zuknow learn together

新しい教材を作成

世界史(3)

カード 56枚 作成者: en.K (作成日: 2015/12/11)

  • 前2300年頃に成立したインドの古典文明

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

インドの古典文明と東南アジアの諸文明

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    前2300年頃に成立したインドの古典文明

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インダス文明

    解説

    前1800年ごろまで

  • 2

    前1500年頃にインダス川上流域に侵入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーリヤ人

    解説

  • 3

    前1000年頃までにはアーリヤ人は()に到達

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンジス川流域

    解説

  • 4

    インダス文明の著名な遺跡(2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハラッパー・モエンジョ=ダーロ

    解説

    ハラッパーはインダス川中流域、もう一つは下流域

  • 5

    インダス文明の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都市計画がなされていた等

    解説

  • 6

    アーリヤ人の原始宗教をもとに成立した宗教

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バラモン教

    解説

    複雑な祭式規定が発達し形骸化

  • 7

    バラモン教の経典。「知識」を意味する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴェーダ

    解説

    自然現象を神として崇拝

  • 8

    前1200~前1000年ごろに成立した最古のヴェーダ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リグ=ヴェーダ

    解説

  • 9

    アーリヤ人の征服過程で生まれた制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァルナ制

    解説

    4段階あり、最高位がバラモン(司祭)。後にカースト制と呼ばれる。

  • 10

    ブラフマン(梵)とアートマン(我)の合一による輪廻転生からの解脱を説いた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウパニシャッド

    解説

    ヴェーダに付属する一群の哲学的文献。奥義書と訳す。

  • 11

    バラモン教への批判から生まれた宗教(2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏教・ジャイナ教

    解説

    成立はジャイナ教が前5C、仏教が前6C。共にヴェーダ時代以降

  • 12

    仏教の創始者。クシャトリヤに支持された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガウタマ=シッダールタ

    解説

  • 13

    ジャイナ教の創始者。ヴァイシャに支持された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァルダマーナ

    解説

  • 14

    アーリヤ人が進出した前1500~前600年ごろのこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴェーダ時代

    解説

    ヴェーダが成立した時代のことを指す。

  • 15

    前317年頃に成立したインド初の統一王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マウリヤ朝

    解説

    前180年頃まで

  • 16

    マウリヤ朝の建国者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャンドラグプタ王

    解説

  • 17

    マウリヤ朝最盛期の王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アショーカ王(位前268ごろ~前232ごろ)

    解説

    南端を除く全インドを統一した

  • 18

    アショーカ王の功績(2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダルマによる統治・第3回仏典結集

    解説

    仏典結集(ぶってんけつじゅう)

  • 19

    第3回仏典結集により確立した仏教の流派

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上座部仏教(小乗仏教)

    解説

  • 20

    大月氏から独立したイラン系の王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クシャーナ朝(1~3C)

    解説

    シルクロードを支配下に置いて繁栄

  • 21

    クシャーナ朝最盛期の王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カニシカ王(2C)

    解説

  • 22

    カニシカ王の功績

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第4回仏典結集を行い、大乗仏教を確立

    解説

  • 23

    大乗仏教の理論を確立した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナーガールジュナ(竜樹)

    解説

  • 24

    クシャーナ朝時代に成立した、ヘレニズムの影響を受けた仏教美術

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンダーラ美術

    解説

  • 25

    クシャーナ朝と並列して栄えたインド南部の王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サーダヴァハーナ朝(前1C~後3C)

    解説

    ローマとの季節風貿易で繁栄

  • 26

    318年頃に成立したインドの王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グプタ朝

    解説

    首都はパータリプトラ

  • 27

    グプタ朝の1代目の王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャンドラグプタ1世

    解説

    マウリヤ朝の後継であると主張

  • 28

    5世紀に作られた仏教研究の中心地

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナーランダー僧院

    解説

  • 29

    グプタ朝時代に来訪した東晋の僧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法顕(ほっけん)

    解説

    仏国記を記す

  • 30

    グプタ朝の最盛期の王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャンドラグプタ2世(中国名:超日王)

    解説

  • 31

    グプタ朝時代に成立。バラモン教と民間信仰が融合した宗教

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒンドゥー教

    解説

    主神はシヴァ神とヴィシュヌ神

  • 32

    宗教的義務や生活規範を規定したヒンドゥー教の経典

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マヌ法典

    解説

  • 33

    純インド的仏教美術:グプタ様式で知られる寺院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アジャンター石窟寺院

    解説

  • 34

    古代インドの文章語である梵語で書かれた文学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンスクリット文学

    解説

    梵語の別名はサンスクリット語

  • 35

    サンスクリット文学の名著(2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』

    解説

  • 36

    グプタ朝時代の詩聖。『シャクンタラー』で知られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カーリダーサ

    解説

  • 37

    グプタ朝時代に発明された数学の考え方(2つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10進法と0の概念

    解説

  • 38

    グプタ朝は()の侵入で衰退した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフタル(イラン系またはトルコ系の遊牧民)

    解説

  • 39

    606年頃に成立したインドの王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァルダナ朝

    解説

    ガンジス川流域などの北インド統一

  • 40

    ヴァルダナ朝の創始者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハルシャ=ヴァルダナ(中国名:戒日王)

    解説

  • 41

    ヴァルダナ朝時代にナーランダー僧院を訪問した唐僧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄奘(げんじょう)

    解説

    『西遊記』の三蔵法師のモデル。『大唐西域記』を記す。

  • 42

    玄奘訪問時の仏教

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒンドゥー教の発展に伴って衰退

    解説

  • 43

    前3C~後13Cに南インドに存在した王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チョーラ朝

    解説

    東西貿易の中継地や宝玉の産地として栄えた。東南アジアへの遠征でも知られる。

  • 44

    1C頃にメコン川下流に成立した王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 扶南(これは中国名。別名はプノム)

    解説

    7Cまで続く。海上貿易で栄える。

  • 45

    2C頃~17Cまで続いたインドシナ半島南東岸の王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャンパー

    解説

    中国名は時代により変化し、林邑→環王→占城

  • 46

    6Cに成立したインドシナ半島南部の王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真臘(しんろう)

    解説

    カンボジアのこと

  • 47

    8C頃に分裂していた真臘を統一し反映した王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンコール朝

    解説

    1432年にアユタヤ朝の攻撃で滅亡

  • 48

    アンコール朝のスールヤヴァルマン2世が建造した寺院兼墓地

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンコール=ワット

    解説

  • 49

    2Cに後漢から独立し、チャンパーを建国した民族

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャム人

    解説

  • 50

    1010年に成立したベトナム初の長期王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝大越国

    解説

    中国文化を受け入れて、仏教や儒学が発達した。

  • 51

    1225年に李朝を滅ぼした第二の長期王朝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝

    解説

    1400年に滅亡

  • 52

    1044年にミャンマー人が建国した王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パガン朝

    解説

    上座部仏教が栄えたが、元によって滅亡。

  • 53

    7Cのスマトラに成立した王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュリーヴィジャヤ

    解説

    14Cまで続く。仏教国。

  • 54

    7C後半にシュリーヴィジャヤに滞在した唐僧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義浄

    解説

    『南海寄帰内法伝』を記した

  • 55

    8C半ば~9Cに中部ジャワを支配した王国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シャイレーンドラ朝

    解説

    大乗仏教国。シャイレーンドラは「山の王」を意味するサンスクリット語。

  • 56

    シャイレーンドラ朝治下で建立された著名な大乗仏教遺跡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボロブドゥール

    解説

    位置はジャワ島中部。

56932

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ