zuknow learn together

新しい教材を作成

エッセンシャル生物学Ⅱ7

カード 12枚 作成者: DoUknowkiller7 (作成日: 2015/12/07)

  • 光のエネルギーを用いて、CO2から有機分子を作り出す反応のこと。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    光のエネルギーを用いて、CO2から有機分子を作り出す反応のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成

    解説

  • 2

    植物に特有の細胞小器官の一つで、光合成する場所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体

    解説

  • 3

    光のエネルギーを集めて高いエネルギーを持つ電子に変換する装置のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光化学系

    解説

  • 4

    光エネルギーからATPとNADPHを作り出すことです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明反応

    解説

  • 5

    ATPとNADPHを用いて、CO2を様々な糖に変換すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暗反応

    解説

  • 6

    光化学系の中にある、タンパク質の複合体で、光に集めることを「アンテナ」に例えて呼ばれてる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンテナ複合体

    解説

  • 7

    エネルギー状態が、普段の「落ち着いた状態」から、「非常に活発な状態」になっていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 励起

    解説

  • 8

    光化学系の中で、特別な反応が起こる場所です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応中心

    解説

  • 9

    反応中心で起こる、高いエネルギーを持つ電子を生成する過程で起こる仕組みのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電荷の分離

    解説

  • 10

    暗反応のうち、9分子のATPと6分子のNADPHを用いて、3分子のCO2から1分子のグリセルアルデヒド3-リン酸を作る回路のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルビン回路

    解説

  • 11

    植物における貯蔵物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デンプン

    解説

  • 12

    ミトコンドリアや葉緑体は、10億年以上前に、古代の真核細胞に飲み込まれた細菌から進化したものであるという仮説。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞内共生説

    解説

56804

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ