zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 53

カード 6枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 建築基準法第56条の2第1項の規定による日影規制の態様区域は地方公共団体が条例で指定することとされているが、所業地域、工業地域及び工業専用地域においては、日影規制の対象区域として指定することができない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日影制限に関する○×問題♪

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    建築基準法第56条の2第1項の規定による日影規制の態様区域は地方公共団体が条例で指定することとされているが、所業地域、工業地域及び工業専用地域においては、日影規制の対象区域として指定することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    建築物の敷地が道路、水面、線路敷その他これらに類するものに接する場合であっても、日影規制の緩和に関する措置はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 建築物の敷地が道路、線路敷、川又は海その他これらに類するものに接する場合、建築物の敷地とこれに接する隣地との高低差が著しい場合その他これらに類する特別の事情がある場合における日影規制の適用の緩和に関する措置は、政令で定める。(施行令・135条の12)もともと、日影規制は、中高層建築物によって、その建築物の周囲の土地に日影を一定時間以上生じさせないようにするための規定です。つまり、その建築物のある敷地の近隣が海や川の場合は、日影時間を厳格に制限しなくてもいいだろうということです。問題文では、「日影規制の緩和に関する措置はない」となっているので不適切です。

    解説

  • 3

    商業地域内にある建築物については、法第56条の2台1項の規定による日影規制は、適用されない。ただし、冬至日において日影規制の対象区域内の土地に日影を生じさせる、高さ10mを超える建築物については、この限りではない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    日影規制(建築基準法第56条の2の制限をいう。)の対象区域外にある建築物であっても、高さが10mを超えるもので、冬至日において対象区域内の土地に日影を生じさせるものは、当該対象区域内にある建築物とみなされ、日影制限の規定を適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    同一の敷地内に2以上の建築物がある場合においては、これらの建築物を一の建築物とみなして、日影規制が適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    同一の敷地内に2以上の建築物がある場合においては、これらの建築物を一の建築物とみなして、日影による中高層の建築物の高さの制限が適用される

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ