zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 47

カード 20枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 市街化調整区域内で行われる開発区域の面積が1ha以上の私立大学の野球場の建設のための開発行為は、開発許可が不要である

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

開発許可に関する○×もんだい!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    市街化調整区域内で行われる開発区域の面積が1ha以上の私立大学の野球場の建設のための開発行為は、開発許可が不要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 1ha以上の野球場は、第二種特定工作物に当たる。そして、私立大学が1ha以上の野球場の建設をするために造成行為を行うことは、開発許可が必要な開発行為に当たる。そして、市街化調整区域では、規模の大小に係わらず開発許可が必要

    解説

  • 2

    都市計画区域及び準都市計画区域外の区域にで行う開発行為で、開発区域の面積が1000㎡以上のものについては、あらかじめ、都道府県知事の許可を受けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 両区外での開発行為は、1ha以上であれば開発許可が必要になる

    解説

  • 3

    市街化調整区域(課初許可をうk他開発区域を除く)内においては、一定の建築物の新築については、それが土地の区画形質の変更を伴わない場合であっても、都道府県地位の許可を受けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    用途地域等の定めがない土地のうち開発許可を受けた開発区域内においては、開発行為に関する工事完了の公告があった後は、都道府県地位の許可を受ければ、当該開発許可に係る予定建築物以外の建築物を新築することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    区域区分が定められていない都市計画区域内の農地において、野球用を建設するため2haの規模の開発行為を行う場合は、原則として開発許可を受けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    土地区画整理事業の施行として行う開発行為については、開発許可を受ける必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    開発許可を受けたものの相続人その他の一般承継人は、被承継人が有していた開発許可に基づく地位を承継する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    開発許可を受けたものは、当該開発行為に関する工事完了の公告前に予定建築物等の用途を変更しようとする場合においては、一定の開発行為に該当するときを除き、都道府県知事の変更の許可を受けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    開発許可を受けたものは、開発行為に関する工事を廃止した場合は、遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出なければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    市街化区域内において行う開発行為で、その規模が、1,000平方メートル以下であるものは都道府県知事の開発許可を必要としない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「市街化区域内」において行う開発行為で、その規模が、1,000平方メートル“以下”ではなく、「未満」(三大都市圏の一定の区域では原則500平方メートル未満)であるものは都道府県知事の開発許可を必要としません。ヒックリ返すと、「市街化区域内」において行う開発行為で、その規模が、1,000平方メートル「以上」であるものは都道府県知事の開発許可が必要となります。

    解説

  • 11

    開発行為の許可または不許可の処分に関して不服のある者は、都道府県知事に対して異議申し立てをすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 許可や不許可の処分をsた知事に不服を言っても、考え直すはずはない。だから、知事の目付け役である開発審議会に審査請求をすることになっている。

    解説

  • 12

    開発許可の申請書には、当該開発行為により設置される公共施設を管理することとなる者の同意を得たことを証する書面を、添付しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 開発許可の申請書には、①開発行為に関係ある今ある公共施設の管理者(市町村等)の「同意書」と②開発行為によってこれから設置する予定の公共施設の管理者(原則として市町村)との「協議書」を添付しなければならない

    解説

  • 13

    開発許可を受けた開発行為に関する工事により設置された公共施設は、他の法律に基づく管理者が別にあるときを除き、すべてその公共施設の存する市町村の管理に属するものとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 開発行為によって設置された公共施設は、原則として市町村の管理に属する。例外は、「他の法律に基づく管理者が別にあるとき」だけでなくほかにもある

    解説

  • 14

    都道府県知事は、開発登録簿を常に公衆の閲覧に供するように保管し、請求があったときは、その写しを交付しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    都道府県知事は、市街化調整区域における開発行為について開発許可をする場合において、必要があると認めるときは、当該開発区域内の土地について、建築物の高さに関する制限を定めることはできるが、壁面の位置に関する制限を定めることはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 知事が、市街化調整区域での開発行為を許可するときは、建築物の高さだけでなく、壁面位置についても制限を定めることができる

    解説

  • 16

    開発行為とは、主として建築物の建築の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいい、建築物以外の工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更は開発行為には該当しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 開発行為とは、①建築物の建設または②特定工作物の建設のために行う土地の区画形質の変更のこと

    解説

  • 17

    市街化調整区域内における図書館の建築の用に供する目的で行う3000㎡の土地の区画形質の変更は、都市計画法による開発許可を受ける必要はない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    開発許可を申請しようとするものは、当該開発行為をしようとする土地の相当部分について、所有権を取得していなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 開発許可の申請には、地権者の相当数の同意さえ取り付ければ、自分が所有していない土地の部分についてまで申請ができる

    解説

  • 19

    都道府県知事は、用途地域が定められていない土地の区域について開発許可をするときは、区域・目的・予定建築物の用途を限り、開発区域内の予定建築物の敷地面積の最低限度に関する制限を定めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 用途地域が定められていない土地の区域について開発許可をする場合、(用途地域が定められていない土地の区域=市街化調整区域・非線引き白地地域・準都市計画区域で用途地域の定められていない区域・両区域外)都道府県知事が特に必要があると認めるときには、建ぺい率、建築物の高さ、壁面の位置その他建築物の敷地、構造および設備に関して制限を定めることができることになっています。(都市計画法41条1項)

    解説

  • 20

    市街化調整区域内で行う開発行為でゴルフコース等の第二種特定工作物の建設の用に供する目的でお粉いうものについては、都道府県知事の許可を受けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ