zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 70

カード 8枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 家屋に係る固定資産税は、建物登記記録に登記されている所有者に対して課税されるので、家屋を建築したとしても、登記をするまでの間は課税されない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

固定資産税に関する○×問題っ!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    家屋に係る固定資産税は、建物登記記録に登記されている所有者に対して課税されるので、家屋を建築したとしても、登記をするまでの間は課税されない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 未登記の家屋についても、市町村長が固定資産課税台帳に登録する。だから、これ意思さん課税大領に所有者として登録されているものは未登録の間も課税を免れることはできない

    解説

  • 2

    固定資産税の納税通知書は、遅くとも、納期限前10日までに納税者に交付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    200㎡以下の住宅用地に対してかする固定資産税の嘉永標準は、価格の2分の1の額とする特例措置が講じられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 200㎡以下の小規模住宅用地の課税標準は、価格の2分の1ではなく、6分の1になる

    解説

  • 4

    質権者は、その土地についての使用収益の実質を有していることから、登記記録にその質権が登記されている場合には、固定資産税が課されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    市町村長は、原則として毎年1月から3月までの間、土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿をその指定する場所において関係者の縦覧に供しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 市町村長は、縦覧の場所や縦覧期間をあらかじめ公示した上で、4月1日から20日間または当該年度の最初の納期限の日のいずれか遅い日以後の日までの間、土地価格等縦覧帳簿・家屋価格等縦覧帳簿を関係者の縦覧に供しなければなりません。

    解説

  • 6

    固定資産税における土地の価格は、地目の変換がない限り、必ず規準年度の価格を3年間据え置くこととされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 固定資産税の登録価値は、毎年評価がをすると手間がかかりすぎるから、原則として3年に1度ずつ評価替えを行うことになっている。しかし、例外として地目の変換や家屋の損壊などの特別の事情がある場合は、基準年度から3年を経過しなくても見直されることになる

    解説

  • 7

    市町村長は、一筆ごとの土地に対してかする固定資産税の課税標準となるべき額が、財政上その他特別の必要があるとして市町村の条例で定める場合を除き、30万円に満たない場合には、固定資産税を課することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × たとえ、一筆の土地の課税標準の額が、30万円未満でも、同一市町村内に所有する複数の土地の課税標準を合計して30万円以上になるなら課税される

    解説

  • 8

    固定資産税の徴収は、申告納付の方法による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 固定資産税の徴収は、普通徴収の方法(納税義務者に納税通知書を交付して徴収)によって行われます。

    解説

56990

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ