zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 46

カード 18枚 作成者: kazu (作成日: 2013/11/08)

  • 都市計画区域は、一体の年として総合的に整備し、及び保全する必要がある区域等を指定するもので、一の市町村及び都府県の区域を越えて指定されることがある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

都市計画全般に関する○×問題!!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    都市計画区域は、一体の年として総合的に整備し、及び保全する必要がある区域等を指定するもので、一の市町村及び都府県の区域を越えて指定されることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等から見て、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、及び保全するための計画である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    「都市計画区域について定められる都市計画(区域外都市施設に関するものを含む。)は、都市再開発の方針、住宅市街地の開発整備の方針、拠点業務市街地の開発整備の方針、防災街区整備方針のうち、必要なものを定めるものとし、都市計画は、この都市再開発方針等に即したものでなければならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    特別用途地区とは、特別の目的からする土地利用の増進、環境の保護等を図るため定める地区であり、用途地域が定められていない区域において定められるものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 特別用途地区を定めることができるのは、用途地域内だけに限られる

    解説

  • 5

    市町村が定める都市計画は、都道府県が定めた都市計画に適合することを要し、市町村が定めた都市計画が都道府県が定めた都市計画に抵触するときは、その限りにおいて、都道府県が定めた都市計画が優先する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    「都市計画区域について定められる都市計画(都市計画区域外に定められる都市施設に関するものを含む)は、当該都市計画区域の整備、開発、及び保全の方針に即したものでなければならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    第一種住居地域は、低層住宅に係る良子な住居の環境を保護するため定める地域であり、第二種住居地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「低層住宅に係る良子な住居の環境を保護するために定める地域」は、第一種貞操住居専用地域のことだ。また、「中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するために定める地域」は、第一種中高層住居専用地域のこと

    解説

  • 8

    「都市計画とは、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための土地利用、都市施設の整備、及び市街地開発事業に関する計画のことである。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    都道府県知事は、市街化区域内における開発行為について開発許可をする場合、当該開発区域内の土地について、建築物の建蔽率に関する制限を定めることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 知事は、用途地域外での開発行為を許可するときは、建蔽率等を制限できる。そして市街化区域には必ず用途地域を定めることになっている(つまり市街化区域=用途地域)ので、知事は市街化区域での開発行為を許可するときに建蔽率等を制限できない

    解説

  • 10

    風致地区内における建築物の建築について、政令で定める基準に従い、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するため必要な規制をすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    公衆の総覧に供された都市計画の案について、関係市町村の住民及び利害関係人は、都市計画の公告の日から2週間の総覧旗艦の満了の日までに、意見書を提出することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    市街化区域において、少なくとも用途地域並びに道路、公園及び下水道を定めるほあ、住居系の用途地域については、社会福祉施設をも定めなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 住居系用と地域に社会福祉施設を定めなければならないということはない。ちなみに住居系用途地域に必ず定めんければならないのは義務教育施設だ

    解説

  • 13

    地区計画については、建築物の建蔽率の最高限度を都市計画に定めることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    都市計画区域について、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街地を図るため、市街化区域と市街化調整区域との区分を必ず定めなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 都市計画区域で必ず線引き(都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域にわけること)が行われるわけではない。この都市計画区域に指定されたなのに線引きしない区域のことを非線引き区域という(正式名称は区域区分が定められていない都市計画区域)

    解説

  • 15

    都市計画は、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための土地利用、都市施設の整備及び市街地開発事業に関する計画であり、都道府県がこれを決定するときは、関係市町村の意見を聴き、かつ、都道府県都市計画審議会の議を経なければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    高度利用地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築部うの高さの最高限度又は最低限度を定める地区である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 高度利用地区は土地を高度に利用するための地区であり、そのための建蔽率の最高限度や、容積率の最高限度・最低限度や、建築面積の最低限度や、壁面の位置の制限を定める地区のことだ

    解説

  • 17

    「都市計画は、商工業との健全な調和を図りつつ、健康で文化的な都市生活及び機能的な都市活動を確保すべきことを基本理念として定めるものとする。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 商工業との調和ではなく、「農林漁業」との調和です。

    解説

  • 18

    第一種中高層住居専用地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域で、その都市計画には、種類、位置等のほか、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合(容積率及び建築物の建築面積の敷地面積に対する割合(建蔽率)を定めることとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ