zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 48

カード 7枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 建築物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路に接しなければならないが、この幅員については、地方の特殊性等により加重されることはない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

道路規制に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    建築物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路に接しなければならないが、この幅員については、地方の特殊性等により加重されることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    横断歩道橋など公共用歩廊であっても、特定行政庁の許可なしに、道路内または道路に突き出して建築・築造することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    建築物は、地下に設けるものであっても、道路に突き出して建築してはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 建築物又は敷地を造成するための擁壁は、道路内に、又は道路に突き出して建築することはできません。しかし、地盤面下に設ける建築物については、例外として、道路内に建築することができます。

    解説

  • 4

    建築物の敷地は、原則として道路に2m以上接していなければならないが、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないあと認めて建築審議会の同意を得て許可したものについては、この限りではない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    幅員4m未満の道路は、建築物の敷地と道路との関係において、道路とみなされることはない。ただし、特定行政庁が都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域については考慮しないものとする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 幅4m未満の道でも都市計画区域・準都市計画区域が指定されたときにすでに建物が立ち並んでいて、かつ、特定行政庁の指定を受けると、道路とみなされる

    解説

  • 6

    公衆便所、巡査派出所その他これらに類する公益上必要な建築物で通行上支障がないものについても、常に道路に突き出して建築してはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 公益上必要な建築物、特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可したもの建築物又は敷地を造成するための擁壁は、道路内に、又は道路に突き出して建築することはできません。しかし、公衆便所、巡査派出所その他これらに類する公益上必要な建築物で、特定行政庁が通行上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、道路に突き出して建築できます。

    解説

  • 7

    地方公共団体は、一定の建築物の用途又は規模の特殊性により必要があると認めるときは、条例で、建築物の敷地と道路との関係についての制限を緩和することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 地方公共団体は一定の建築物(特殊建築物等)について、条例で接道義務を「付加」できる。しかし、「緩和」はできない

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ