zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 65

カード 8枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 再調達原価とは、対象不動産を価格移転において再調達することを想定した場合いおいて必要とされる適正原価の総額をいう

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

不動産の鑑定評価の方法に関する○×もんだい!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    再調達原価とは、対象不動産を価格移転において再調達することを想定した場合いおいて必要とされる適正原価の総額をいう

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    価格形成要因のうち個別的要因とは、不動産に個別性を生じさせ、その価格を個別的に形成する要因をいい、土地、建物等の区分に応じて分析する必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    取引事例比較法の適用にあたって必要な取引事例は、取引事例比較法に即応し、適切にして合理的な計画に基づき、豊富に秩序正しく収集し、選択すべきであり、投機的取引であると認められる事例等適性さを欠くものであってはならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    不動産の価格を形成する要因(以下この問において「価格形成要因」という)とは、不動産の効用及び相対的希少性並びに不動産に対する有効需要の三者に影響を与える要因をいい、不動産の鑑定評価を行うに当たっては、価格形成要因を市場参加者の観点から明確に把握し、十分に分析することが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    価格形成要因のうち地域要因とは、一般的要因の相関結合によって規模、構成の内容、機能等にわたる各地域の特性を形成し、その地域に属する不動産の価格の形成に全般的な影響を与える要因をいう

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    収益還元法は、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純収益の現在価値の総和を求めることにより対象不動産の試算価格を求める手法であり、このうち、一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法をDCF(Disccounted Cash Flow)法という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 一期間の純収益を還元利回りによって、還元する方法は直接還元法

    解説

  • 7

    価格形成要因のうち一般的要因とは、一般経済社会における不動産のあり方及びその価格の水準に影響を与える要因をいい、自然的要因、人為的要因及び経済的要因に大別される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 自然的要因、社会的要因、経済的要因及び行政的要因  × 人為的要因 不足しているもの・・・ 社会的要因、行政的要因

    解説

  • 8

    不動産の効用及び相対的希少性並びに不動産に対する有効需要の三者に影響を与える要因を価格形成要因といい、一般的要因、地域要因及び個別的要因に分けられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56941

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ