zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 60

カード 13枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 賃貸住宅を建てるため一度農地法の許可を受けた農地を、その後講じ着工前に賃貸住宅用地として売却する場合、あらためて農地法の許可を受ける必要がある

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

農地法に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    賃貸住宅を建てるため一度農地法の許可を受けた農地を、その後講じ着工前に賃貸住宅用地として売却する場合、あらためて農地法の許可を受ける必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    市街化区域外の農地を6ヶ月間貸して臨時駐車場にする場合は、その後農地として利用するときでも、農地法第5条の許可を得る必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    農家が自己所有する市街化調整くい以内の農地を転用いて、そこに自ら居住する住宅を建設する場合には、農地法第4条の許可を受ける必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    土地区画整理事業の施行区域内にある農地で、耕作の目的に供されているものは、仮換地の指定処分があっても、農地法上の農地である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    市街化区域内の農地を耕作の目的に供するために取得する場合は、あらかじめ農業委員会に届け出れば、農地法第3条第1項の許可を受ける必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 市街化区域とは「すでに市街化を形成している区域及び、おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」ですので、市街化区域内の農地を宅地等に転用するため取得する場合には、あらかじめ“農業委員会に届出”をすればよいことになっています。(農地法条の)しかし、たとえ市街化区域内の農地であっても、農地として取得する場合には、農業委員会(市町村が異なる場合は都道府県知事)の許可が必要です。

    解説

  • 6

    市街化区域内の農地を耕作のもく低に供するために取得する場合は、あらかじめ農業委員会に届け出れば、農地法第3条第1項の許可を受ける必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 3条の権利移動(農地を農地として売る場合など)の場合は、市街化区域内にあっても、許可が必要で、あらかじめ農業委員会に届出をしてダメ

    解説

  • 7

    競売により農地の所有権を取得する場合、農地法の許可を受ける必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    遺産分割によりの農地の所有権を取得する場合、農地法第3条第1項の許可を要しない。また、農業委員会に届け出る必要もない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 遺産分割は、許可不要。遅滞なく農業委員会に届け出ればよい。家の中の問題だから、家の中で処理しなさいということになっている

    解説

  • 9

    市街化区域(都市計画法第7条第1項の市街化区域と定められた区域で、農林水産大臣との協議が調ったものをいう)内の農地に住宅を建てようとする場合、事前に農業委員会へ届出を行えば、農地法の許可を受ける必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    耕作する目的で原野の所有権を取得し、その取得後、造成して農地にする場合には、農地法第3条第1項の許可を受ける子必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 農地ではなく、原野を売っている場合なので、3条の許可を受ける必要はない

    解説

  • 11

    農家がその所有する農地に分家住宅を建てる場合は、農地法第4条第1項の許可を受ける必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 農家がその所有する農地を転用するには,都道府県知事(その面積が4ヘクタール超の場合は農林水産大臣)の許可が必要です。〔市街化区域内の場合は農業委員会への届出〕都市計画法の,「市街化調整区域・非線引き区域・準都市計画区域内の農林漁業を営む者の住宅における開発許可不要の制度(都市計画法第29条2号)」と混同しないように注意しましょう。

    解説

  • 12

    個人が、ゴルフ練習場の建設の用に供するために市街化区域外の4ha以下の農地と併せて市街化区域外の採草放牧地を取得しようとする場合は、当該採草放牧地の面積の広さに関係なく、都道府県知事の許可を受ける必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    都道府県が道路の用に供するために農地を取得する場合には、農地法の許可を受ける必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56738

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ