zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 57

カード 6枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 許可の公告のあった建築協定は、その公告のあった日以後に協定の目的となっている土地の所有権を取得したものに対しても効力がある

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

建築協定に関する○×問題っ♪

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    許可の公告のあった建築協定は、その公告のあった日以後に協定の目的となっている土地の所有権を取得したものに対しても効力がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    建築協定は、建築物の敷地、位置及び構造に関して定めることができるが、用途に関しては定めることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 建築協定の目的とすることのできるものは、環境、利便の維持・増進のため定められたその区域内における建築物の「敷地」「位置」「構造」「形態」「意匠」「建築設備」又は「用途」に関しても定めることができ、これによって、その区域にふさわしくない用途の建築物を排除することもできます。

    解説

  • 3

    建築協定を締結するには、当該建築協定区域内の土地(借地権の目的となっている土地はないものする)の所有者の全員の合意が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    建築協定は、当該建築協定区域内の土地の所有者が1人の場合でも、定めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    建築協定は、当該建築協定区域内の土地の所有者が1人の場合でも、定めることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    建築協定を締結するには、当該建築協定区域内の土地(借地権の目的となっている土地はないものとする)の所有者の、全員の合意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ