zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 55

カード 5枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 高さ25mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

単体規定に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    高さ25mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    住宅の居室、学校の教室又は病院の病室は、防火上支障のない場合を除き、地階に設けることができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × これらを地階に設ける場合には、壁や床の防湿等について一定の衛生基準を守らなければダメ。また、アスベストやホルムアルデヒド等によって衛星上の支障が生じないようにしなければだめ。防火上支障がないからではない

    解説

  • 3

    高さ25mの建築物には、安全上支障がない場合を除き、非常用の昇降機を設けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × エレベーターが必要なのは、高さ31mを超える建物

    解説

  • 4

    建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又は「ためます」その他これらに類する施設をしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    延べ面積が2,000平方メートルの準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ500平方メートル以内としなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 延べ面積が1000平方メートルを超える建築物は、防火上有効な構造の防火壁によつて有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1000平方メートル以内としなければならない。しかし、準耐火建築物は、例外なため、×。また、「各区画の床面積の合計をそれぞれ500平方メートル以内」というのも、原則としては1000平方メートルなので×(本問の場合は、適用外です。)

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ