zuknow learn together

新しい教材を作成

財務会計

カード 10枚 作成者: yukioraora (作成日: 2015/12/07)

  • 実現の2要件は?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    実現の2要件は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    税効果会計における永久差異を4つ答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交際費の損金算入限度超過額 寄付金の損金算入限度超過額 損金不算入の罰科金 受取配当金の益金不算入額

    解説

  • 3

    負ののれんの定義 及び 生じた事業年度の利益にする会計処理の理由を述べよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定義 取得原価が受け入れた資産及び負債に配分された純資産の額を下回る場合の不足額 理由 発生原因を認識不能な項目やバーゲンパーチェスであると考えられているため

    解説

  • 4

    金融資産の譲渡に係る支配の移転の要件を述べよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    財務構成要素アプローチ 及び リスク・経済価値アプローチ それぞれを説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    ヘッジ会計の適用要件は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    のれんに対しては税効果を認識しないのはなぜか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • のれんに対して子会社が税効果を認識すれば、のれんが変動し、それに対してまた税効果を認識するという循環が生じてしまうから。

    解説

  • 8

    税効果会計における 繰延法と資産負債法について説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繰延法 差異発生時の損益計算を重視するもので、税率は発生年度のものを用いて再計算は行わない。 資産負債法 繰延税金資産の資産性及び繰延税金負債の負債性を重視するもので、税率は差異解消時のものを用いて、再計算も行われる。

    解説

  • 9

    静態論及び動態論のもとにおける資産概念の問題点を述べよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静態論のもとでは、換金不可能な繰延資産が 動態論のもとでは、収支の未解決項目ではない、現金等のB/S計上がそれぞれ否定されてしまう。

    解説

  • 10

    繰延資産の定義を述べよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すでに支払が完了又は支払義務が確定し これに対応する役務提供を受けたにもかかわらず その効果が将来にわたって発現するものと期待される費用

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ