zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 67

カード 10枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤である

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

土地に関する○×もんだいっ!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    自然堤防は、主に砂や小礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地であることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    崩壊跡地は,周辺と異なる植生を示し,微地形的には馬蹄形状の凹地形を示すことが多く,一度崩壊しているので安定した土地である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 崩壊跡地とは,山腹斜面などで見られるもので,地表変動(表層崩壊・深層崩壊)によって地表が裸出し,植生も乏しく,馬蹄形または半円状の凹地(表層土が抉られたくぼみのある斜面)になっています。このような場所では,風化や雨水によって表層土が流出(表面侵食)し,岩石や礫を含む土層が不安定で落石が発生しやすく,豪雨や地震等で再び崩壊する危険もあります。したがって,<一度崩壊しているので安定した土地>であるとはいえません。

    解説

  • 4

    旧河道は、沖積平野の蛇行帯に分布する軟弱な地盤であり、建物の不同沈下が発生しやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では,過去に崩壊が発生した可能性があることから,注意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    地すべり地は,安定していても,盛土をすると,バランスをくずし,再びすべることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    近年、洪水氾濫危険区域図、土砂災害危険区域図等災害時に危険性があると予想される区域を表示した図書が一般に公表されており、これらは安全な宅地を選定するための資料として有益である、

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    土石流は、流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性の大きい場所に起こりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    崖錐は,谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており,谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 崖錐は,傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しているので,この部分は正しいのですが,谷出口を頂点とする同心円状の傾斜があるのは扇状地です。後半は,【扇状地】のことをいっているので誤りです。

    解説

  • 10

    地形図で見ると,急傾斜地では等高線の間隔は密になり,傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56923

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ