zuknow learn together

新しい教材を作成

【公式】hanaso英会話フレーズ(初級編)ステージ0

公認 カード 42枚 作成者: hanaso (作成日: 2015/12/14)

  • わかりました。(理解しました。)


    理解したことを伝える

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

英語講師 関正生監修、無料で使えるhanasoオリジナルテキスト「英会話フレーズ」の英会話フレーズを収録した単語帳です。

この単語帳は、英会話フレーズ(初級編)ステージ0で扱うフレーズを収録しています。
このステージでは、オンライン英会話レッスンでよく使われるフレーズを学びます。はじめてオンライン英会話を受ける方におススメです。


---関正生先生略歴---

英語講師/参考書・語学書作家

1975年7月3日 東京生まれ。
埼玉県立浦和高校、慶応義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。
TOEICテスト990点満点取得。

オンライン予備校『受験サプリ』『資格サプリ』

著書累計80万部『世界一わかりやすい英会話の授業』など21冊。
新聞の連載:英和新聞『朝日weekly』にて「英文法のコラム」連載中。
NHKラジオ『入門ビジネス英語』テキストにてコラムを連載(2013~2015)
雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』『NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数。
講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施。
DVD授業:全国のTSUTAYAにて23タイトルがレンタル中。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    わかりました。(理解しました。)

    補足(例文と訳など)

    • 理解したことを伝える

    答え

    • I understand.

    解説

    日本語だと「わかりました。」は過去形ですが、英語では現在形で"I understand"と言います。またカジュアルな表現として"I get it."「わかった。」と言うこともできます。

  • 2

    わかりません。(理解してません。)

    補足(例文と訳など)

    • 理解していないことを伝える

    答え

    • I don’t understand.

    解説

    「わかりません。」は現在形で"I don't understand."と言います。またカジュアルな表現として"I don't get it."「わかりません。」と言うこともできます。

  • 3

    タイプしていただけますか?

    補足(例文と訳など)

    • スカイプのチャットを使って欲しいときに

    答え

    • Could you type it for me?

    解説

    「~していただけますか?」は"Could you ~?"を使います。このフレーズのcouldは「~することができた」というcanの過去を表す意味でありません。canを過去形にすることで現在との距離感が生まれ、直接的な言い方を和らげ、"can you ~?"「~をしてくれるかな?」より丁寧な表現になります。

  • 4

    すみませんが、答えがわかりません。

    補足(例文と訳など)

    • 答えがわらなくて

    答え

    • I’m sorry, but I don’t know the answer.

    解説

    「すみませんが、~」と言いたい時は、"I'm sorry, but ~."を使います。言いにくいことを言う時に使えるとても便利なフレーズです。

  • 5

    もう一度言ってくれませんか?

    補足(例文と訳など)

    • 聞き取れなくて

    答え

    • Pardon?

    解説

    「もう一度言ってくれませんか?」は"Pardon?"と言います。相手の言っていることが聞こえなかったり、理解できなかった時に使える便利なフレーズです。発音は「パードゥン?」という風になります。

  • 6

    ゆっくり話していただけますか?

    補足(例文と訳など)

    • 聞き取れなくて

    答え

    • Could you speak slowly?

    解説

    相手の話す速度が速くて聞こえなかった時は"Could you speak slowly?"「ゆっくり話していただけますか?」と言います。「~をしていただけますか?」と相手に丁寧に依頼する時はCould you ~?を使いましょう。

  • 7

    もう少し大きな声で話していただけますか?

    補足(例文と訳など)

    • 聞き取れなくて

    答え

    • Could you speak louder?

    解説

    loudは「(音が)大きい、うるさい」 という意味があります。「もう少し大きな声で」と言いたいのでloudの比較級louderを使い"Could you speak louder?"といいます。

  • 8

    何が好きだって?

    補足(例文と訳など)

    • 相手の言った一部分がわからなくて

    答え

    • You like what?

    解説

    相手の言った内容の一部がわからない時は、whatで置き換えて聞き返すことができます。例えば、相手が"I like surfing."と言ったけど、likeの後に何て言ったかわからなかった場合は、"You like what?"のようにわからなかった部分をwhatに置き換えていうことができます。

  • 9

    私がAになります。あなたがBになります。

    補足(例文と訳など)

    • ロールプレイングでのやり取り

    答え

    • I will be A, and you will be B.

    解説

    「(私は)~になります。」と言いたい時は、"I will be ~."を使います。レッスンでロールプレイングのやり取りをする際に、役Aと役Bのどちらが自分の役なのかをあらかじめ確認する時によく使われるフレーズです。

  • 10

    Bを読んでください。

    補足(例文と訳など)

    • ロールプレイングでのやり取り

    答え

    • Please read letter B.

    解説

    「文字Bを読んでください。」は"Please read etter B."と言います。letterと聞くと、「手紙」をイメージする方は多いかと思いますが、ここでは「文字」という意味です。ロールプレイでは、役がAとBに分かれており、今回のフレーズでは講師が生徒に役Bを読むように伝えているシーンとなります。

  • 11

    役を交代しましょう。

    補足(例文と訳など)

    • ロールプレイングでのやり取り

    答え

    • Let’s switch roles.

    解説

    「交代する」は英語でswitchと言います。レッスンでロールプレイの役を交代する時によく使われるフレーズです。role は「役」という意味で、お互いの役を交代するので複数形のrolesになります。また"Let's ~."「~しましょう。」で勧誘の意味を表します。

  • 12

    あなたの番です。

    補足(例文と訳など)

    • ロールプレイングでのやり取り

    答え

    • It's your turn.

    解説

    「順番」は英語でturnと言います。レッスンでロールプレイをする際に、生徒が順番を把握していない時によく使われます。Itはその場の漠然とした状況を表します。

  • 13

    私の後に繰り返してください。

    補足(例文と訳など)

    • レッスン中の講師のセリフ

    答え

    • Please repeat after me.

    解説

    repeatは動詞で「繰り返して言う」という意味があります。また"Please ~."「~をしてください。」は相手に丁寧に依頼したい時に使える便利なフレーズです。

  • 14

    もう一度お願いします。

    補足(例文と訳など)

    • もう一度言って欲しくて

    答え

    • One more time, please.

    解説

    「もう一度」は英語でone more timeと言います。また"名詞, + please ."「~をお願いします。」は相手に丁寧に依頼したい時に使える便利なフレーズです。

  • 15

    自分で読みたいですか?それとも私の後に続いて読みたいですか?

    補足(例文と訳など)

    • レッスン中の講師のセリフ

    答え

    • Would you like to read on your own or repeat after me?

    解説

    「~したいですか?」と丁寧に依頼したい時は、"Would you like to ~?"を使います。またon one's ownは「自分で」という意味で、例えば"I'll go there on my own."「自分でそこへ行きます。」のように使うことができます。

  • 16

    あなたの後に続いて読みたいです。

    補足(例文と訳など)

    • 講師の後に続いて読みたくて

    答え

    • I’d like to repeat after you.

    解説

    「~したいのですが。」と丁寧に希望を伝えたい時は、"I'd like to ~."を使います。ちなみにI'dはI wouldの省略形です。

  • 17

    質問があります。

    補足(例文と訳など)

    • 質問したいときに

    答え

    • I have a question.

    解説

    「質問があります。」は"I have a question."と言います。haveは動詞で「持っている」という意味があり、「私は質問を持っています。」→「質問があります。」という意味になります。

  • 18

    質問してもいいですか?

    補足(例文と訳など)

    • 質問したいときに

    答え

    • May I ask you a question?

    解説

    「質問してもいいですか?」は"May I ask you a question?"と言います。相手に丁寧に許可を求める時は、"May I ~?"「~してもいいですか?」を使いましょう。またカジュアルに「~してもいいかな?」と言いたい時は、"Can I ~?"を使いましょう。

  • 19

    importantの意味はなんですか?

    補足(例文と訳など)

    • 単語の意味がわからなくて

    答え

    • What does “important” mean?

    解説

    meanは動詞で「~を意味する」 という意味があります。meanを使ったよく使うフレーズとして"What do you mean?"(どういう意味ですか?)があります。これは相手の話していることがよくわからない時に使われます。

  • 20

    watchのスペルはなんですか?

    補足(例文と訳など)

    • スペルがわからなくて

    答え

    • How do you spell “watch”?

    解説

    spellには動詞で「~を綴る」 という意味があります。この問題ではwatchをどのように綴るかを聞いているのでhow do you spell~?となります。ちなみにスペルの名詞はspellingになります。

  • 21

    私の文は正しいですか?

    補足(例文と訳など)

    • 自分の英文が正しいか確認したくて

    答え

    • Is my sentence correct?

    解説

    「正しい」はcorrect、「間違い」はwrongと言います。レッスンで自分が話した英文が正しいか確認したい場合はこのフレーズを使いましょう。

  • 22

    I went shopping this afternoon.と言うほうもっと良いですよ。

    補足(例文と訳など)

    • レッスン中の講師のセリフ

    答え

    • It’s better to say “I went shopping this afternoon”.

    解説

    「~と言ったほうがもっと良いですよ。」と言いたい時は"It's better to say …."を使います。この文の意味上の主語は、itではなくto以下を指しますが、文頭に持ってくると主語が長くなってしまうのでitを仮の主語として置いています。

  • 23

    I have a fever today.と言うほうがいいですよ。

    補足(例文と訳など)

    • レッスン中の講師のセリフ

    答え

    • You should say “I have a fever today”.

    解説

    「~と言ったほうがいいですよ。」と言いたい時は、"You should say ~."を使います。shouldは助言や提案をする時に「~したほうがいい」という意味で使える便利な助動詞です。

  • 24

    私の発音は正しいですか?

    補足(例文と訳など)

    • 自分の発音が正しいか確認したくて

    答え

    • Is my pronunciation correct?

    解説

    「私の~は正しいですか?」と言いたい時は"Is my ~ correct?"を使います。correctは「正しい」という意味です。また反語のwrong「間違った」も合わせて押さえておきましょう。pronunciationは「プロナンスィエイション」のように発音します。

  • 25

    よくできました。

    補足(例文と訳など)

    • ほめるとき

    答え

    • Well done.

    解説

    レッスンで講師が生徒をほめる時は、"Well done."「よくできました。」と言います。doneは動詞doの過去分詞で、「ダン」のように発音します。またレストランでステーキを注文する際に"Well done please."「ウェルダンでお願いします。」のように使うこともできます。

  • 26

    ありがとう。

    補足(例文と訳など)

    • 感謝を伝えたくて

    答え

    • Thank you.

    解説

    すでにご存知かと思いますが、「ありがとう。」は"Thank you."です。カジュアルな表現として、"Thanks."と言うこともできます。また「本当にありがとう。」と言いたい時は、"Thank you so much."となり、カジュアルな表現では"Thanks a lot."となります。

  • 27

    教えてくれてありがとう。

    補足(例文と訳など)

    • レッスンの終わりに一言

    答え

    • Thank you for teaching.

    解説

    「~してくれてありがとう。」と言いたい時には"Thank you for -ing ~."を使います。for以下の動詞のing形がきます。レッスンの終わりに一言感謝を伝えて、気持ちよくレッスンを終えましょう。

  • 28

    続けて。

    補足(例文と訳など)

    • 話を続けてほしいときに

    答え

    • Go on.

    解説

    相手に話を続けてほしい時は、go on「続けて。」と言います。例えば、話が被ってしまった時は、"Sorry, go on."「すみません、続けて」などと言います。 

  • 29

    えーっと。

    補足(例文と訳など)

    • 言葉が出てこないときに

    答え

    • Well.

    解説

    すぐに言いたいことが出てこない時は、"Well."「えーっと。」を使います。例えば、"What will you do tomorrow?"「明日は何をするの?」と聞かれて、"Well, maybe I will stay home."「えーっと、たぶん家にいるかな。」のように言うことができます。発音は、「え~っと。」と同じように「ウェ~ル」と軽く伸ばして言いいます。不自然な間を埋めるにはとても便利なフレーズですが、使いすぎには注意しましょう。

  • 30

    えーっとねぇー。

    補足(例文と訳など)

    • 言葉が出てこないときに

    答え

    • Let me see.

    解説

    すぐに言いたいことがでてこなくて考える必要がある時は"Let me see."「えっとねぇー。」を使います。"Let 人 ~."で「人に~させて。」という相手に許可を尋ねる意味になります。このseeは動詞で「理解する」という意味になり、直訳すると「私に理解させて。」ですが、意訳して「えーっとねぇー。」という意味になります。

  • 31

    なんて言えばいいのかな。

    補足(例文と訳など)

    • 言葉が出てこないときに

    答え

    • How can I say it?

    解説

    ここでは単に言葉や文を発するというニュアンスがあるsayを使います。「言う」という動詞にtellもありますが、"She told me that she'll come to the party tomorrow."「彼女が明日のパーティに来るって言ってたよ。」のようにtellは誰かに情報を伝えるというニュアンスになります。

  • 32

    ちょっと待ってください。

    補足(例文と訳など)

    • 言葉が出てこないときに

    答え

    • Wait a minute.

    解説

    「ちょっと待ってください。」は色んな言い方がありますが、その一つが"Wait a minute."です。その他にも"Just a minute." "Wait a second."などがありますが、どれも同じ意味で使えます。

  • 33

    よく聞こえません。

    補足(例文と訳など)

    • レッスンで相手の声がよく聞こえなくて

    答え

    • I can’t hear you well.

    解説

    電話で相手の声がよく聞こえない時は、"I can't hear you well."「よく聞こえません。」と言います。wellは副詞で「よく」という意味です。その他にもhearは"I heard that you studied in Australia."「君がオーストラリアで勉強したって聞いたよ。」のように「伝え聞く」という意味もありますので、合わせて押さえておきましょう。

  • 34

    まったく聞こえません。

    補足(例文と訳など)

    • レッスンで相手の声がまったく聞こえなくて

    答え

    • I can’t hear you at all.

    解説

    電話で相手の声がまったく聞こえない時は、"I can't hear you at all."「まったく聞こえません。」と言います。at allは否定文で用いて、「まったく~ない」という意味です。

  • 35

    聞こえますか?

    補足(例文と訳など)

    • レッスンで自分の声が聞こえているか確認したくて

    答え

    • Can you hear me?

    解説

    自分の声が相手に届いているか聞きたい時は、"Can you hear me?"「聞こえますか?」と言います。hearと似たような意味の単語にlisten to「聴く」がありますが、これは意識して耳を傾ける時に使い、hearは自然に耳に入ってくる状態の時に使います。

  • 36

    私が見えますか?

    補足(例文と訳など)

    • ウェブカメラの確認

    答え

    • Can you see me?

    解説

    自分の顔が相手のビデオに問題なく映っているか確認したい時は、"Can you see me?"「私が見えますか?」と言います。インターネットの回線が良くない時にビデオコールすると映りが悪くなったり声が聞こえにくくなったりするので、そういう時はウェブカメラを切ってレッスンを行いましょう。

  • 37

    接続状況が悪いです。

    補足(例文と訳など)

    • インターネット回線が良くないときに

    答え

    • We have a bad connection.

    解説

    インターネットの回線が良くない時は、"We have a bad connction."「接続状況が悪いです。」と言います。レッスンを行えない状態だと思ったら、一度スカイプを切って掛けなおすとよくなることがありますので、"I'll hang up and call you back."「一度切って掛けなおします。」といって掛けなおしてみましょう。

  • 38

    何ページですか?

    補足(例文と訳など)

    • テキストの確認

    答え

    • What page is it?

    解説

    講師に今どのページを見ているのか確認したい時は、"What page is it?"「何ページですか?」と言います。この場合のwhatは形容詞で「何の」という意味で、名詞のpageを修飾しています。

  • 39

    今どの辺りですか?

    補足(例文と訳など)

    • テキストの確認

    答え

    • Where are we now?

    解説

    レッスン中に自分たちがどのページにいるのか確認したい時は、"Where are we now?"「今どの辺りですか?」と言います。その他にも、観光中などに現在地を知りたい時にも使える便利なフレーズです。

  • 40

    次のページに行きましょう。

    補足(例文と訳など)

    • レッスン中の講師のセリフ

    答え

    • Let’s go to the next page.

    解説

    「~に行きましょう。」と言いたい時は、"Let's go to ~."を使います。レッスン中に講師が次のページに移動する際によく使われるフレーズです。また相手を誘う時にも"Let's go to the coffee shop."「カフェに行こうよ。」のように言うことができます。

  • 41

    3ページへ戻っていいですか?

    補足(例文と訳など)

    • 前のページに戻りたくて

    答え

    • Can we go back to page 3?

    解説

    「~に戻っていいですか?」と言いたい時は"Can we go back to ~?"を使います。レッスン中に前のページに戻りたい時や、もう一度やり直したいページがあった時に使えるフレーズです。

  • 42

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57041

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ