zuknow learn together

新しい教材を作成

語彙力

カード 100枚 作成者: おめめ (作成日: 2014/02/16)

  • 良心の呵責

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

語彙力ないので作ることにしました。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    良心の呵責

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心が痛むこと

    解説

  • 2

    合いの手

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事や会話の合間にはさむ動作や言葉。 「 -が入る」 「 -を入れる」

    解説

  • 3

    無私

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私的な感情にとらわれたり、利害の計算をしたりしないこと。

    解説

  • 4

    慢心

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)おごり高ぶること。また、その心。自慢する気持ち。「―を戒める」「成功して―する」

    解説

  • 5

    くさび

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つのものを固くつなぎ合わせるもの。きずな。「共通の危機感が両派の分裂を回避させる―となる」

    解説

  • 6

    しりうまにのる【尻馬に乗る】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無批判に他人のすることに便乗して行動する。節操もなく他人の言説に同調する。尻馬に付く。

    解説

  • 7

    ほん‐ろう 【翻弄】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思うままにもてあそぶこと。手玉にとること。「運命に―される」

    解説

  • 8

    ほん‐そう 【奔走】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 忙しく走り回ること。物事が順調に運ぶようにあちこちかけまわって努力すること。「募金集めに―する」

    解説

  • 9

    ふ‐はく【浮薄】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あさはかで軽々しいこと。また、そのさま。軽薄。「軽佻(けいちょう)―」「其様な―な婦人(おんな)じゃあなし」〈二葉亭・浮雲〉

    解説

  • 10

    功利主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 功利を第一とする考え方。 幸福を人生や社会の最大目的とする倫理・政治学説。 「最大多数の最大幸福」を原理とする。

    解説

  • 11

    じがん【字眼】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 詩文の中で、1字の巧拙によってその価値が左右されるような、重要な文字。

    解説

  • 12

    巧拙(こうせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たくみなことと、つたないこと。じょうずとへた。「作品の―を問わない」

    解説

  • 13

    し‐べん 【至便】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この上なく便利なこと。また、そのさま。「通勤に―な土地」

    解説

  • 14

    覚束ない 読み方:おぼつかない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たよりない。上手くいくかどうか不安にさせる。ぼんやりしている。「覚束ない」は当て字。

    解説

  • 15

    一瞥

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 読み方:イチベツ ひと目ちらっと見ること

    解説

  • 16

    もどかしい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思うようにならずいらいらする。じれったい。はがゆい。「うまく気持ちを伝えられなくて―・い」「靴を履くのも―・く走りだす」

    解説

  • 17

    権威

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 他の者を服従させる威力。「行政の―が失墜する」「親の―を示す」 2 ある分野において優れたものとして信頼されていること。その分野で、知識や技術が抜きんでて優れていると一般に認められていること。また、その人。オーソリティー。「―ある賞を受賞する」「心臓外科の―」

    解説

  • 18

    思い立ったが吉日

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Procrastination is the thief of time. 何かをしようと思い立ったら、その日を吉日と思ってすぐにやり始めるのがよい。

    解説

  • 19

    金言

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処世上の手本とすべき内容を持つすぐれた言葉。金句。

    解説

  • 20

    処世

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世間と交わってうまく生活していくこと。世渡り。「―の道」「―にたける」

    解説

  • 21

    銘打つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特別に名目をかかげる。称する。「本邦初公開と―・つ」

    解説

  • 22

    得心(とくしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よくわかって承知すること。納得すること。「―するまで説明を受ける」

    解説

  • 23

    凡庸(ぼんよう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平凡でとりえのないこと。また、その人や、そのさま。「―な(の)人物」

    解説

  • 24

    杓子定規 (しゃくしじょうぎ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • べてのことを一つの標準や規則に当てはめて処置しようとする、融通のきかないやり方や態度。また、そのさま。「―な考え方」「―に扱う」

    解説

  • 25

    貪欲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常に欲が深いこと。むさぼって飽くことを知らないこと。また、そのさま。「―に知識を吸収する」「―な男」

    解説

  • 26

    愚直

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと。また、そのさま。ばか正直。「―に生きる」

    解説

  • 27

    拘泥(こうでい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こだわること。必要以上に気にすること。「勝ち負けに―する」

    解説

  • 28

    咀嚼

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと。「―して消化をよくする」 2 言葉や文章などの意味・内容をよく考えて理解すること。「名言を―して味わう」

    解説

  • 29

    多寡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多いことと少ないこと。多いか少ないかの、その量・額。多少。「人員の―は問わない」

    解説

  • 30

    萌芽(ほうが)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 草木の芽のもえ出ること。また、その芽。めばえ。 2 新しい物事が起こりはじめること。また、物事の起こるきざし。「自立心の―」

    解説

  • 31

    袋小路(ふくろこうじ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 行きどまりになっている路地。袋道。 2 物事が行きづまって先に進めない状態。袋道。「審議は―に入ってしまった」

    解説

  • 32

    煮詰める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 煮て水分を少なくする。「―・めてとろりとさせる」 2 討議・検討を十分に重ねて結論を出す。「計画を―・める」

    解説

  • 33

    マインドセット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、価値観、信念などがこれに含まれる。

    解説

  • 34

    真価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本当の値うち。物や人のもつ真の価値や能力。「―が問われる」「―を発揮する」

    解説

  • 35

    プロファイリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異常犯罪の犯人像の分析技法。現場に残された状況をもとに、統計的な経験と犯罪データ・心理学の両面から犯人像を推理し、人種・年齢・生活態度などを特定していくもの。米国の連邦捜査局(FBI)が取り入れている。

    解説

  • 36

    安直(あんちょく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 簡単で手軽なさま。また、いい加減なさま。「―な方法ではだめだ」

    解説

  • 37

    峻別

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)厳しくはっきりと区別すること。また、その区別。「公私を―する」

    解説

  • 38

    誤植

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 印刷物で、文字・記号に誤りがあること。ミスプリント。

    解説

  • 39

    脳ある鷹は爪を隠す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【読み】 のうあるたかはつめをかくす 【意味】 能ある鷹は爪を隠すとは、才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。

    解説

  • 40

    破廉恥

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名・形動]恥を恥とも思わず平気でいること。また、そのさま。恥知らず。「―な人」「―な振る舞い」

    解説

  • 41

    漫然

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とりとめのないさま。ぼんやりとして心にとめないさま。「―と日を暮らす」「―と眺める」

    解説

  • 42

    脚光を浴びる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① 俳優が舞台に立つ。 ② 世間から注目される。人々の注目の的となる。 「一躍,世の-・びる」

    解説

  • 43

    二番煎じ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前にあったことの模倣で新味のないもの。「―のコマーシャル」

    解説

  • 44

    老婆心

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年とった女性が、度を越してあれこれと気を遣うこと。転じて、必要以上に世話をやこうとする自分の気持ちを、へりくだっていう語。「―から言わせてもらえば」

    解説

  • 45

    一元化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)いくつかに分かれている問題や機構・組織などを統一すること。「窓口を―する」

    解説

  • 46

    マイルストーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイルストーンとは、物事の進捗を管理するために途中で設ける節目をいう。もとは道路などに置かれ、距離を表示する標識(里程標)のこと。

    解説

  • 47

    傑出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)多くのものの中でずばぬけてすぐれていること。「―した作品」

    解説

  • 48

    一糸乱れぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寸分たりとも乱れやずれがなく、ぴったり揃っているさま。「一糸乱れず」とも言う。

    解説

  • 49

    心を砕く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① いろいろと力を尽くす。苦心する。 「 - ・いておもてなしをする」 ② 心配する。 「人知れぬ-・き給ふ人ぞ/源氏 須磨」

    解説

  • 50

    還元

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事をもとの形・性質・状態などに戻すこと。「利益の一部を社会に―する」「濃縮果汁を―する」

    解説

  • 51

    盲点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うっかりして人が気づかず見落としている点。「捜査の―を突く」

    解説

  • 52

    一朝一夕 (いっちょういっせき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きわめてわずかな期間、非常に短い時間のたとえ。ひと朝とひと晩の意から。▽「一朝一夕には…できない」のように、下に打ち消し表現を伴うことが多い。

    解説

  • 53

    着想

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)ある物事を遂行するための工夫や考え。思いつき。アイデア。「奇抜な―」「主婦が―した台所用品」

    解説

  • 54

    熾烈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名・形動]《「熾」は火勢の盛んである意》勢いが盛んで激しいこと。また、そのさま。「―をきわめる商戦」「―な戦い」

    解説

  • 55

    産物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あることが背景となってうみ出されたもの。「長年にわたる研究の―」「時代の―」

    解説

  • 56

    セレンディピティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セレンディピティは、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見する「能力」を指す。平たく言えば、ふとした偶然をきっかけにひらめきを得、幸運をつかみ取る能力のことである。

    解説

  • 57

    真摯

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名・形動]まじめで熱心なこと。また、そのさま。「―な態度」「―に取り組む」

    解説

  • 58

    結集

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)ばらばらになっているものを集めて一つにすること。また、一つにまとまり集まること。「総力を―する」

    解説

  • 59

    牽引(けんいん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きな力で引っ張ること。引き寄せること。牽曳(けんえい)。「故障車をレッカー車で―する」「―力」

    解説

  • 60

    未曾有

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今までに一度もなかったこと。また、非常に珍しいこと。希有(けう)。みぞうう。「―の大地震」

    解説

  • 61

    得策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利益のあるはかりごと。うまいやりかた。「引き受けるのが―だろう」

    解説

  • 62

    細密(さいみつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きわめて細かい所まで行き届いていること。また、そのさま。緻密(ちみつ)。「―な描写」「―に調査する」

    解説

  • 63

    折に触れて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機会があるたびに。「―注意する」

    解説

  • 64

    悠久

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 果てしなく長く続くこと。長く久しいこと。また、そのさま。「―の歴史」「―な(の)大自然」

    解説

  • 65

    真骨頂

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そのものが本来もっている姿。真面目(しんめんもく)。「―を発揮する」

    解説

  • 66

    グランドデザイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 壮大な図案・設計・着想。長期にわたって遂行される大規模な計画。

    解説

  • 67

    掌握

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)《手ににぎる意》自分の思いどおりにすること。全面的に自分の支配下に置くこと。「政権を―する」「部下を―する」

    解説

  • 68

    一興

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちょっとしたおもしろみ。それなりの楽しみ。「それもまた―だ」

    解説

  • 69

    卓見

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事を正しく見通す、すぐれた意見・見識。卓識。「―の持ち主」

    解説

  • 70

    無い袖は振れない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持っていないものは出しようがない。 「いくら催促されたって,-・ないよ」

    解説

  • 71

    昇華

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事が一段上の状態に高められること。「作品への執念が芸術に―される」

    解説

  • 72

    コストパフォーマンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あるものが持つコスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合い。コスパやCPと略されることもあるほか、費用対効果や対費用効果ともいう

    解説

  • 73

    高揚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神や気分などが高まること。また、高めること。「士気が―する」「自主独立の精神を―する」

    解説

  • 74

    機敏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名・形動]時に応じてすばやく判断し、行動すること。また、そのさま。「―な動き」「―な処置」

    解説

  • 75

    孤高

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名・形動]俗世間から離れて、ひとり自分の志を守ること。また、そのさま。「―を持(じ)する」「―な(の)人」

    解説

  • 76

    忍ぶ、偲ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 つらいことをがまんする。じっとこらえる。耐える。「恥を―・んで申し上げます」「不便を―・ぶ」 2 自分の存在や行いを、人に気付かれないようにする。外から見えないようにして身を置く。隠れる。「人目を―・んで通う」「―・ぶ恋」「世を―・ぶ」「物陰に―・ぶ」

    解説

  • 77

    折に触れて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機会があるたびに。「―注意する」

    解説

  • 78

    斜に構える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 剣道で,刀を敵に対して斜(なな)めに構える。 ② 物事に正面から接するのでなく,ことさらずれた対応の仕方をする。 「 - ・えた態度」 ③ 物事に対して十分に身構える。改まった態度をとる。

    解説

  • 79

    陽気

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気分。雰囲気などがはればれしていること。にぎやかで明るいこと。また、そのさま。「―を装う」「天性―な人」「―にはしゃぐ」⇔陰気。

    解説

  • 80

    プロット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロットとは、「話の筋」「構成」「枠組み」といった意味合いを持つ言葉である。 映画や漫画、小説を描くときに「作品のストーリーを考える」と「作品のプロットを考える」では意味が異なり、ストーリーを考える前に行うのがプロットである。 だいたい大雑把に物語の内容を考える事がプロットだと思えばだいたいあっているはず。

    解説

  • 81

    奮起

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)ふるいたつこと。勇気・元気をふるい起こすこと。「大いに―して勉強する」

    解説

  • 82

    内省

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 自分の考えや行動などを深くかえりみること。反省。「過去を―する」 2 「内観(ないかん)」に同じ。

    解説

  • 83

    不問

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取り上げて問題にしないこと

    解説

  • 84

    愚問

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 愚かな質問。また、自分の質問をへりくだっていう語。「―を発する」

    解説

  • 85

    放浪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [名](スル)あてもなくさまよい歩くこと。さすらい。「―の旅」「各地を―する」

    解説

  • 86

    順応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境や境遇の変化に従って性質や行動がそれに合うように変わること。「新しい生活に―する」「―性」

    解説

  • 87

    非凡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平凡でないこと。普通より特にすぐれていること。また、そのさま。「―な(の)才能」⇔平凡。

    解説

  • 88

    お払い箱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【1】「解雇」が一般的な語。「馘首」は文章語、「首切り」「くび」は俗な言い方。 【2】「お払い箱」も俗な言い方だが、人以外に不要な物を捨てるような場合にも用いる。「古い机はお払い箱だ」

    解説

  • 89

    欺瞞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分で自分の心をあざむくこと。自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化すること。自欺(じき)。

    解説

  • 90

    二の次

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2番目。そのつぎ。あとまわし。「話は―にして早く片付けなさい」

    解説

  • 91

    才気横溢(さいきおういつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 頭の働きが速く優れていること。才能が光り輝き目立つこと。才気が盛んに外に現れる様子。 解 説: 「才気」はすばやく適切な判断ができること。「煥」は火が赤々と輝くという意で、「煥発」は輝き現れること。

    解説

  • 92

    妙ちくりん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 珍妙で滑稽なさま。

    解説

  • 93

    あてがう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 割り当てて与える。相手の求めによらないで、こちらで適当に与える。「仕事を―・う」「子供におもちゃを―・う」

    解説

  • 94

    甲斐性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物事をやり遂げようとする気力、根性。また、働きがあって頼もしい気性。多く、経済的な生活能力をいう。かいしょ。「―のある息子」

    解説

  • 95

    醜聞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その人の名誉や人格を傷つけるような、よくないうわさ。男女関係や金銭に関する評判など。スキャンダル。

    解説

  • 96

    逢瀬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会う時。特に、愛し合う男女がひそかに会う機会。「たまさかの―を楽しむ」

    解説

  • 97

    うがち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表に現れない事実・世態・人情の機微を巧みにとらえること。

    解説

  • 98

    屈託

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある一つのことばかりが気にかかって他のことが手につかないこと。くよくよすること。「―のない顔」「人は只だ黄金(おかね)のことばっかりに―して」

    解説

  • 99

    裁量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その人の考えによって判断し、処理すること。「君の―に任せる」「店の経営を一人で―する」

    解説

  • 100

    コンバージョンレート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業Webサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行ったりした人の割合。Webサイトの投資対効果を計る上で重要な指標である。

    解説

56548

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ