zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 68

カード 8枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 木造建築に用いる木材は、気候状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽菌の害を受けやすい

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

建物に関する○×問題♪♪

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    木造建築に用いる木材は、気候状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽菌の害を受けやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 木材の強度は乾燥しているほうが大きくなる

    解説

  • 2

    建築物に異なる構造方法による基礎を併用した場合は、構造計算によって構造耐力上安全であることを確かめなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    建築物の設計においては,クリープ(一定過重のもとで時間の経過とともに歪みが増大する現象)を考慮する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    コンクリート引張強度は、圧縮強度より大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × コンクリートは、引っ張りに弱いが、圧縮には強い。「引張強度<圧縮強度」だ

    解説

  • 5

    木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    高さ1 m以上の階段にあっては,必ず手すりを設けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 手すりを設けなければならないのは,高さが1mを超える階段で(建築基準法施行令25条4号),かつ,その両側に側壁又はこれに代わるものを設けていない場合(建築基準法施行令25条2号)

    解説

  • 7

    「鉄筋コンクリート造の建築物に使用するコンクリートの材料は,鉄筋をさびさせ,又はコンクリート造の凝結及び硬化を妨げるような酸,塩,有機物又は泥土を含んではならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    木造の建築物に、鉄筋の筋かいをしようしてはならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 木造建築物であっても、鉄筋の筋かいを使用することはできる。筋かいの種類や部位によっては、鉄筋を用いたほうが適切な場合がある

    解説

57033

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ