zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 69

カード 9枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 不動産取得税は、不動産の取得に対して、当該不動産の所在する都道府県が課する税であるが、その徴収は特別徴収の方法がとられている

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

不動産取得税に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    不動産取得税は、不動産の取得に対して、当該不動産の所在する都道府県が課する税であるが、その徴収は特別徴収の方法がとられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産取得税は、特別徴収ではなく普通徴収の方法がとられる。ちなみに普通徴収とは、納税者に納税通知書を交付して徴収する方法だ

    解説

  • 2

    宅地の取得に係る不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成18年4月1日から平成24年3月31日のまでに行われた場合には、当該宅地の価格の2/3の額とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 課税標準×税率=税額 ここが1/2宅地評価土地の取得が平成18年1月1日から平成24年3月31日までに行われた場合には、不動産取得税の課税標準は、その宅地の固定資産課税台帳の登録価格の1/2 の額として扱われます。

    解説

  • 3

    不動産取得税の、新築住宅に対する1,200万円の特別控除の適用要件には、価格要件と面積要件がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 上で見たように、面積要件(50~240平方メートル)、(戸建以外の貸家住宅は40~240平方メートル)のみで、固定資産課税台帳の登録価格の価格要件はありません。

    解説

  • 4

    不動産取得税の免税点は、土地の取得にあっては10万円、家屋の取得のうち建築に係るものにあっては1戸につき23万円、その他の家屋の取得にあっては1戸につき12万円である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    平成25年4月に商業ビルの敷地を取得した場合の不動産取得税の標準税率は100分の3である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    新築住宅に対する1200万円の特別控除の対象となる住宅の床面積要件の上限は、200㎡である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 200㎡ではなく、240㎡。登録免許税や贈与税の特例と混同しないように注意が必要

    解説

  • 7

    平成25年4月に中古住宅とその敷地を取得した場合、当該敷地の取得に係る不動産取得税の税額から2分の1に相当する額が減額される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 宅地(住宅用地)を取得した場合には、課税標準が2分の1になる。税額が2分の1になるのではない

    解説

  • 8

    生計を一にする親族から不動産を取得した場合、不動産取得税は課されない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産取得税が非課税になるのは、①相続や②法人の合併などの場合だ。生計を一にする親族から不動産を取得した場合は、不動産所得税が課される

    解説

  • 9

    不動産取得税の課税標準となるべき学が9万円である土地を取得した者が当該土地を取得した日から6ヶ月後に隣接する土地で、その課税標準となるべき額が5万円であるものを取得した場合においては、それぞれの土地の取得について不動産取得税を課されない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 土地の取得の場合、課税標準が10万円未満なら不動産取得税は課されない。

    解説

56964

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ