zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 49

カード 5枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 防火地域内において、階数が2延べ面積が200㎡の住宅は、必ず耐火建築物としなければならない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

防火地域・準防火地域に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    防火地域内において、階数が2延べ面積が200㎡の住宅は、必ず耐火建築物としなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合においては、その面積の大きい地域内の建築物に関する規定を適用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 2つ以上の地域にまたがる場合=厳しいほうの規定になる建築物(敷地ではない事に注意!)が防火 or 準防火地域の内外にわたる場合は、安全性の見地から、その建築物の全部について、制限の厳しい方の地域の建築物に関する規定が適用されます。(67条1項・2項)

    解説

  • 3

    準防火地域内において、地階を除く階数が3(高さ12m)、延べ面積が1200㎡で事務所の用途に供する建築物を建築しようとする場合、この建築物は、耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    防火地域又は準防火地域は、市街化区域内に<市街地における火災の危険を防除するため定める地域>であり市町村が所定の手続を経て都市計画として指定するもので、都市計画ではその位置、区域および面積を定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 地域地区(都市計画法・8条)は都道府県が定めるものと市町村が定めるものとわかれており(都市計画法・15条1項)、防火地域・準防火地域は市町村が都市計画区域内に定めるものです。市町村は、位置、区域および面積(都市計画法・8条2項1号、施行令4条)を定めます

    解説

  • 5

    建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合、建築物が防火地域外で防火壁により区画されているときは、その防火壁外の部分については、準防火地域の規制に適合させればよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ