zuknow learn together

新しい教材を作成

倫理

カード 50枚 作成者: r e i (作成日: 2015/12/08)

  • 天人合一思想

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    天人合一思想

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原せいか

    解説

  • 2

    上下定分の理 存心持敬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 林羅山

    解説

  • 3

    垂加神道

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山崎闇斎

    解説

  • 4

    孝=愛敬 道徳は時 処 位 知行合一 良知 『日本陽明学の祖』 『近江聖人』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中江藤樹

    解説

  • 5

    治山治水事業 中江藤樹の教えをうける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熊沢蕃山

    解説

  • 6

    山鹿素行 『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『聖教要録』

    解説

  • 7

    伊藤仁斎 『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『語孟字義』

    解説

  • 8

    古義学派(堀川学派)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊藤仁斎

    解説

  • 9

    古文辞学 先王の道 礼楽京政 経世済民

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荻生徂徠

    解説

  • 10

    契沖の万葉集の注釈『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『万葉大匠記』

    解説

  • 11

    ますらをぶり 高く直き心

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賀茂真淵

    解説

  • 12

    平田篤胤は〇〇〇〇の完成者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 復古神道

    解説

  • 13

    ますらをぶりの反対

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たをやめぶり

    解説

  • 14

    鈴木正三 (曹洞宗の禅僧) 『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『万民徳用』

    解説

  • 15

    江戸前期の地理学者 「簡略質素を守り、分際に安ず」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西川如見

    解説

  • 16

    近松門左衛門『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『曽根崎心中』

    解説

  • 17

    石門心学 「商人の買利は士の禄に同じ」 知足安分の生活態度 弟子:手島堵庵(心学校舎)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石田梅岩

    解説

  • 18

    安藤昌益『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『自然真営堂』

    解説

  • 19

    対立しているように見えて相互作用により相手に依存する状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 互性活真

    解説

  • 20

    「農は万業の大元」⇒報恩の思想 分度・推譲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二宮尊徳

    解説

  • 21

    新井白石『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『西洋紀聞』

    解説

  • 22

    日本のダヴィンチ エレキテル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平賀源内

    解説

  • 23

    蘭学塾の適塾を開く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緒方洪庵

    解説

  • 24

    シーボルトの塾

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鳴滝塾

    解説

  • 25

    渡辺崋山、高野長英は〇〇会=蛮社をつくる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尚歯会

    解説

  • 26

    渡辺崋山『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『慎機論』

    解説

  • 27

    「東洋道徳、西洋芸術」 和魂洋才

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐久間象山

    解説

  • 28

    会沢正志斎 〜論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大義名分論

    解説

  • 29

    日本は儒教の思想に基づいて西洋の知識芸術を取り入れ、理想国家となるべき 公武合体論をとなえる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横井小楠

    解説

  • 30

    吉田松陰 天皇に誠を持って尽くすべき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一君万民論

    解説

  • 31

    〇〇崛起

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 草莽崛起

    解説

  • 32

    身分さを道理に叶うものとする理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上下定分の理

    解説

  • 33

    常に心の中につつしみを保ち続けるよう心がける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 存心持敬

    解説

  • 34

    中江藤樹 〇〇合一

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知行

    解説

  • 35

    孔子孟子の教えに立ち返る学問

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古義学

    解説

  • 36

    『論語』は宇宙第一の書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊藤仁斎

    解説

  • 37

    中国時代の文で古の成人の教えを明らかにしようとすること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古文辞学

    解説

  • 38

    礼楽刑政とは 唱えたのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 礼儀、音楽、刑罰、政治制度 荻生徂徠

    解説

  • 39

    六経とは五経+『』

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楽経

    解説

  • 40

    世を治め身を救うこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経世剤民

    解説

  • 41

    日本書紀の神代を研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荷田春満

    解説

  • 42

    万葉集研究の第一人者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賀茂真淵

    解説

  • 43

    復古神道を説いたのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平田篤胤

    解説

  • 44

    人の心が外界に触れて起こる感情

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もののあはれ

    解説

  • 45

    『戊戌夢物語』 蛮社の獄で永牢処分 硝酸で人相を変えた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高野長英

    解説

  • 46

    和魂洋才といえば

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐久間象山

    解説

  • 47

    「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留めおかまし大和魂」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉田松陰

    解説

  • 48

    手島堵庵を弟子に持つのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石田梅岩

    解説

  • 49

    後代に生まれた説話はその発展の歴史過程で、先発の説話より古い時代にそのルーツを求めて取り入れ加えられていき、複雑さを増していくものだという学説 富永中基

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加上説

    解説

  • 50

    地動説に基づく宇宙観、神代史の否定、無神論、無鬼論、仏教の迷信の批判 合理主義を展開

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山片蟠桃

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ