を獲得すること
    • 技術を核とするビジネスを戦略的にマネジメントすること
    • 業務プロセスにおいて革新的な改革をすること

    解説

    プロダクトイノベーションとは革新的な新製品を開発するといった、製品そのものに対する技術革新である。日本語にすれば製品開発なのでそのままですね。

  • 16

    著作権法において、保護の対象とならないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム言語や規約
    • 誤答選択肢 インターネットで公開されたフリーソフトウェア
    • ソフトウェアの操作マニュアル
    • データベース
    • プログラム

    解説

    注意点:プログラムは保護の対象となるが、プログラム言語や規約、アルゴリズム等は保護の対象とならない。

  • 17

    減価償却の開始はいつか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業の用に供した日
    • 誤答選択肢 取得した日

    解説

  • 18

    機械式接点の押しボタンスイッチを1回押すことに対して、押してから数ミリ秒の間複数回のON、OFFが発生する現象はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャタリング
    • 誤答選択肢 サンプリング
    • シェアリング
    • バッファリング

    解説

    チャタリングは電子回路の誤動作の一因ともされている。

  • 19

    DBMSが管理するデータ、利用者、プログラムに関する情報、及びそれらの間の関係を保持するデータの集合体はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データディクショナリ
    • 誤答選択肢 データウェアハウス
    • データマート
    • データマイニング

    解説

    データディクショナリとはデータの一貫性を保つため、データ項目の名称や意味を登録した辞書のことである。

  • 20

    ソフトウェア構成管理とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソースコードや文書などの変更履歴を管理し、任意のバージョンを再現可能とすること。
    • 誤答選択肢 データベースの構成を管理すること。
    • ソフトウェアの開発日程を管理することで、円滑な開発を可能とすること。
    • ソフトウェアの開発工程を管理すること。例えば、システムテストにおいて単体テストレベルのバグが発生しないようにすること。

    解説

  • 21

    情報システムの調達の際に作成されるRFIの説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム化の目的や業務内容などを示し、ベンダに情報の提供を依頼すること・
    • 誤答選択肢 調達対象システムや調達条件などを示し、ベンダに提案書の提出を依頼すること。
    • 発注元から調達先に対して、契約内容で取り決めた内容の変更を依頼すること。
    • 発注元と調達先の役割分担などを確認し、契約の締結を依頼すること。

    解説

    RFIとはRequest For Information(情報提供依頼書)の略である。

  • 22

    共通フレーム2007によれば、企画プロセスで実施することはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム化計画の立案
    • 誤答選択肢 運用テスト
    • システム要件定義
    • 利害関係者要件の定義

    解説

    企画プロセスでは、業務の新しい全体像および新システムの全体イメージを作成する。(システム化計画の立案、システム化構想の立案)

  • 23

    SFA(Sales Force Automation)の基本機能の一つであるコンタクト管理について説明しているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客訪問日、営業結果などの履歴を管理し、見込客や既存客に対して効果的な営業活動を行う。
    • 誤答選択肢 営業担当者からの問合せに対して迅速に回答することによって、営業効率を高める。
    • 顧客への対応を営業担当者が直接行うのではなく、営業組織全体で行うことによって受注率を向上させる。
    • 個人レベルで蓄積している営業テクニックを洗い出して共有化し、営業部門全体のレベル向上を図る。

    解説

    SFA(Sales Force Automation)とは、営業支援を目指したシステムである。IT技術を活用し、情報を統合・共有化する。

  • 24

    EDIを説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワークを介して、商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)間で標準的な規約にもとづいて交換することである。
    • 誤答選択肢 OSI基本参照モデルに基づく電子メールサービスの国際規格である。
    • ネットワーク内で送信されるデータを蓄積したり、データのフォーマットを変換したりして付加価値を加えた通信サービスである。
    • 発注情報をデータエントリ端末から入力することによって、本部又は仕入先に送信し、発注を行うシステムである。

    解説

    EDIとはElectronic Data Interchangeの略称であり、複数の企業や団体などの間で、商取引のための各種情報(注文書や請求書等)を、お互いのコンピュータが通信回線(ネットワーク)を介してコンピュータ同士で交換することである。

  • 25

    ABC分析を適用する事例はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品ごとの販売金額や粗利益額から、売れ筋商品を把握したい。
    • 誤答選択肢 顧客が買い物をしたときの購入商品の組み合わせを把握したい。
    • 商品の品切れを起こさないように、きめ細やかな販売見込数量を把握したい。
    • 地域ごとのオピニオンリーダにアンケート調査を行い、市場ニーズを把握したい。

    解説

    ABC分析では、在庫の資産としての価値などの評価(重要度)別に段階的な管理手順を適用する。売上の高いグループは売れ筋であるため重点的な商品管理をし、低いグループは手間を省いた商品管理をする等。

  • 26

    売上総利益の計算式はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売上高-売上原価
    • 誤答選択肢 売上高-売上原価-販売費および一般管理費
    • 売上高-売上原価-販売費および一般管理費+営業外損益
    • 売上高-売上原価-販売費および一般管理費+営業外損益+特別損益

    解説

    売上総利益は売上高-売上原価で求められる。

  • 27

    クラウドコンピューティングの説明として、最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータの資源をネットワークを介して提供することによって、利用者がスケーラビリティやアベイラビリティの高いサービスを用意に受けられるようになること
    • 誤答選択肢 あらゆる電化製品をインテリジェント化しネットワークに接続することによって、いつでもどこからでもそれらの機器の監視や操作ができるようになること
    • 数多くのPCの計算能力を集積することによって、スーパコンピュータと同程度の計算能力を発揮させること
    • 特定のサーバを介することなく、ネットワーク上のPC同士が対等の関係で相互に通信を行うこと

    解説

    クラウドコンピューティング(Cloud Computing)とは、データやソフトウェアなどを、インターネットなどのネットワークを介してサービスの形で必要に応じて利用する方式のことである。

  • 28

    シェルのリダイレクト機能による実現の可否に関する記述のうち適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準入力と標準出力をファイルに切り替えることができ、標準出力をファイルに追加することもできる。
    • 誤答選択肢 標準出力をファイルに切り替えることはできないが、標準入力をファイルに切り替えることはできる。
    • 標準出力をファイルに追加することはできないが、標準入力と標準出力をファイルに切り替えることはできる、
    • 標準入力をファイルに切り替えることはできないが、標準出力をファイルに切り替えることはできる。

    解説

  • 29

    システム障害を想定した事業継続計画を策定する場合、ビジネスインパクト分析での実施事項はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報システムに許容される最大停止時間を決定する。
    • 誤答選択肢 BCPの有効性を検証するためのテストを実施する。
    • 情報システム障害時の代替手段と復旧手段について関係者を集めて教育する。
    • 情報システムに関する内外の環境の変化を踏まえてBCPの内容を見直す。

    解説

  • 30

    オブジェクト指向プログラミングの特徴はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オブジェクトが相互にメッセージを送ることによって、協調して動作し、プログラム全体の機能を実現する。
    • 誤答選択肢 オブジェクト外部からオブジェクトの内部のデータを直接変更できるので、自由度が高い。
    • 下位クラスは上位クラスの機能や性質を引き継ぐので、下位クラスに必要な性質は全て上位クラスに含まれる。
    • 個々のオブジェクトが使用するデータ(属性)はあらかじめデータ辞書に登録しておく。

    解説

  • 31

    ソフトウェア開発におけるテスト技法のうち、ブラックボックステストに関する記述として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムが設計者の意図した機能を実現しているかどうかのテストを、主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
    • 誤答選択肢 ソースコードを解析し、プログラムの制御の流れと変数間のデータの流れのテストを、主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
    • プログラムのすべての命令について最低一回は実行することを完了の条件とするテストを、主にプログラム開発者自身が実施する。
    • プログラムの内部構造や論理が記述された内部仕様書に基づくテストを、主にプログラム開発者自身が実施する。

    解説

    プログラム設計書の内容から、機能とデータの関係を考慮してテストケースを設計するテスト手法をブラックボックステストという。内部構造は考慮しない。

  • 32

    複数の業務システムがある場合のアクセス管理の方法のうち、最も適切なものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者の職位にかかわらず、業務システムごとに役割に応じて適切なアクセス権限の設定を行う。
    • 誤答選択肢 業務の担当変更に迅速に対応するために、業務グループごとに共通の利用者IDを使用する。
    • 人事異動が頻繁に発生する場合には、年初にまとめてアクセス権限の変更を行う。
    • 新入社員の名簿に基づいて、あらかじめ全業務システムに全員の利用者登録を実施しておく。

    解説

  • 33

    1~3の手順に従って処理を行うものはどれか。1:今後の一定期間に生産が予定されている製品の種類と数量及び部品構成表を基にして、その構成部品についての必要量を計算する。2:引き当て可能な在庫量から各構成部品の正味発注量を計算する。3:製造/調達リードタイムを考慮して構成部品の発注時期を決定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MRP
    • 誤答選択肢 CAD
    • CRP
    • JIT

    解説

    MRP(Material Requirements Planning)は資材所要量計画と訳される。資材管理で生産を計画する手法のことである。(CADはComputer Aided Design、CRPはContinuous Replenishment Program、JITはJusu In Time。)

  • 34

    耐タンパ性とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部構造や情報などの外部からの読み取りを防ぐ能力。
    • 誤答選択肢 外部から強い衝撃を与えても変形しない能力。
    • 一部が破損しても機能を失わない能力。
    • 再利用できるという能力。

    解説

  • 35

    リストは、配列で実現する場合とポインタで実現する場合とがある。リストを配列で実現した場合の特徴として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    • 要するに配列の問題ですね。

    答え

    • リストにある実際の要素数にかかわらず、リストの最大長に対応した領域を確保し、実際には使用されない領域が発生する可能性がある。
    • 誤答選択肢 リストにある実際の要素数にかかわらず、リストへの挿入と削除は一定時間で行うことが出来る。
    • リストの中間要素を参照するには、リストの先頭から順番に要素をたどっていくので、要素数に比例した時間が必要となる。
    • リストの要素を格納する領域の他に、次の要素を指し示すための領域が別途必要となる。

    解説

  • 36

    キャパシティプランニングにおける下記作業のうち、二番目に実施するのはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 将来のデータ量の増加の予想
    • 誤答選択肢 現在のデータ量の把握
    • システム能力の限界時期の検討
    • ハードウェアの増設などの検討

    解説

    現在のデータ量を把握→将来のデータ量の増加の予想→システム能力の限界時期の検討→ハードウェアの増設などの検討

  • 37

    GPLの下で公開されたOSSを使い、ソースコードを公開しなかった場合にライセンス違反となるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    • GPLとはソースコードの公開を原則として、ソースコードを含めた再配布や改変の自由を認めているソフトウェアライセンスである。OSSはOpen Source Softwareの略である。改良や再配布が誰でも無償で行える。

    答え

    • OSSの入手、改変、販売をすべて自社で行っている。
    • 誤答選択肢 OSSとアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し、販売している。
    • OSSの改変を他社に委託し、自社内で使用している。
    • OSSを利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売している。

    解説

  • 38

    ファンクションポイント法の説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外部入出力や内部論理ファイル、照会、インタフェースなどの個数や特性などから開発規模を見積もる。
    • 誤答選択肢 開発するプログラムごとのステップ数を積算し、開発規模を見積もる。
    • 開発プロジェクトで必要な作業のWBSを作成し、各作業の工数を見積もる。
    • 過去の類似例を探し、その実績と差異などを分析評価して開発規模を見積もる。

    解説

  • 39

    SLAを策定する際の方針のうち、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客及びサービス提供者のニーズ、並びに費用を考慮して、サービスレベルを設定する。
    • 誤答選択肢 考えられるすべての項目に対し、サービスレベルを設定する。
    • サービスレベルを設定するすべての項目に対し、ペナルティとしての補償を設定する。
    • 将来にわたって変更が不要なサービスレベルを設定する。

    解説

  • 40

    データのバックアップ方法に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務処理がバックアップ処理と重なるとレスポンスが遅くなる可能性がある場合には、両方の処理が重ならないようにスケジュールを立てる。
    • 誤答選択肢 バックアップ作業時間を短くするためには、別のファイル名にしたバックアップデータを同一記憶媒体内に置く。
    • バックアップデータからの復旧時間を短くするためには差分バックアップを採用する。
    • バックアップデータを長期保存するためには、ランダムアクセスが可能な媒体にする。

    解説

  • 41

    エンタープライズアーキテクチャの"四つの分類体系"に含まれるアーキテクチャは、ビジネスアーキテクチャ、テクノロジアーキテクチャ、アプリケーションアーキテクチャともう一つはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データアーキテクチャ
    • 誤答選択肢 システムアーキテクチャ
    • ソフトウェアアーキテクチャ
    • バスアーキテクチャ

    解説

  • 42

    A社はB社に対して業務システムの開発を委託し、A社とB社は請負契約を結んでいる。作業の実態から、偽装請負とされる事象はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B社の従業員が、A社を作業場所として、A社の責任者の指揮命令に従って設計書を作成している。
    • 誤答選択肢 A社の従業員が、B社を作業場所として、A社の責任者の指揮命令に従ってシステムの検証を行っている。
    • A社の従業員が、B社を作業場所として、B社の責任者の指揮命令に従ってシステムの検証を行っている。
    • B社の従業員が、A社を作業場所として、B社の責任者の指揮命令に従って設計書を作成している。

    解説

  • 43

    静的テストツールの機能に分類されるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソースコードを解析して、プログラムの誤りを検出する。
    • 誤答選択肢 テスト対象モジュールに必要なドライバ又はスタブを生成する。
    • テストによって実行した経路から網羅度を算出する。
    • プログラムの特定の経路をテストするためのデータを生成する。

    解説

    プログラムを実行せずにプログラムのバグや問題点などを解析するツールを静的テストツールと呼ぶ。

  • 44

    ICカードとPINを用いた利用者認証における適切な運用はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ICカードを配送する場合には、PINを同封せず、別経路で利用者に知らせる。
    • 誤答選択肢 ICカードによって個々の利用者を識別できるので、管理負荷を軽減するために全利用者に共通のPINを設定する。
    • ICカードの表面に刻印してある数字情報を組み合わせて、PINを設定する。
    • ICカード紛失時には、新たなICカードを発行し、PINを再設定した後で、紛失したICカードの失効処理を行う。

    解説

  • 45

    ブラックボックステストにおけるテストケースの設計方法として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムの機能仕様やインタフェースの仕様に基づいて、テストケースを設計する。
    • 誤答選択肢 プログラム仕様書の作成又はコーディングが終了した段階で、仕様書やソースリストを参照して、テストケースを設計する。
    • プログラムの処理手順や内部構造に基づいて、テストケースを設計する。
    • プログラムの全ての条件判定で、真と偽をそれぞれ一回ずつ実行させることを基準に、テストケースを設計する。

    解説

  • 46

    共通フレームによれば、システム化構想の立案で作成されるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業で将来的に必要となる最上位の業務機能と業務組織を表した業務の全体像
    • 誤答選択肢 業務手順やコンピュータ入出力情報などの実現すべき要件
    • 日次は月次で行う利用者業務やコンピュータ入出力作業の業務手順
    • 必要なハードウェアやソフトウェアを記述した最上位レベルのシステム方式

    解説

  • 47

    SCMの目的はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調達から販売までの複数の企業や組織にまたがる情報を統合的に管理することによって、コスト低減や納期短縮などを目的とする。
    • 誤答選択肢 顧客情報や購買履歴、クレームなどを一元管理し、きめ細やかな顧客対応を行うことによって、良好な顧客関係の構築を目的とする。
    • 顧客情報や商談スケジュール、進捗状況などの商談状況を一元管理することによって、営業活動の効率向上を目的とする。
    • 生産や販売、在庫、会計など基幹業務のあらゆる情報を統合管理することによって、経営効率の向上を目的とする。

    解説

    SCMはSupply Chain Managementの略である。サプライチェーン全体をネットワークで結び、チェーン全体を最適化する。

  • 48

    労働者派遣における派遣元の責任はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 派遣先での時間外労働に関する法令上の届け出
    • 誤答選択肢 派遣労働者に指示する業務の遂行状況の管理
    • 派遣労働者の休日や休憩時間の適切な習得に関する管理
    • 派遣労働者の日々の就業で必要な職場環境の整備

    解説

    指揮命令関係は派遣労働者と派遣先に存在するが、時間外労働や労働時間の設定などは派遣労働者と派遣元の労働契約で行う。ただし、実際に休日や休憩時間を管理するのは派遣先である。

  • 49

    オープンソースライセンスにおいて、"著作権を保持したまま、プログラムの複製や改変、再配布を制限せず、そのプログラムから派生した二次著作物(派生物)には、オリジナルと同じ配布条件を適用する"とした考え方はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コピーレフト
    • 誤答選択肢 BSDライセンス
    • コピーライト
    • デュアルライセンス

    解説

    コピーレフトとはコピーライト(著作権)に対するオープンソースライセンスの考え方で、著作権を保持したまま複製、改変、再配布を制限せず二次著作物にはオリジナルと同じ配布条件を適用するというものである。デュアルライセンスとは二つの異なるライセンスに基づいて配布、販売などをすることである。

  • 50

    RDBMSにおけるスキーマの説明として、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの性質、形式、他のデータなどの関連などのデータ定義の集合である。
    • 誤答選択肢 実表ではない、利用者の視点による仮想的な表である。
    • データの挿入、更新、削除、検索などのデータベース操作の総称である。
    • データベースの一貫性を保持するための各種制約条件の総称である。

    解説

  • 51

    関係を第三正規形まで正規化して設計する目的はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冗長性を排除することによって、更新時異常を回避する。
    • 誤答選択肢 値の重複をなくすことによって、格納効率を向上させる。
    • 関係を細かく分割することによって、整合性制約を排除する。
    • 属性間の結合度を低下させることによって、更新時のロック待ちを減らす。

    解説

    冗長性はデータの重複とも言える。

  • 52

    TCP/IPネットワークで、データ転送用と制御用に異なるウェルノウンポート番号が割り当てられているプロトコルはどれか

    補足(例文と訳など)

    • メモ:SNTPはSimple Network Management Protocolの略である。

    答え

    • FTP
    • 誤答選択肢 POP3
    • SMTP
    • SNTP

    解説

  • 53

    多相性を実現するときに、特有のものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーバライド
    • 誤答選択肢 カプセル化
    • 多重継承
    • メッセージパッシング

    解説

    多相性とは、同じ属性とメソッドを持つオブジェクトに対して同じメッセージを送っても、オブジェクトが異なればそれぞれ異なる処理を行うことである。

  • 54

    BPOを説明したものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自社の管理部門やコールセンタなど特定部門の業務プロセス全般を、業務システムの運用などと一体として外部の専門業者に委託することである。
    • 誤答選択肢 自社ではサーバを所有せずに、通信事業者などが保有するサーバの処理能力や記憶容量の一部を借りてシステムを運用することである。
    • 自社ではソフトウェアを所有せずに、外部の専門業者が提供するソフトウェアの機能をネットワーク経由で活用することである。
    • 自社よりも人件費が安い派遣会社の社員を活用することで、ソフトウェア開発の費用を低減させることである。

    解説

    BPOとはBusiness Process Outsourcingの略である。

  • 55

    CSR調達に該当するものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然環境、人権などへの配慮を調達基準として示し、調達先に順守を求める。
    • 誤答選択肢 コストを最小化するために、最も安価な製品を選ぶ。
    • 災害時に調達が不可能となる事態を避けるために、調達先を複数化する。
    • 物品の購買にあたってEDIを利用し、迅速、正確な調達を行う。

    解説

    CSR(Corporative Social Responsibility)とは企業の社会的責任という意味である。

  • 56

    バランススコアカードで使われる戦略マップの説明はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習と成長という四つの視点を基に、課題、施策、目標の因果関係を表現したもの
    • 誤答選択肢 切り口となる二つの要素をX軸、Y軸として、市場における自社又は自社製品のポジションを表現したもの
    • 市場の魅力度、自社の優位性という二つの軸から成る四つのセルに自社の製品や事業を分類して表現したもの
    • どのような顧客層に対して、どのような経営資源を使用し、どのような製品・サービスを提供するのかを表現したもの

    解説

  • 57

    再入可能プログラムの特徴はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のタスクからの呼出しに対して、並列して実行されても、それぞれのタスクに正しい結果を返す。
    • 誤答選択肢 主記憶上のどこのアドレスに配置しても、実行することができる。
    • 手続の内部から自分自身を呼び出すことができる。
    • 必要な部分を補助記憶装置から読み込みながら動作する。主記憶領域の大きさに制限があるときに、有効な手法である。

    解説

    再入可能(リエントラント)プログラムは同時に複数のタスクが共有して実行しても正しい結果が得られる。再配置可能(リロケータブル)と混同しない。

  • 58

    新たにデータ項目の命名規約を設ける場合、次の命名規約だけでは回避できない問題はどれか。(1)データ項目名の末尾には必ず"名","コード","数","金額","年月日"などの区分語を付与し、区分ごとに定めたデータ型にする。(2)データ項目名と意味を登録した辞書を作成し、異音同義語や同音異義語が発生しないようにする。

    補足(例文と訳など)

    • 問題文をよく読みましょう

    答え

    • データ項目"受注金額"の取りうる値の範囲がテーブルによって異なる。
    • 誤答選択肢 データ項目"受信年月日"のデータ型として、日付型と文字列型が混在する。
    • データ項目"賞与金額"と同じ意味で"ボーナス金額と"いうデータ項目がある。
    • データ項目"取引先"が、"取引先コード"か"取引先名"か判別できない。

    解説

  • 59

    DBMSが受け付けたクエリを実行するまでに行われる処理の実行順番として、適切なものを述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構文解析→最適化→コード生成
    • 誤答選択肢 コード生成→構文解析→最適化
    • コード生成→最適化→構文解析
    • 構文解析→コード生成→最適化

    解説

    DBMSはデータベース管理システム。クエリ(DBMSに対する処理の要求)に対し公文を解析し、構文を整え、コンピュータが実行できるコードを生成する。

  • 60

    XP(Extreme Programming)において、実践することが提唱されているものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペアプログラミング
    • 誤答選択肢 構造化設計
    • テストツールの活用
    • ユースケースの活用

    解説

    XPとは、仕様の変更などの変化に対して機敏に対応できるソフトウェア開発手法の一つである。

  • 61

    ITILでは、可用性管理にうける重要業績評価指標(KPI)の例として、保守性を表す指標値の短縮を挙げている。この指標に該当するものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均サービス回復時間
    • 誤答選択肢 一定期間内での中断の数
    • 平均故障間隔
    • 平均サービス・インシデント間隔

    解説

  • 62

    ITに係る内部統制を評価し検証するシステム監査の対象となる者はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売部が行っているデータベースの入力・更新における正確性確保の方法
    • 誤答選択肢 経営企画部が行っている中期経営計画の策定の経緯
    • 人事部が行っている従業員の人事考課の結果
    • 製造部が行っている不良品削減のための生産設備の見直しの状況

    解説

    設問で「ITに係る」と書いているのでITに係るものを選択

  • 63

    ネットワーク障害の原因を調べるために,ミラーポートを用意して,LANアナライザを使用するときに留意することはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LANアナライザにはネットワークを通過するパケットを表示できるので,盗聴などに悪用されないように注意する必要がある。
    • 誤答選択肢 LANアナライザがパケットを破棄してしまうので,測定中は測定対象外のコンピュータの利用を制限しておく必要がある。
    • 障害発生に備えて,ネットワーク利用者にLANアナライザの保管場所と使用方法を周知しておく必要がある。
    • 測定に当たって,LANケーブルを一時的に切断する必要があるので,利用者に対して測定日を事前に知らせておく必要がある。

    解説

    LANアナライザは悪用されると盗聴などの被害をもたらします。

  • 64

    レビュー技法の一つであるインスペクションにおけるモデレータの役割はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レビューを主導し,参加者にそれぞれの役割を果たさせるようにする。
    • 誤答選択肢 レビューで提起された欠陥,課題,コメントを記録する。
    • レビューで発見された欠陥を修正する。
    • レビューの対象となる資料を,他のレビュー参加者に説明する。

    解説

    (ソフトウェア)インスペクションとはソフトウェア開発プロジェクトで作成された成果物(仕様書やプログラムなど)を、実際に動作させることなく人間の目で見て検証する作業を言う。モデレータは議長。

  • 65

    サービスデスク組織の構造とその特徴のうち,ローカルサービスデスクのものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスデスクを利用者の近くに配置することによって,言語や文化の異なる利用者への対応,専用要員によるVIP対応などができる。
    • 誤答選択肢 サービスデスクを1拠点又は少数の場所に集中することによって,サービス要員を効率的に配置したり,大量のコールに対応したりすることができる。
    • サービス要員は複数の地域や部門に分散しているが,通信技術を利用することによって,単一のサービスデスクであるかのようなサービスが提供できる。
    • 分散拠点のサービス要員を含めた全員を中央で統括して管理することによって,統制の取れたサービスが提供できる。

    解説

  • 66

    システム企画段階において業務プロセスを抜本的に再設計する際の留意点はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新たな視点から高い目標を設定し,将来的に必要となる最上位の業務機能と業務組織のモデルを検討する。
    • 誤答選択肢 業務改善を積み重ねるために,ビジネスモデルの将来像にはこだわらず,現場レベルのニーズや課題への対応を重視して業務プロセスを再設計する。
    • 経営者や管理者による意思決定などの非定型業務ではなく,購買,製造,販売,出荷,サービスといった定型業務を対象とする。
    • 現行業務に関する組織,技術などについての情報を収集し,現行の組織や業務手続に基づいて業務プロセスを再設計する。

    解説

    「抜本的な」の記述に注意。

  • 67

    サイバーセキュリティ基本法の説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民に対し,サイバーセキュリティの重要性につき関心と理解を深め,その確保に必要な注意を払うよう努めることを求める規定がある。
    • 誤答選択肢 サイバーセキュリティに関する国及び情報通信事業者の責務を定めたものであり,地方公共団体や教育研究機関についての言及はない。
    • サイバーセキュリティに関する国及び地方公共団体の責務を定めたものであり,民間事業者が努力すべき事項についての規定はない。
    • 地方公共団体を"重要社会基盤事業者"と位置づけ,サイバーセキュリティ関連施策の立案・実施に責任を負うと規定している。

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ